2012年8月のスペシャルログラムは“声の短問短答”です。
「声の仕組みってどうなっているの?」「人によって声の音色が異なるのはなぜ?」「風邪をひくとガラガラ声になる理由は?」「横披裂筋と斜披裂筋は補完しあうのでしょうか?」」など、小学生から研究者レベルまでの内容を幅広く網羅し、一言の問いに対し、短く簡潔に答えるシリーズです。
間もなく始まります。
掲載頻度も多く《100問答》、追加や削除もバンバン行います。 【タイムプロジェクト】
ご期待ください。
そして、お見逃しなく
e0146240_4473954.jpg

by aida-voice | 2012-07-31 20:39

加圧呼吸トレーニング








何より大切な事実は、呼吸は声の原動力であることです。【とくに呼気】
肋椎関節を背中から加圧しながら深呼吸すると、呼気アップおよび呼気コントロールの理想的なトレーニングができます!
押す場所が正確でなければ効果は半減しますので、肋椎関節をしっかり捉えてください。
加圧とブレスがマッチすれば、最良の呼吸トレーニングになります。
高音を目指すなら上位胸椎~下位頚椎、ミックスボイスを獲得したいなら第3胸椎~第12胸椎、低音を豊かにしたいなら下位胸椎~腰椎をターゲットとすると良いでしょう。
リピートします。
呼吸は声の原動力なのです・・・

協力:斎藤賢一
製作:ボイスケアサロン會田茂樹






追記1:横隔膜はもちろん内・外肋間筋の筋トレにもなりますよ。





追記2:今回ご協力いただいた斎藤賢一さんは呼吸の達人です。卓越した呼吸は声や歌に良い影響を与えます。そして呼吸は芸術です。皆さんも本物の呼吸を磨いてくださいね。
by aida-voice | 2012-07-31 03:40

緊張をときほぐせ!


大勢の前でしゃべったり大事な内容を伝えなければならなかったりするとき、ひとは誰でもドキドキ緊張します。
そんなときの声は、硬くうわずってしまい、相手にも「おぉ、あいつ緊張しているな」と見破られてしまいます。
平常心と緊張したときの声の様子を比べてみました。
その結果、緊張すると・・・
1:硬質的な声になる
2:高音化する
3:響きや艶感が減る
4:ボリュームが小さくなる
5:滑舌が悪くなる
これでは、相手を説き伏せたり訴えかけたりする力が半減してしまいます。
予防法はないのか?
まずは、慣れることでしょうか。
緊張タイプのひとでも、場数を踏めば、ある程度は慣れて、通常の発声が可能になります。
次に、キチンと準備して臨むこと。
用意が万全であれば、安心してその場に挑めますからね。
ここまでは一般論。
次が、当サロン會田茂樹ならではのお話。
緊張状態にある方々をつぶさに観察していると、ある共通の行為が気になるのです。
それは、息が浅くなること。
まるで呼吸していないのかと思われるほど。
繰り返しお伝えしていますが、呼吸は声の根源です。(呼気によって声は作られるのですから!)
緊張して喉や体がこわばり、呼吸も小さくなって声も出にくくなれば、ますます緊張して自分の伝えたいことが言えなくなってしまいます。
そのため、いつも緊張しやすい方や今日は緊張しそうだと感じている方は、前もって予防しておきましょう。
有効な方法は、呼吸5秒静止とブレスアップ体操です。
呼吸5秒静止は、読んで字のごとく、大きく吸い込んで〔最大吸気〕5秒息を止め、全部の息を吐き出して〔最大呼気〕5秒止める方法ですね。
口と鼻を使い、スムーズかつスピーディに呼吸してください。
数回繰り返せば、胸郭がストレッチされ、身体全体もほぐれます。
ブレスアップ体操は、防音室内でお尋ねください。


e0146240_170311.jpg

by aida-voice | 2012-07-30 02:58

声に感謝を! 〔拙詩〕






なにげなく発する声
気にせず使っている声
楽しく心が湧き上がって歌う声
辛苦のさなかに助けを求めて歌う声
発声って奇跡の集合体
たくさんの随意筋が無意識に動いて声になる
それも喉の小さく細かい筋肉たちばかり
ときどきほんのちょっと褒めてあげてください
声って、すごいです・・・







e0146240_1737075.jpg

by aida-voice | 2012-07-24 01:11

呼吸は芸術だ!


呼気から吸気の瞬間、その逆の吸気から呼気の瞬間、いかにスムーズに切り替えるか。
そこに真呼吸の真骨頂があります。
呼気は、ギターなら弦を弾く力(ストローク)、ピアノなら鍵盤を押し下げる力。
その力が弱かったりコントロールできなかったりしたら、曲は台無しです。
喉頭の柔軟性と運動性、そして強く美しい呼吸。
これらが伴ってこそ、最高の良声が生まれてきます。
そう、呼吸も芸術なのです。
さて、概念はこれくらいにして、少し科学的に。
声のための理想的な呼吸には・・・
①肋椎関節の可動域の拡大
②内・外肋間筋の柔軟性と筋力の獲得
③前胸郭の伸縮性(肋軟骨の使い方)
この3点の要素が揃ってこそ可能になります。
どれか一つでも欠けてしまうとビューティフルブレス、すなわち、ビューティフルボイスは難しくなります。
次に、トレーニング方法。
①は、12対(最上位と浮遊肋骨を除いた9対がメイン)の肋椎関節を、正確な手技で丁寧にモビリゼーションする。
②は、加圧呼吸トレーニングが最適。
③は、手を頭の後ろで固く組み、術者が背部(胸椎中部)に膝を当て、肘を開きながら後屈&吸気、肘を閉じながら多少の前屈&呼気、を数回繰り返す運動を行う。
この三つで、驚くほど真の呼吸を感じ取ることができるようになりますよね。
繰り返します。
呼吸は芸術です。
美しい呼吸を!


e0146240_18542083.jpg







追記1:加圧呼吸トレーニングに関しては、間もなく、詳細に報告いたします。乞うご期待。






追記2:真呼吸とは、深呼吸の意味ではありません。わたしが勝手に作った造語で、声のための正しい呼吸を指します。
by aida-voice | 2012-07-21 00:53


そうなんですよ。
顎二腹筋が硬くなると、口が開き難くなる可能性があるのです。
実際に顎二腹筋が硬いひと数名に集まっていただき、検証しました。
その結果、硬さに準じて開口不全の様態が明らかになりました。
両側のひとは両方の顎が、片側のひとは該当側の顎が、開き辛いのです。
もちろん、顎関節に器質的な疾患があるわけではないため、声が出ないとか食事ができないなどはありません。
構音や発声のコントロールがやりにくくなる。
なぜでしょう?
それは、顎二腹筋の特異な形状にあります。
側頭骨の乳様突起から始まり、舌骨上の中間介在腱を経由し、下顎骨の内側(二腹筋窩)で終わります。
この筋肉は、前腹と後腹の二つの腹を持っているのが特徴。
役割としては、嚥下時の舌骨を挙上およびホールドすること。
また、舌に付着する筋肉とも隣接し合っているため、口の開け閉めにも大きく関与〔補助〕します。
形状を、よく見てください。
L字なのです。
つまり、力が入り過ぎたり硬くなったりすると、ベクトルが奥上方に向き、深く押し上げられます。
これによって、顎関節のヒンジ運動、および、スライド運動が妨害され、開口が大変になるのです。
改善(調整)方法はあります。
まず、後腹から。
乳様突起から舌骨体に向かって両母指腹で優しく押しながら筋線維に沿ってストレッチします。
次に、前腹。
同様に両母指腹を用います。
舌骨体の中間腱から軽く揺らしながら(ふり幅は5ミリ程度)下顎骨の二腹筋窩までMassage(軽擦法)をしましょう。
骨への付着部近辺の筋腱移行部はとくに念入りに。
ただし、このあたりには、耳下腺・顎下腺やリンパ節がありますから、十分な注意も必要です。
発声時に「口が開けにくい」と感じたときは、顎関節の直接の動き具合と共に、顎二腹筋の様子も詳しくチェックしましょう。
実際、顎二腹筋の柔軟性を獲得しただけで、「声が大きくなった」「滑舌が良くなった」「声の響きが増した」など、良声へと転じた方々が大勢おりますよ。


e0146240_9555787.jpg
右斜め後ろから見た顎二腹筋

by aida-voice | 2012-07-18 00:34


呼吸の誤った認識

● お腹に息を入れる (腹腔に空気が入ったら死んじゃいますよ)
● 鼻から吸うと胸式呼吸、口から吸うと腹式呼吸
● 腹式呼吸と胸式呼吸は同時にできない
● 胸や肩は絶対に動かしてはいけない
● 腹筋さえ鍛えれば正しい呼吸が完成する
● げっぷを多用した呼吸トレーニングが良い
● 横隔膜は空中に浮いている (腱脚という支えが第3腰椎にあります)
● 歌の上手いひとの横隔膜は二枚ある (某ボイストレーナーの持論)
● 良い発声には皮膚呼吸も大事 (こりゃすごい…)





※以前は、上記のような意見に対して一つひとつ反論していましたが、最近は、一切やめました。論拠を述べ正しても、それを強く信じているひとには馬の耳に念仏。逆に「會田は間違っている」「會田は詐欺師だ」と批難や誹謗中傷を浴びせられる始末。腹腔に空気が入ろうが、頭蓋骨が真ん中から割れて響きを増そうが、喉に妖精が住んでいようが、膝(ひざ)から声が出ようが、きっと正解でしょう。そう、そのひとにとっては。世の中には不思議な出来事がいっぱいですから、そんな不思議な発声があっても不思議じゃないと思うことにしました。さあ、自由な発想やイメージで声を楽しみましょう!


e0146240_9493013.jpg







追記1:実際、わたしの情報や研究結果も怪しいものです。現在も、過去の記事を訂正したり追記したりするのが、その証拠。発声科学は日進月歩。歩みを止めず研鑽を続けていると、新事実が次々と湧き出てきます。まあ、良く見積もっても八割程度の正論と、気軽に読んでくださいね。







追記2:当サロンは、発声を運動ととらえ、その基礎能力を高めるのを目的としています。喉の病気や声の不調は医師や言語聴覚士に、発声テクニックや歌の練習は音楽教師やボイストレーナーにご相談ください。
by aida-voice | 2012-07-17 06:26


e0146240_15141515.jpg


先日、甲状軟骨がとても小さい方が当サロンにお越しになりました。
学生時代から「変な声」と揶揄され続け、これまで数々の耳鼻咽喉科で検査しても、すべて「問題なし」との診断結果。
挙げ句の果ては心療内科に回され、声に苦しんできたそうです。
サイトでいろいろ調べ、見つけた当サロン。
はじめは胡散臭いと思ったそうですが、喉ニュースを隅々まで読んでいくと、「自分にも当てはまる状態ではないか・・・」と感じ入り、大きな期待を持って予約したとのこと。
さらに、電話しても新規予約は満員で、結局、思い立った翌月に予約が取れ、そこから約3か月待ち。
その方が当サロンにお越しになり、まず、発した言葉が「先生、助けてください。ここが最後の砦かもしれません。よろしくお願いします」と。
そして、その言葉の声を聞き、喉元を見たわたしは「あっ、甲状軟骨(喉頭全体)が小さいための音色不良だ!」と直感しました。
か細く、こもった、小さな声。
初対面のひとは誰でも「ん?」と感じてしまうような駄声。
お互い挨拶の後、簡単な喉と声の構造を勉強していただき、検査を開始しました。
触診した瞬間、「間違いない、極小喉頭!!!」を確信しました。
それも、これまで知る中でも究極の小ささ。
通常会話や歌の発声も正常、呼吸や嚥下・摂食も問題ない。
ただ、声が悪いだけ。
つまり、この小ささは、奇形や病気ではなく、個体差の一つ。
そう、そのひとの “個性” と言い切っても良いのです。
だから、耳鼻咽喉科で調べつくしても「問題なし」と結論づけられるのでしょう。
ここでわたしは困りました。
なぜなら、古い昔、「あなたの喉は小さいので、思い通りの豊かな声を出すのは不可能です」とバカ正直に伝えたことがありました。
直後、泣き出してしまいました。
その行為をおおいに反省し、この頃は、良い点を見い出して『褒める』ことに徹しています。
少々の欠点は、運動性能でカバーしましょうと。
病気でない過緊張性発声・努力型発声や LDP (喉頭深奥ポジション)は、アプローチや運動性能向上訓練で改善することは可能です。
しかし、甲状軟骨が小さい場合、すでに存在する楽器が小さいことにほかなりません。
例えるなら、同じ構造(弦で音源を作って胴で音色を作る楽器)のウクレレとアコースティックギターでは、やはり音色が違い過ぎます。
ウクレレが悪いわけではありません。
ハワイアンには、ステキな音色のウクレレが欠かせません。
余談ですが、わたしはハワイミュージックも大好き。
数年前、ホノルル、ハワイアン歌手 Danny Couch (知人の紹介)のステージで、北の湖理事長〔元横綱〕から戴いた浴衣を着て一曲歌わせていただいた楽しい思い出があります。【Photo1】
さて、本題に戻ります。
どんなにがんばっても、ウクレレで、ギター協奏曲は弾けません。
無理なのです。
これと同じ原理。
ところで、甲状軟骨の大きさで、そんなに声が違うのか?
これに対しては「異議あり」との医師もいます。
確かに、発声に大きな変化などはありません。
病気や疾病のレベルではないから。
いったい何を言いたいのか?
それは、ほんの少し、音色が変わることに注視しているのです。
以前、わたしは東京での施術と並行して、京都の一色クリニック耳鼻咽喉科・形成外科(院長:一色信彦京都大学名誉教授)に勤めていました。
月に二回、始発の新幹線で京都に出かけ、喉頭クリニカルマッサージ外来を担当していたのです。
当時、一色クリニックで、膨大な数の声を良くする手術を見学させていただきました。
その中に、甲状軟骨形成術2型があります。
これは、痙攣性発声障害の甲状軟骨正中を割って、チタンブリッジを装着し、声門過閉鎖を阻止する目的の手術です。
一色先生の見事な手さばきと共に、素晴らしい論理の手術です。
これによって多くの患者様が助かっています。
さて、今回は痙攣性発声障害の話ではなく、甲状軟骨の大きさ。
甲状軟骨形成術2型では、上下2つのチタンブリッジの橋渡しによって、甲状軟骨の幅が1~5ミリ程度増えます。
ここに注目したわたしは、術前と術後の、声の質(音色)の変化を調べてみたのです。
もちろん、この手術の目的は「声の詰まり」を治すのが主。
調査と言っても、耳で聞いて確認するだけですから、患者様に負担をかけるものではありません。
手術の際には、必ず術前と術後の声を録音していました。
それから判断できます。
医師や患者様は、嗄声や声割れに着眼して変化をチェックしていましたが、わたしは質を重点的にチェックしました。
これは医学的観点と芸術的観点の違い。
その結果、手術後、すなわち甲状軟骨が大きくなった方が、音としての質感が向上していたケースが多かったのです。
耳の肥えた知人にも依頼して検証しましたが、同意見でした。
これらから、甲状軟骨の大きさが声の音色に影響する、すなわち、甲状軟骨が大きい場合、声帯を入れるケースやその上部の共鳴腔が大きくなり、音質は小より豊かになる可能性が高くなるとの結論に至ったのでした。
ただし、甲状軟骨が大きくなると、喉頭での存在空間の問題や重量が増すこともあり、使い勝手が悪くなって、音色を損ねるケースも多々あるため、大きいだけで「必ず優秀」との印は押せません。
これまで、甲状軟骨の小さ過ぎるひとに、わたしは当サロンのアプローチを薦めませんでした。
なぜか?
おおむね甲状軟骨の大きさに比して舌骨が存在します。
これによって、音色に最も大切であると考える咽頭共鳴腔もおのずと大きさが決まってしまいます。
このことから、甲状軟骨の小さなひとの声を良くするのは難しいと思っていたからです。
ところが、最近、その事情が変わってきました。
劇的な改善は望めませんが、咽頭共鳴腔でなく、口腔共鳴腔を主眼としたアプローチやトレーニングを行い、運動性能を上げることで、声が良くなる成果を出したのです。
そのポイントは顎関節。
顎関節は、下顎頭が前方移動(スライド運動)しながら回転(ヒンジ運動)するダブルアクションを伴う特異な関節です。
とくにスライド運動をうまく使えば、声に好影響を与えられる。
これらは、3大テノールの一人ホセ・カレーラスと旬なソプラノ歌手ディアナ・ダムラウの歌唱法を徹底的に観察したところ判明しました。
この顎関節による良声化は、いずれ詳しくお伝えする予定ですが、今回は、甲状軟骨が小さくても声を良くする道が開けてきた朗報のニュースです。
これまで、甲状軟骨(喉頭全体を含む)が小さくて施術効果が期待できない方々のアプローチには消極的でしたが、これからは違います。
まだまだ研究途中ですが、一生涯「変な声」と言われることのないよう、早々に最良の方法を見つけていきたいと考えております。
ご期待いただき、今しばらくお待ちくださいませ。
全力で研鑽を重ねてまいります。


e0146240_845762.jpg






【Photo1】
e0146240_2092372.jpg




ダニーと共に、とっても楽しいステージでした!!!
何を歌ったかって?
もちろん…、「I LOVE HAWAII (Ah My Hawaii)」 です。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。なお、LDP(喉頭深奥ポジション)は病気ではなく喉筋の癖&独自の造語です。
by aida-voice | 2012-07-13 03:17

喉頭手技の主な順序


Physical approach


その日の状態によって変化させますが、各機器使用の後、主に以下のような順で手技を行います。


喉頭全体の軽擦 → 咽頭収縮筋と輪状咽頭筋(部)のピンポイントマイクロストレッチ → 茎突咽頭筋のストレッチ → 舌骨上筋群のプッシュストレッチ → 輪状甲状筋のマッサージとストレッチ → 胸骨舌骨筋のストレッチ → 肩甲舌骨筋の筋膜リリース → 甲状軟骨を反転させて内喉頭筋の一部をクリニカルマッサージ → 喉頭全体のモビリゼーション



e0146240_18414910.jpg







追記1:ちなみに呼吸部門のアプローチ(訓練を含む)は、①肋椎関節の拡大手技、②真呼吸の訓練、③加圧呼吸トレーニングが中心です。これらの習得によって、①声が大きくなる、②声が安定する、③高音発声が楽になる、④ブレスが長くなる、⑤P・PP が思い通りになる、⑥1/f のゆらぎの声の獲得、⑦ビブラートのコントロール性能の向上、などでしょうか。







追記2:当サロンは、発声の基礎能力を高めるのが目的であり、喉の病気の治療(医師や言語聴覚士の分野)や歌の技術練習(音楽教師やボイストレーナーの分野)は行っておりません。これらを求められる方は、それぞれの分野の専門家にお尋ねください。
by aida-voice | 2012-07-12 02:41


毎年、2月と8月は、長期研究(海外を含む)のため、お休みです。そこで、8月はボイスキャンディアプローチをお薦めします。毎日2粒の使用で、声帯の粘膜および筋運動の性能をグンとアップさせましょう。



今回、通常40個、20,000円を、
なんと、半額の10,000円に(税込)



2セットお買い求めの方には、
新ブラックボイスキャンディを、10個プレゼント!!!




新ブラックキャンディは、研究用に開発され非売品です。もし売るなら1個1,500円です。つまり、合計54,000円分が、20,000円に。これは、ここぞと言うときに使う最終兵器のキャンディです。通常は入手不可ゆえ、是非、この機会にゲットしてください。販売期間は2012年7月7日~7月25日まで。お買い求めはボイスケアサロン窓口で、現金、または、振込でOK。新ブラックスーパーキャンディは、病気でない嗄声(かすれ)を一瞬にして改善します。さらに声を出すのが、とても楽になります。したがって、スタミナ温存にも一役買います。さあ、このチャンスにGetしてください。


e0146240_1635403.jpg





《ボイスケアサロン声専用キャンディは薬やサプリメントではなく食品(飴)です》




この大作戦の対象は、2012年7月に来院して施術を受けたひと限定です・・・・
by aida-voice | 2012-07-07 02:30