<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


e0146240_16533142.jpg


今年一年、本当にありがとうございました。
多くの方々に喉ニュースをご覧いただきました。
多くの方々にご来院〔受術〕いただきました。
心より感謝いたします。

来年の目標も、わたしの求める語句は変わりません。
それは「声極」です。
そう、喉と声(歌)を徹底的に極める。
さらに研究し、追及し、実践します。
そして、皆さまのお役にたてるよう還元していきます。
ご期待ください。


e0146240_16372854.jpg
来年も格物究理を座右とします

by aida-voice | 2011-12-31 17:11

NHK紅白歌合戦


間もなく 『NHK紅白歌合戦』 が始まります。
さぁ、持てる力を出し切って、聴くひとに感動を差し上げてください。
紅組がんばれ
白組がんばれ
出場者のご活躍をお祈りしております・・・





追記:本日の大晦日コンサートご苦労様です。最高のパフォーマンスを維持するためにも、当サロンのキャンディとウォーターを忘れずにネ。
by aida-voice | 2011-12-31 09:45

日本レコード大賞


間もなく 『日本レコード大賞』 が始まります。
さぁ、持てる力を出し切って、聴くひとに感動を差し上げてください。
成功を祈る!!!




追記:〇〇さんへ・・・ 高音発声の重大なコツ
●「高音がうまく出ないんじゃないか…」と心配をするな。教えた通り、頭と首の後ろのリラックスだけを考えよ。喉のことは意識しないこと。そうすれば、喉の力が抜けるよ。
●呼気を大切に。低音は下部胸郭から、どんどん高い音になるにしたがって上部胸郭へ移動させ、そよ風のように息を出す感覚で歌え。
●歌う前に、肩の位置に気を付けて。最適ポジションは学んだはず。
by aida-voice | 2011-12-30 17:58


昨夜は、久しぶりに歌曲とアリアを計8曲、披露しました。
出来は上々??? 《微笑》

セレナータ(トスティ)
カタリ・カタリ(カルディロ)
人知れぬ涙(愛の妙薬/ドニゼッティ)
女心の歌(リゴレット/ベルディ)
妙なる調和(トスカ/プッチーニ)
星は光りぬ(トスカ/プッチーニ)
誰も寝てはならない(トゥーランドット/プッチーニ)
アンコール:グラナダ(ララ)

今回は、歌う場所〔環境〕と聴き手の求める曲想を解釈したうえで、質感と音色にこだわり、歌ってみました。
自分に課した注意点は以下の通りです。
● 咽頭共鳴腔からやや上の空間を利用すること
● 共鳴腔の軟部組織の硬度は中の上を基本とすること
● 咽頭収縮筋輪状咽頭部のリラックスを心がけること
● 呼気の勢いは殺さず、喉頭蓋でコントロールすること
● メロディの中心を軟口蓋で作っていくこと
● 舌尖と歯茎を密着させないこと
● 唇を十分に活かすこと
さて、わたしの感想は・・・
「あぁ、歌って楽しい!」

e0146240_12265063.jpg
恥ずかしいのでちっちゃく載せました…




追記1:歌う前と曲間に、新しく開発中の声飴(キャンディ)と水(声専用ミネラルウォーター)を使用しました。






追記2:声を極めるため、この年末年始もフル活動です!





追記3:このときの様子を『聴きたい・観たい』とのお声をたくさんいただきました。ご要望に応じ、短時間だけ You Tube に動画をアップするかも(!?)しれません。見つけたひとはラッキー。自己判断ですが、声質は90%満足でした。しかし、旋律の正確さにやや難あり。この点をご了承いただきご覧ください。録画機器が最新でなかったので…、こんな言い訳は通用しませんよね(苦笑)。
by aida-voice | 2011-12-30 12:32


肺活量を増やすために、市販の呼気アップ器具やペットボトルを用いて訓練しているひとに注意です。
うまく使えば最良の呼吸を獲得できるため、お薦めなのですが、キチンと胸郭が動いているのを確認してから行ってください。
内外肋間筋や肋椎関節の動きが悪い状態で、呼気のトレーニングばかりしていても、思うほど肺活量が増えたり呼吸効率アップしたりしないことが判明しています。
それどころか、胸郭の拡大動作をおろそかにした結果、肺活量が減る可能性もあります。
せっかくの訓練が無駄になってしまう・・・
そこで、検査法。
中部肋椎関節の動きを確認する(横突起間隙に指を当てて動き具合を調べれば良い)
吸気のとき第3~6外肋間筋を触診し、筋活動しているかどうかを確認する
さあ、すぐにチェックしてみましょう!


e0146240_9402797.jpg







~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-12-30 09:40

昨日の続き 【歌唱力】


喉頭の形状は、生まれ持ったものですから変えることはできません。
けれども喉の運動性能は、高めることができます。
それは、スポーツ科学と同じ。
喉の小さな筋肉たちの動き方を知り、正しく稼働しているか確認してください。
まずは、柔軟性。
その後に、筋力とバランス。
これさえ獲得すれば、歌のテクニックは、面白いようにつきてきます。
歌のジャンルは問いません。
クラシック(声楽やオペラ)でも、J-POPでも、ロックでも、和唄でも・・・

e0146240_1315955.jpg




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-12-30 04:29

歌唱力の方程式



歌唱力の方程式です。



★ 歌唱力 = 喉頭の形状 × 喉の運動性能 × 歌唱テクニック



e0146240_16442970.jpg





その他として、好感情(音楽に対する気持ちや個人のアイデンティティなど)がプラスに働き、メンタル(緊張やストレス)・体調(病気や寝不足など)・外的環境(気温、湿度、埃など)がマイナス要因となることもあります。






また、音声障害(痙攣性発声障害や音声震戦症など)のひとは、このマイナス要因が、単に引き算ではなく、マイナスの掛け算となって、発声に対し大きく悪影響を与えることもわかっています・・・




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-12-29 00:32

緊張をときほぐす呼吸法


コンサートやリサイタル、TV収録やレコーディング、会議やプレゼンなど、声を出すのに緊張する場面は多々あります。
そんなとき、あなたはどうしていますか?
「あがるな、あがるな、あがるな!」と念じますか?
手のひらに『人』の漢字を書いて飲み込みますか?
残念ながら緊張は避けられないものです。
緊張を抑え込むのではなく、意識を他へ向けてください。
数々試した結果、最も適した方法が・・・
呼吸です。
「呼吸、それだけ?」
そう、呼吸です。
ただし、わたしが提唱しているのは、極上の発声のための真に正しい呼吸です。
そのための方法が開発されています。
考慮すべきポイントをお伝えします。
①横隔膜
②内外肋間筋
③肋椎関節
この三つの運動性能がアップしたとき、最上の呼吸法が完成し、どんな緊張をも乗り越えられます。
呼吸法に関しては、施術内でも積極的に行っているのは周知の事実ですよね。
最近では、呼気部位を3部位(さらに6~8か所)にわけて、緻密なトレーニングを敢行中。
呼吸が良くなると、喉頭の運動性能と相まって、さらに声が良くなります。
あなたも、是非、緊張をものともしない素晴らしい声を手に入れてください。


e0146240_12333814.jpg








追記:これで解決 深呼吸法
【現場で簡単にできる緊張防止呼吸法】
あがりそうな場面では、深呼吸するひとも多いと思います。
それは、正解の一つ。
どうせやるなら、さらに効果的に。
それが以下の方法です。
1:腹部を前方にふくらませる
2:胸骨と背中をふくらませる
3:肩甲骨が外転スライドするように肩をふくらませる
4:1~3を順に意識しながら息を大きく吸う
5:最大吸気の状態で5秒間静止する
6:ゴム風船の空気が抜けるような感覚で一気に息を吐く
7:吐き切って、肺の中の空気がゼロになったら、再び5秒間静止
8:この一連の動作(深呼吸)を3~5回ほど繰り返す






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-12-28 00:32


昨日も「喉が詰まって声が出しにくい」症状を訴えていた方が改善して卒業していきました。
この方は、大手企業で活躍しているビジネスマン。
地位も向上し、大きな責任がのしかかってきます。
お仕事での会議やプレゼンのとき、声が思うように出なくなり、数々の耳鼻咽喉科で診てもらったそうです。
どこも「声帯には問題ありません」でした。
そして、当サロンを受診。
詳しい検査の結果、嚥下のためにある咽頭収縮筋【中部・下部・輪状咽頭部】が筋硬直の状態で、ステージはTonus(+3)でした。
このため、喉頭の動きが硬くなり、クリック音〔グライディングテスト〕が大きく存在。
結果的に、発声時の筋緊張を伴って、喉が詰まって声が出にくくなっていたのです。
そこで、ピンポイントマイクロストレッチと最新呼吸法を中心とした施術を敢行。
ご本人の努力もあり、症状は見事に改善しました。
さらに、咽頭共鳴腔拡大施療が功を奏し、声が豊かになりました!
深奥Positionのため、こもった声でしたが、空間率のアップと運動性能の向上で、透明感ある高音と響きある低音が可能です。
説得力を増す声が完成しましたね。
さあ、ますますビジネスで大活躍し、この閉塞した日本経済を打開してください。
期待しております。
ご卒業、おめでとうございます!


e0146240_12244233.jpg








~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-12-27 00:07

年末年始のスケジュール


今年も残すところわずかとなりました。
本当にいろいろなことがあった一年。
当サロンの年末年始のお知らせです。
年末は31日まで。
年始は6日から。
ただし、31日は紅白歌合戦参加者および年末年始コンサート開催者だけの特別枠。(すべて満員となっています)
最高のパフォーマンスを獲得して、最上の感動を差し上げてください!
by aida-voice | 2011-12-25 00:45