e0146240_17421528.jpg
いま流行の温熱トレーニング。
身体に一定の熱が加わると、防御するために生成されるタンパク質があります。
それをヒートショックプロテイン〔HSP〕と言います。
免疫力や再生能力を高める役割を持つそうです。
また、乳酸代謝にも良いと聞きました。
そこで声に活かせないか?
自身の身体で実験しました。
42℃で体内部をしっかり温めるには、温泉・サウナ・岩盤浴などがあります。
知人宅に温泉があります。
実験のために利用させていただきました。
方法です。
温泉に入る数日前から始まります。
喉頭のあらかじめ決めた部位の筋硬度を計測します。
カラオケCDを使用してクラシック10曲(オペラのアリアとカンツォーネ)、歌謡曲10曲を休みなく連続で歌います。
そのときの喉頭疲労感を10段階評価し〔数値が大きいほど疲労も大きい〕、筋硬度も調べます。
次に、後日、喉の体力が回復した状態で温泉に入ります。
湯の温度は45℃。(これは蛇口温度で、湯船はもう少し低いそうです)
浴槽に首まで10分浸かり、3分休憩、再度5分の入浴。
計15分。
身体は汗をかくほどポカポカ温まり、気持ちもリラックスできました。
入浴から二日後に同様の曲を歌い、評価と計測をします。
以下が、そのときの結果
入浴しない場合
喉の疲労感 6
筋硬度 36Tone
入浴した場合
喉の疲労感 3
筋硬度 23Tone
ここまで好結果が出てくるとは思いもよりませんでした。
たった一回の個人的な感想を含む調査ゆえ正確性が乏しく、また、ヒートショックプロテインのメカニズムや真実性は詳しくわかりませんが、利用する価値はありますよね。
自宅のお風呂で入浴剤を使ってみるのも一法かと。
皆さんも、一度、実際に試してから、コンサートや収録の本番で活かすと良いでしょう。




追記1:日頃のわたしの筋硬度は18Tone前後です。(甲状軟骨や舌骨は中空に浮く唯一の硬部組織ゆえ、自由な動きを伴い、喉頭周辺筋は他部位筋肉より筋硬度が低くなります)




追記2:何を隠そうわたしは烏の行水。なぜなら持病のめまいがあるから。湯船に5分も入っていると目の前が真っ暗になり手足が痺れる。いわゆる“のぼせ”って言うものです。それでも今回は結構長時間入浴できました。良い泉質の風呂はのぼせにくいのかしら。
by aida-voice | 2013-02-28 00:12

声の短問短答【続編】55


「美しい呼吸をしているひとは声も美しい?」

今日は本当に短答で。
まさに大正解だと思います。

e0146240_17321354.jpg






追記1:「美しい呼吸や声って何だ?」と疑問に思うかもしれませんが、ここは無比正確な論理でなく、芸術的な観念として捉えてください。見ていて「動きに無駄がなくスムーズだなぁ!」と感じる呼吸。聴いた瞬間「おぉ、素敵!」と感じる声。素直に、そう感じ入るだけ。答えにならずすみません。基本的に、ヒトは感情の生き物ですから・・・




追記2:声とは、呼気の力で声帯を弾いて音【原音】を作り出すこと。さらに、声帯を正中に寄せる一助となるベルヌーイの定理にも呼気は必須。呼気、すなわち排出する気体は、呼気と同じ量の吸気が要ります。そう、声のために、呼吸は超重要なのです。よって、呼吸如何で声が変化するのも頷けます。〔ただし、音色の大部分は声道に存在する共鳴腔が大切になります!〕
by aida-voice | 2013-02-27 00:31

声の短問短答【続編】54


「鼻をすすると喉が締まるのは本当?」

はい。
長期間、強くすすっていると、喉の筋肉が慢性的に硬くなることがわかっています。
とくに咽頭収縮筋と舌骨上筋群(オトガイ舌骨筋・顎二腹筋前腹・茎突舌骨筋など)。
鼻をすする瞬間の筋硬度を測ってみると、最大で20Toneも跳ね上がったケースを確認しました!
後鼻漏などで、鼻をすする行為を常態化させ、喉頭過緊張や LDP で困っている通院者を多く診ています。
左右別々に、時間をかけ、できる限り穏やかに行ってくださいね。
声のためにも・・・

e0146240_13204559.jpg

by aida-voice | 2013-02-25 13:35

声の短問短答【続編】53


「會田先生は、本は出さないのですか?」

これまで出版社からの執筆依頼は何度も受けました。
しかし、いまのところお断りしてます。
なぜなら、声の正解や真実を見出していないから。
喉ニュースはブログゆえ、多少間違った論理でも、許されるかもしれません。
けれども、本は重大な責務が伴います。
まだまだ未熟なわたしには、書籍にするなんて無謀な行為。
遅々粛々と精進しながら研鑽を突き詰めます。
いずれ、公にしても恥ずかしくない研究発表が成されたとき、そのとき初めて出版の是非を考えたいと思います。

e0146240_1622477.jpg




追記1:喉ニュースは教科書ではありません。わたしの研究や勝手な想いを綴ったブログです。喉と声が大好きなだけ。それら自己満足で、ちょっぴり研究結果とライトなエッセイを書く。発声の指南書と勘違いしている方もいらっしゃるようですが、それは誤解です。確かに、毎回、命がけで書いています。しかし、消えゆく声と同じように、喉ニュースは所詮たわごと。楽しみながら気軽に読むと、きっと面白いですよ。




追記2:ときどき知らない読者からお手紙が送られてきます。中身は、ほとんどが個人的な質問ばかり。サイドの連絡欄に「★記事は私見であり、内容に関しての保障や責任は持ちません。自己判断でお読みになったり試したりしてください。質問・意見・謬見の指摘をいただいても、一律一切対応しておりません。」とあるように、お返事は差し上げておりません。無理なのです。実際に、喉も検査していない、声も聞いていない、この状態では何もわかりません。文面だけから判断した憶測は、最終的に不幸な結果を招きます。何卒ご理解ご協力くださいませ。
by aida-voice | 2013-02-24 08:33

喉頭は浮いている…


メジャーリーガーのイチロー選手が、筋肉に柔軟性をつけるための1セット数千万円の機材を持ち込んだとのニュースを読みました。
すごいですねぇ。
発声もスポーツの要素をおおいに含んでいます。《楽器の要素もありますよね》
発声関与筋の柔軟性と運動性能を確保しましょう。
そう、喉頭は、人間の硬い組織の中で、唯一空中に浮いている。
他のスポーツより、さらに自由に動かなければ、美声にはならないのです。

e0146240_12453163.jpg

by aida-voice | 2013-02-22 12:46

時限掲載の答え・・・


以下は、過去の時限掲載の未掲載文章(解答等)です。
どこの記事の内容かは、ご自身でご判断くださいませ。
お役にたてば幸甚です。

①肩甲骨を上へスライドさせる
・肩の位置は動かさない
・滑らかに行う
・胸骨下端と臍の二等分点を前に突き出す

②口の開けかた(下顎骨のムービング)
・下顎をやや前に出しながら口をあける
・同時に真下へ下制する
・ぎこちなくならないようスムーズに
・閉口時も同様、前に出しながら閉じる

簡単には習得できません。
他者には気づかれないほど自然に、かつ、無意識で出来るように、何度も何度も何度も練習してください。
きっと魅惑的な美声があなたのものになるでしょう・・・

e0146240_1036589.jpg

by aida-voice | 2013-02-21 00:05

声の短問短答【続編】52


「高音を出すとき肛門をしめる“2-Kou”が大切だと教えられましたが、正しいのでしょうか?」

正解かどうかは個人差の範囲ではないでしょうか。
しかし的を外してはいません。
まず、肛門括約筋と発声関与筋はつながっていません。
呼吸筋もしかり。
では、何が起こるの?
多分…、お尻にギュッと力を入れることで、他部位、つまり、喉頭の脱力を狙っているものと解釈します。
これで輪状甲状関節の動きやすい環境を構築するのでは!?
また、肛門をしめることで良姿勢を保つ傾向にもなります。
声のための良い呼吸には腰椎の生理的前弯は不可欠ですからね。
意識しすぎる必要はありませんが、ときには有用かもしれません。
個々に工夫してみると面白いでしょう。

e0146240_1527116.jpg

by aida-voice | 2013-02-19 00:11


平成25年3月2日号の週刊現代〔講談社〕を読みましたか?
今回の新シリーズ日本一を決めようで「日本で一番歌がうまいのはこの人だ」の特集がありました。
わたしもおおいなる興味を抱き読みました。
音楽界の一流識者が集まり討議の上、ナンバーワンが決まったようです。
選者は、赤坂泰彦氏、浅倉大介氏、泉麻人氏、上柳昌彦氏、織田哲郎氏、亀渕昭信氏、来生えつこ氏、木根尚登氏、佐久間正英氏、つのだ☆ひろ氏、平尾昌晃氏、広瀬香美氏、堀井憲一郎氏、増田一穂氏、森達也氏、山川静夫氏の16名。
その結果、日本で一番歌がうまいのは・・・
以下が総合ベスト10に入った歌手です。(アイウエオ順)
石川さゆりさん、尾崎紀世彦さん、久保田利伸さん、桑田佳祐さん、沢田研二さん、ちあきなおみさん、中島みゆきさん、布施明さん、美空ひばりさん、都はるみさん、山口百恵さんです。(同位二名あり)
誰が1位になってもおかしくない錚々たるメンバーですね。
中でも、織田哲郎氏×増田一穂氏×森達也氏の特別座談会におけるそれぞれのコメントに感銘を受けました。
声質の重要性を再認識させられます。
以前も書きましたが、最近のレコーディング技術は驚くほど進歩し、音痴の歌でも機械技術によって上手い歌に変えてしまうことができる。
リズムやピッチや強弱など、何でも。
しかし、声質まで変えてしまうと、個性がぶっ飛んでしまう。
それは、もうそのひとの歌でなくなってしまうから。
やはり声そのものが大切なのです。
さて、ここで、上記リストに上がった大歌手の喉頭の特徴を簡単に一部列記しましょう。
桑田佳祐さんは「嗄声のテクニシャン」と称賛できます。
かすれをアートまで高めています。
色っぽさを感じるほどスゴイ!
その解は〇〇〇にあります。
〇〇〇の答えは防音室内でお尋ねください。
ヒントはヘッドフォンの構造にありますよ。
ちあきなおみさんは「下顎使いの天才」です。
顎関節の動きに注目。
最近、ディアナ・ダムラウを研究しましたが、両者に類似性を見出しています。
やはり極上の一言に尽きます。
美空ひばりさんの喉は非常に大きくかつ柔軟性&運動性に富んでいます。
とくに咽頭共鳴腔が存在する舌骨付近は格別!
これまで、美空ひばりさんの映像をたくさん解析しましたので間違いありません。
その秀逸な喉頭に歌唱テクニックが伴っているわけですから、選ばれるのもうなずけます。
皆さんも、是非、3月2日号の週刊現代を購入してお読みになってください。
最終的に1位に選ばれたのは誰でしょう?
素晴らしい企画です。
音楽業界トップの方々の話は勉強になりますよ。





追記1:結果として重鎮が強く、最近の歌手が入っていないのは残念ですね。さあ、若者よ、がんばってください!



追記2:購読しましたか? 誰がトップになってもおかしくないメンバーでしたが、1位は美空ひばりさん、2位に桑田佳祐さん、3位がちあきなおみさんでしたね。あなたの予想は当たりましたか? 
by aida-voice | 2013-02-17 15:22

2月の施療は特別!


e0146240_13465423.jpg


2月16日、17日、18日、22、23、24日のアプローチは、通常の施術に加え、輪状甲状筋シール貼付を行います。
ⅰ力強い高音
ⅱ柔らかい高音
ⅲ地声でどこまでも伸びる高音
ⅳ裏声が綺麗な高音
この四つの中から一つ選んでください。
その高音発声が叶いやすい場所を探し出して貼ります。
2013年2月再来施療だけの特典です。(2月26日の二回目再来限定枠は除きます)



間もなく第3回「1/f の声」スペシャルアプローチが始まります。
そよ風・さざ波・小川のせせらぎ・ろうそくの炎・星の煌めき・蛍の光など、ひとが心地よいと感じるランダムな波動です。
そう、声にも存在します。
科学的には立証されていませんが、うっとりするような歌声や魅力ある声には「1/f の声」の成分が含まれていると言われています。
是非、体得しましょう。
今回は2月19日~21日です。
日時の間違いや遅刻は厳禁ですからね。
「1/f の声」スペシャルアプローチは、エリートボイスユーザーや受術の資格がある方のみの完全な招待制度。
會田から招待状を受け取ったひとのみ。 【瞬時に満員となりました…】
今回は、咽頭共鳴腔の構築トレーニングの伝授と共に、声の静養を敢行します。
当初は、真呼吸三法の予定でしたが、最旬研究内容のこちらに変更しました。(真呼吸三法はいずれ…)
一回目は相反神経支配を利用します。
共鳴腔を感じ、自在にコントロールしましょう。
二回目を受けるひとには、超強力な顎関節弛緩による咽頭共鳴腔・口腔共鳴腔の形成術をお教えします。
そして、声の静養にはテーピングや最新赤色LED発光器を用いたアプローチです。
なお、術後は1時間ほど無声を保ってください。
今回伝授するやり方をマスターし、訓練を続ければ、抜群の声質を獲得できるはず。
予約者の方は、お楽しみに!!!



2月25日(月)は、午前午後と嚥下ストレッチ(無料)ですね。
嚥下ストレッチは奉仕活動(ボランティア)の一環です。
ほんの一瞬でも食べる喜びを感じていただければと、2009年8月から不定期で行っています。
また、3月11日(月)はお待ちかねの講習会
◆ディアナ・ダムラウの歌い方を学ぼう!◆
現在、最高峰のソプラノ歌手ダムラウの研究報告と歌唱法を学びます。
かなり研究しましたので、即時に役立つ内容になっています。
予約の獲得は狭き門で、予約できたひとは超ラッキーですよ。【瞬時に満員となりました…】
なお、講演内容の他言はお控えください。



e0146240_1442510.jpg




追記:2月16日、17日、18日、22、23、24日の特殊シール貼付ですが、高音発声に興味がないひともいらっしゃると存じます。その場合、Ⅴスタミナ増強やⅵ音色向上の貼り方もありますので、お気軽にお申し付けください。
by aida-voice | 2013-02-14 00:07

声の短問短答【続編】51


「本当に歌わずして歌がうまくなるの!?」

あり得る話です。
これはミラー効果に付随する内容。
他人の歌声をじっくり聞いていると、ときに発声関与筋が勝手に動いていることがわかります。
もちろん、歌ってはいないので、声帯の振動はありません。
声帯をコントロールする筋肉や音色を構成する軟部組織が動くのです。
だから、素晴らしい歌声や自分の好きな歌手の声をたっぷり聴いて欲しい。
何十回も何百回も何千回も。
つまり、歌わずして歌がうまくなるのです。
ただしポイントがあります。
以下を参考に!
●自分がその声で歌っているような気分で真剣に聴き込むこと
●良いオーディオ機器と音源(ハイレゾやSACDなど)を使用すること
●同じ曲を繰り返し繰り返し聴くこと

e0146240_16442447.jpg




追記1:しかしながら、極上の芸術に属す歌唱力を得るには、優秀なボイストレーナーの下で歌う練習が必須かもしれません。



追記2:逆だとわかりやすいのではないでしょうか。音痴の歌に長期間接していれば、音程やリズムが狂わされる可能性は否定できませんよね。
by aida-voice | 2013-02-13 00:02