<   2011年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

喉秘伝書




e0146240_14163516.jpg




毎月、当サロンの施術後(再診のみ)に『喉秘伝書』をお渡ししています
喉ニュースに載せていない極秘情報
有益な内容が一杯
他言無用にお願いします・・・






※内容※
平成23年7月号は、『一瞬にして歌声を良くする方法』を伝授しました。




★お知らせ
平成23年2月から始まった喉秘伝書は7月号で一旦休刊します。再び有効かつ新鮮な情報(ネタ)を入手しましたら再版いたしますね。お楽しみに!






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-30 17:51


喉が揺れるビブラートには二種類あります。

一つはコントロールされているもので
もう一つは震顫(しんせん:自分の意思とは無関係に生じる律動的な振動)です。

正しい・悪いはありませんが、前者は歌上手で後者は歌下手でしょうか。〔微笑〕

どうやって見分けるか?

まずは、声。

得意としている音域のロングトーンを発してもらいます。

そこにビブラートをかけます。

声を聞いてみましょう。

ビブラートをかけた瞬間・・・

ピッチが狂わず音色も変化なければ前者。

音程が怪しくなり音色が変化したら後者。

とくに後者の場合は、咽頭共鳴腔の運用がないため
閉塞的な音になりやすくなります。

次に、喉頭を観察しましょう。

甲状軟骨と輪状軟骨がほんの少しだけ近づいたり
離れたりして揺れているなら前者。

とてもリラックスした喉ですね。

喉頭が塊の状態で大きく動きすぎたり
肩甲舌骨筋が浮き上がったりしていれば後者。

見るからに苦しそうです。

さて、ここで正しいビブラートの本態です。

輪状甲状筋の稼働と呼気圧コントロール。

それぞれ単独でも。

ならびに、併用もあります。

美しいビブラートを完成させてくださいね。

ただし、当サロンでは発声フィジカルを解明し
皆さんの喉頭環境を整えるのが役目で
ビブラートそのものの訓練は行っていませんからね。


e0146240_12425642.jpg
呼吸と喉の運動性はつながっています!!!









追記:なお、正しいビブラートには「ボリュームビブラートとピッチビブラート」があります。







~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-30 12:43


当サロンは、発声に対してフィジカルを高めるアプローチを行う施術所であり、耳鼻咽喉科・ボイストレーニング・心療内科ではありません。

喉の筋肉にリラクゼーションを与え、発声をしやすくするが唯一の目的です。 ※1

喉や声の病気やトラブルに関しては医師に、発声の仕方や歌唱テクニックに関してはボイストレーナーに、メンタルケアや悩み相談はその専門家に、それぞれお尋ねください。


ボイスケアサロン





※1
発声関連筋や運動の観点からは、どこにも負けない効果をご提供できるものと自負しております!






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-29 10:13



突然アップし、いつの間にか消えることも・・・


これで決まり!

楽々高音発声促進法

◆〇〇〇〇下部を、△△で軽くプッシュして持ち上げながら発すると、高音が驚くほど楽に出る!◆



これにはれっきとした理由があります。
胸鎖乳突筋を介して懸垂機構の緊張を弛緩させることができるため、喉頭のリラックスと運動性アップを獲得できるためです。
ただし、圧の力加減や持ち上げの角度(ベクトル)が大切ですから、自分に合った最適なポジションを見つけてくださいね。



〇〇〇〇、△△の答えは、喉ニュース目次集に!




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-28 15:23


甲状軟骨の構造は、スピーカーと似ているため、高性能の
条件の一つとして、その『厚み』が挙げられます。

スピーカーの場合、一般的に木の箱(エンクロージャー)を使用しています。

このエンクロージャーが薄いと、どうなるのか?

簡単に共振することで、音の質が落ちてしまいます。

甲状軟骨も、声帯を入れるケースのようなものですから
一種のエンクロージャーと言っても過言ではありません。

もちろん、呼吸や嚥下・摂食のためにも
存在していますが、ここでの話は、声に限定します。

では、甲状軟骨が薄いと、声が悪くなるのか?

これまで多数の例を検査してきましたが、日常生活で
困るほど〔声が悪い〕には至らないようです。

逆に、甲状軟骨が厚い(大きさや形状が秀逸である条件を含む)と
良い声と評価されるひとが多いのです。

つまり、『歌や美声にとっては、薄いより厚い方がより良いでしょう』のこと。

やはり、音声の質が高まり、音の深みが増しますね。

今日は、以前、ご紹介しました赤飯さんの厚みをご報告しましょう。

まず、甲状軟骨の厚さをどうやって測るか?

過去に摘出喉頭(解剖は医師)の触診実験で幾度も数値を計測しました。

下に、その写真を描き替えた絵を載せます。
e0146240_16531472.jpg

白人男性(身長180センチ以上と予想される喉頭の大きさ)のものです。

これは、医師が甲状軟骨の正中にハサミを入れてカットし(縦)
わたしがメジャーを用いて厚みを測っているところです。

最も厚い部位で5ミリを記録しました。

このように、摘出し、切って測れば簡単。

しかし、生きている人間では不可能ですよね。

そこで、方法があります。

喉頭周辺に柔軟性があるひとなら、甲状軟骨を
反転させ、甲状軟骨翼後縁をはさんで計測すれば・・・

そこで、優秀な喉頭をお持ちの赤飯さんにご協力をいただきました。

用意するのは、マーキング用の水性ペン・厚みを計測する
キャリパー(ものさしでも可)・至高のテクニック。

方法です。《下の絵は赤飯さん:写真を絵へ変更》
①甲状軟骨をスライド反転させる
②指で甲状軟骨翼の外部面と内部面を触れ、その位置の皮膚上に水性ペンで印をつける
e0146240_1742149.jpg

③二点間をキャリパー(当サロンでは眼科手術用器具を使用)で測る
e0146240_17421386.jpg


注意点があります。

甲状軟骨翼の板面には、さまざまな軟部組織が
付着しているため、触診ではその厚みも入ってしまいます。

それゆえ、誤差が生じます。

実際より、おおむね1~2ミリ数値が大きい。

したがって、外皮からの検査は曖昧である旨をお伝えしなければなりません。

メイヨークリニック喉頭機能外科教室での実験時は、正確な軟骨厚を
知るために、甲状軟骨翼に付着する軟部組織を、しっかりとこそげ落としています。

この点を考慮し、さあ、結果発表です。

赤飯さんの甲状軟骨の厚さは7.5ミリです。(実際には5.5~6.5ミリでしょうね)

これは、とても厚い部類に入ります。

同様な方法でわたしも測ってみましたが、5ミリでした。(実際には3~4ミリ)

やはり、赤飯さんの喉頭は極上ですね。

この先、さらなる素晴らしい音色と音質を披露してくれることでしょう。

本当に楽しみです。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-26 17:43


コンクールで優勝している歌手Mさんからメッセージが来ました。
久しぶりに秋田からお越しになり、施術をさせていただきました。
披裂軟骨の回転の問題が嗄声の原因の一つであると考え、その率を上げるために甲状軟骨を移動させたところ、驚くほどピュアな美声が!
その声に、わたしも鳥肌が立ちました・・・
さらなるご活躍を願っております。
この先、Mさんの声を聴いて感動するひとがますます増えることでしょう。







會田先生、先日はありがとうございました。

二年ほど通えなかったのですが、久々に伺ったのにもかかわらず私のことを覚えていてくださりたいへん嬉しかったです。(^o^)

お陰様で施術の後は、喉が軽やかになり自分が声を出している感覚さえないほどころころと声が転がるようになりました。

帰路、歌を口ずさんだり、あまりのうれしさにニヤケていたのでかなり怪しい人になっていたと思いますが(^^;)本当に心から嬉しく弾むような気分でいっぱいでした。

私の喉は、このような状態になってから数年経過しているためか、先生がよくおっしゃる「良い状態を筋肉が覚える」感覚を完全に取り戻すまで、もう少し時間がかかるのかと思います。

実際、次の日の午後には、また声のかすれが出てきました。

しかし、今回、購入させていただいたキャンディーを1日2回なめていて、またよい感覚が戻ってきたと感じています。(3日目ですが昨日より今日。と調子が良くなってきております。)

大きな手応えとしては、歌い出しの第一声に力まなくても良くなったこと、(以前は喉がかすれるので体中の筋肉でサポートしようと必死になっていました。)

そして、音程があがりやすくなったこと(出そうとする音をイメージして歌ったとき、羽毛のように声がふわっと舞い上がる感覚で軽く高い声になります)です。

他にも喉の疲労感が激減したこと、乾燥しないので声に艶がでたこと、発声に四苦八苦しなくて良くなってきたから出したい声をイメージしやすくなったこと、練習の集中力が上がったこと。

など、数えたらきりがありません(*^_^*)。

でもなにより嬉しいのは、

歌が楽しくて仕方ない!

歌いたくてたまらない!!

そんな気持ちがよみがえってきたことです。

先日伺うまでの私は真逆でした。

声の不調で自信をなくし、歌いたくなく、歌う度また落ち込む悪循環でした。

もう以前のような声は出ないのかと思っていました。

期待して依頼してくださる方々の前で、こんな絶不調で歌ってはいけない。とプレッシャーを感じ、いつも喉も詰まったように感じておりました。

しかし、

會田先生から喉の形を褒めていただき、素敵な声と笑顔で「よくしていきましょう」とおっしゃっていただき、大きく背中を押していただいたように思いました。

今は、自分の喉も声もとても愛おしく感じています。

そして、この楽器を一生輝かしい音で奏でたい。と思っております。

たくさんの方に素晴らしい歌を届けたい。。

私がとても好調だったとき(6年前)コンサートがあれば気に入って歌っていた歌の録画を先ほど久々に観ました。

絶不調の時は、

楽しそうに軽やかに歌う自分を観て、自分ではないように感じていました。。

今は、

「いつか、円熟したもっと素晴らしい歌声に生まれ変わってまた歌おう」と、力が湧いてきます。歌が好きでたまらないです(^o^)。

声は、自分が毎日聞くものですから

心に作用する影響は大きいですね。

こんなに前向きになれ、力が湧くのですから。

私がこのように希望を持てるのも、會田先生のおかげです。

本当に心から感謝しています。

多くの方が、自分の声を誇らしく思えるよう、これからもどうぞ益々ご活躍ください。

ありがとうございました。







~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-25 14:23

声の本質は・・・




楽器の要素×運動の要素




楽器とは、喉の形状のこと。

喉の中に本物の楽器(ギターやクラリネットなど)が
入っていないことは自明の理ですよね。

甲状軟骨と舌骨の縦横の大きさ・甲状軟骨板の角度・厚みなどで
楽器の要素が決まります。

さらに、その形状に伴う軟部組織の空間率と変化具合によって
音質が大きく変化します。

次に運動。

ご存知のように、声は声帯を振動させて音を作ってきます。

その声帯は、筋肉と粘膜から成り立ち、自身では動きません。

そう、周囲の筋肉によって、伸びたり縮んだり、開いたり閉じたり。

動かされているのです。

つまり、他のスポーツと同じように、運動なのですね。

ただし、手足と異なり、喉の運動は動いている感覚がないため
自由の利かない運動にほかなりません。

言葉や音階を意図して頭で命令を下しますが、声としての
結果が出てくるだけで、どこがどうやって動いているのか
知ることのできるひとこの世にはいません。

喉は、そんな不可思議な運動をしているのです。

そして、上記のような楽器と運動を掛け合わせて発声が完成します。

どうですか?

なかなか複雑でしょう。

それでも、喉としての楽器の形状を計れることや、良い声を出すには
どの筋肉が必要かなど、最近かなりわかってきました。

皆さんも自分の喉(外喉頭)の状態を正しく知って
ステキなボイスライフをエンジョイしてくださいね。


e0146240_10374162.jpg








~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-24 10:38


当サロン(主にスーパークラス)で行っている胸郭プッシュ法。

現在、このトレーニングには2種類あります。

カンバセーション・メソッドとソング・メソッド。

今般、ある声優志望の方が、ソング・メソッドを用いた
胸郭プッシュ法で4オクターブもの音域を軽々と。

そして驚くべきことに、音域が広いだけでなく、良音で発声できたのです。

これには本人もびっくり。

「おぉ、こんな声を出したのは初めて・・・」

その他にも「えぇ???、声を出している感覚が無いくらい」「わっはは、あまりに
簡単に声が出るから笑いが止まらないよ。マジスゴイです!」「今まで習ってきた
発声法はいったい何だったんだ…」との感想がたくさん。

実際の、会話声や歌唱では出せない音域や声質も、胸郭プッシュ法によって
獲得できる可能性が高くなります。

もちろん、それを自分のモノ(恒常的かつ自己能力で完遂できる)にするには
さらなる訓練が要ります。

では、なぜ胸郭プッシュ法で声が良くなるのか?

いくつか理由があります。

①呼気圧の上昇により、声門(二枚の声帯の間)通過の瞬間気流が増大すること(総合気流ではない!)
②意識が胸郭に向き、喉頭の力が抜けること
③喉頭を地面と水平に近づけることで、重力によって咽頭収縮筋などの筋肉が弛緩し、運動性能が上がりやすくなること
④連続プッシュで、声帯筋および声帯粘膜の振動効率が高まること(その結果、常に後半の方が好調になったり、ピッチがグングン昇っていきます)

ただし、効果を得られないひともいます。

①喉頭周辺が硬いひと(病気でない過緊張性発声や懸垂機構のコリ)
②肋椎関節の動きが少ないひと
③リズム感が悪いひと

そのため、ある程度の喉頭および呼吸運動の環境が整った
状態で行わなければ効果が薄くなってしまいます。

この胸郭プッシュ法を受けた方の多くは、喉に力を入れることなく
スルスル声が出てしまうこと、響く低音や透明感あふれる高音に、必ず驚きます。

そう初体験。

これを幾度も繰り返せば、身体がこの感覚を覚えていき
どんな音域でも、どのような音色(質)でも、楽々出せるようになります。

是非とも、自由で極上の声を Get してくださいね。

以下に、胸郭プッシュ法の連続写真を供覧します。

これらの動作を一瞬に行い、繰り返します!


e0146240_1565560.jpg
肋椎関節の動きを検査します


e0146240_1571074.jpg
横隔膜の位置を特定します


e0146240_1571970.jpg
第12肋骨(浮遊肋骨)下縁をマーク


e0146240_1574319.jpg
第11肋骨(浮遊肋骨)へ向かってプッシュ


e0146240_1575663.jpg
皮下に対して直角に押し込み、外側へ力を逃がす









追記1:正確に行わないと効果が無いばかりでなく、肋骨不全骨折、肋軟骨離解など、ケガも多い場所ゆえ、素人判断の手技はお控えくださいね。押すタイミングや強さなど、術者のテクニックが必要な難度の高いアプローチです。








追記2:カンバセーション・メソッドは「おはようございます」の挨拶言葉や「あー」のロングトーンゆえ簡単ですが、ソング・メソッドはCD音源を真似てさまざまな発声を行うため難しいトレーニングとなります。それゆえリズム感が大切。また、この胸郭プッシュ法によって、自分の持つ本当のファルセット音やスタッカートの真実を目の当たりにします。呼吸って凄いですよ!






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2011-07-23 15:18


以下の先生がボイスアドバイザー更新試験に合格しました。
おめでとうございます。
今回の更新試験は超ムズカシーです。
喉頭はもちろん呼吸のための胸郭や顎関節まで、幅広く、かつ、深く出題されています。
合格…、ご立派です!



平本真大先生



e0146240_9394912.jpg

by aida-voice | 2011-07-22 20:43

昨日のダウンタウンDX


昨日のダウンタウンDXで、JOY君が当サロンのアプローチを受ける様子がチョッとだけ放送されました。
わたしは他用で観ることができませんでしたが、多くの方々から連絡をいただきました。
ありがとうございます。
実際、放送後、ホームページのアクセス数がグンと伸びたようです。

さあ、この夏は新しい研究に取り組みます。
現在、温めている良案や期待できる術が多々あります。
ますます、進化させますのでご期待ください。

ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)
by aida-voice | 2011-07-22 09:13