大学准教授からの質問


山下敬介先生(国立広島大学医学部准教授)から、お電話とメールで質問をいただきました。
とても素晴らしい質問ゆえ、山下先生からご許可をいただき、やり取りの一部を掲載します。



《山下敬介先生》

山下敬介です。
突然のお電話、失礼しました。
私は、医学部で解剖学を教えています。
声の高低に興味をもち、ドレミファソラシドと声を出すと、甲状軟骨と輪状軟骨の間が次第に狭まることに気づきました。
しかし、声帯の長さはほぼ一定。輪状甲状靭帯が屈曲しても、張力が2倍も3倍も変わらないだろうに、なぜ歌手は幅広い音域をカバーできるのだろうか不思議でなりません。
いろいろご教授ください。

なお、歯学部の同僚は、口腔領域のモデル(50cmx50cmx50cmくらいの大きいもの)を作って下の問題に答えようとしています。
1)嚥下(筋と咽頭、喉頭の構造から考える)
2)表情筋
3)下顎の運動




《會田茂樹》

お電話およびメールありがとうございます。
わたしも喉頭模型を作るのが好きで数々tryしました。
素材選択が悪いため駄作が多く、可動させると壊れてしまうものばかり・・・
さて、ご質問の件ですが、残念ながら正確な事実は存じません。
ただ、多くの歌手(素人からエリートボイスユーザーまで)の外喉頭と内喉頭を観察した結果、輪状甲状関節の稼働はもちろん、声帯筋の硬度、声帯粘膜の使用割合、各共鳴腔間の利用など、種々の要素を織り交ぜながら個性豊かに高音発声を叶えていると感じています。
機械的に計ると同じ音階でも、各人で音造りの手法が若干異なっているのです。
そこに芸術性を感じるのかもしれません。
参考にならず申し訳ございません。
まずはお返事まで。





高音発声の根本を問う大変良い問いだと存じます。
山下先生、ご質問ありがとうございました。
こちらこそ、今後ともご教授くださいますようよろしくお願い申し上げます。




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:後日、以下のメールもいただきました。かなりハイレベル・・・(絶句!)

會田茂樹先生

高校の物理の教科書に書いてあるのですが、
線密度 ρ(ロー)(kg/m)の素材でできた、L(m)の長さの弦を、張力S(N)で引くと、
線密度 n = 1, 2, 3,,,,として、
弦の固有振動数 fは、
f = n/2l * (S/ρ)1/2
となります。( )1/2は、( )の中をルートしたと考えてください。
ですから、
弦の長さ l が短いほど、
線密度ρが小さいほど(弦が細いほど)、
張力 S が大きいほど、
音は高くなるということを意味します。
輪状甲状筋は収縮すると、Sが大きくなりますから、音は高くなるわけです。

山下敬介




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-30 10:17


このたび、討議を重ねた結果、喉と声に関する知識と情熱と経験に、誰よりも卓越していることから、名古屋の竹葉美保子さんをボイスアドバイザー上席として認定することに決定しました。
おめでとうございます。
今後とも、多くのひとに、正しい発声科学を伝えてください。
さらなるご活躍をお祈り申し上げます。

e0146240_591029.jpg





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-27 05:10

声の治りの質問・・・


e0146240_20113011.jpg
よくある質問で「どのくらいの頻度で通えば治るの?」といただきます。
当サロンは治療を行うものではなく喉まわりを整備するのが仕事。
つまり声を出しやすくするのです。
これは「何回通えば歌がうまくなりますか?」も同様です。
直接、歌を上手にするのでなく、やはり声を出しやすくして、歌唱に活かせるようにするのです。
声を出すことは歩くことに似ています。
歌うことは走ることに似ています。
どちらも同じ身体運動部位を使います。
違いは足を動かす速度やバランス。
歌も同様。
通常の会話声と歌声では、使う部位(声帯や共鳴腔)は同じ。
息の流れとメロディが付く違いがあるだけ。
次に多い質問が「必ず声が良くなるの?」です。
これは答えに窮します。
実際、当サロンのアプローチで声が出やすくなるのは、ほぼ100%の方々に感得していただけます。
しかし、それが恒常的になるか、一瞬で元に戻ってしまうかは、個人差が大きくあります。
スポーツで考えてみましょう。
A子さんとB子さんがテニス部に入部しました。
二人とも初めてのテニス。
毎日、同じ練習を行ってきましたが、半年後、A子さんはレギュラーに選ばれ、B子さんは補欠・・・
いったい何が違うのでしょう?
生まれつき持っているセンスを除いて、声を出すことは一種の“運動”です。
したがって個人差があるのも当然。
さらに、喉頭周辺は自律運動でありながら、自身では感覚を得たりコントロールしたりできない部位です。
音階のドとラを、どの筋肉をどのくらい動かしているか、正しく感じ取れるひとは皆無です。
そして、声の良さに『満点』は存在しません。
好みや満足度などで推し量るしか方法がありません。
当サロンに通っていた方からも「良くならなかった」「こんな声じゃない」とお叱りをいただいたこともあります。
願いを叶えて差し上げることができず、大変申し訳なく思います。
わたしも最善を尽くしてアプローチしていますが、すべて満足いく声に変化させるのは難しいのです。
プロ野球選手を目指したからと言って、皆が皆、イチロー選手になれるはずもありません。
まずは、声を楽に出せる喉頭環境を整えること。
これが、わたしの最大の使命だと考えています。
それらは、音楽のジャンルも音声障害も同じです。
あくまで自然に無意識に声が出る素晴らしさ。
喉の発声関連筋に柔軟性と筋力が備われば、オペラも声楽も、J-POPもロックも、ゴスペルもシャンソンも、演歌も民謡も、長唄も詩吟も、軽々歌えるようになります。
さらに、どんな高音も低音も、鼻歌程度に自由自在。
ただし、喉の運動性能が高まっても、歌唱のテクニックとセンスの部分は別の話。
当サロンの施療で喉頭環境も万全に仕上がったにもかかわらず、小さい頃からの音感不良によって、いつまでも歌がへたな女性がいました。(詳しく検査したところ、インプット音痴と発覚)
それでも、しゃべり声は素晴らしくなり「良い声してるね」と周囲からの評価が高いため、日常生活では大満足していらっしゃるようです。
そして「一度良くなったら、もう悪くならない?」の質問も多いですね。
これも正確にお答えできな問いです。
これまでも「會田先生に良くしてもらってから、その後、ずっと調子が良いです」と言う方もいれば、「良くしてもらってからの1年半は好調が続いたのですが、最近はまた昔のように喉に力を入れて声を出すようになってきました」と再びお越しになる方もいます。
理由は“癖”の存在。
とくに力んで発声する癖を、長年にわたって身につけていたひとは、何らかのきっかけで戻ってしまうケースがありますね。
ただし、筋肉には反応力と記憶力がありますから、良い癖も覚えているため、再び良い状態に戻すのは容易と感じています。
喉も、のびのび気楽に声を出すのが好きなようです。

声って本当に不思議です。
多くの喉に触れ、多くの声を聞き、長大な時間をかけて研究してきましたが、まだまだわからないことばかり・・・
やはり、もともと声帯は声のためでなく、そこから奥に異物が入らないように作られた防御壁であった仮説が正しい気がしてきます。
なぜなら、喉頭周辺筋の動き方も存在の意味も、複雑で結構いい加減だから。
使っていない筋肉、使うことで声に悪影響となる筋肉・・・
わたしの「どうして?」が多すぎます。
そう、現状は、きっと、より良く発展する途中なのでしょうね。
進化を続け、数億年後、喉頭の運動はシンプルかつ合理的になっていることでしょう。
そうなれば、「声が詰まる」とか「高音が出ない」なんて問題はなくなりますよ。
世の中の全員が同じように美声。
ん~、もしかすると逆に味気ないのかも。
e0146240_20131857.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:内喉頭に関しては、まず、優秀な音声専門医に診てもらいましょう。優秀な…





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-26 00:08


イメージトレーニングは大事です。
しかし、それらは論理的でなければなりません。
絶対正論でなくても構いません。
これまでのスポーツ科学でも、ある説が流行したかと思うと、その真逆の理論が席巻することも多々ありますよね。
これと同様。
したがって、イメージトレーニングを行う(または、習う)場合は、「どのような意味があるのか?」「そこそこ正しい科学なのか?」「効果があれば反作用も存在します。反作用が生じた場合の影響はどのようなものか?」などを自問自答したり指導者に尋ねたりしてください。
わたしも歌うとき、各種イメージを実行すると、「高音がきれいに出る!」とか「超楽に歌える!」と喜んでやっています。
さらに、方法によっては、メンタルも強化できる可能性も大いにあります。
本番や収録前に、心を落ち着かせるのにも役立つことでしょう。
しかし、喉ニュースではすべてをお伝えできません。
やはり、非論理的な部分や曖昧な内容が多いのです。
喉ニュースにアップしているイメージ関連記事は、75%以上の正しさがあるだろうと考えられるものに限って載せるようにしています。(裏返せば1/4は間違っているかもしれないのです)
また、驚くような効果のある「コツ」的イメージ法は、ひみつの声で小公開しています。(発見するのに多大な労力と時間がかかっていますからね・・・)

イメージ法は無数にあります。
個人個人によっても異なるでしょう。
したがって「これだ!」と言った絶対正解はありません。
新しいイメージ法が、この先もたくさん出てくると思います。
是非、十分ではなくともおおむね学術的に正しいレベルの手法を編み出し、ステキな声を獲得してください。
e0146240_19595921.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



追記:歌や声に関するイメージは、それらを生成する動力源である“筋肉”の動きと、その物理現象を十分に検討すると、ある程度の正しいイメージ法が浮き上がってきますよ。
喉頭の場合は、輪状甲状筋・後輪状披裂筋・外側輪状披裂筋・斜披裂筋・横披裂筋・甲状披裂筋・声帯筋・甲状喉頭蓋筋・顎二腹筋・茎突舌骨筋・顎舌骨筋・オトガイ舌骨筋・胸骨舌骨筋・胸骨甲状筋・甲状舌骨筋・肩甲舌骨筋。
舌の場合は、オトガイ舌筋・舌骨舌筋・茎突舌筋・上縦舌筋と下縦舌筋・横舌筋と垂直舌筋。
口腔の場合は、口蓋帆挙筋・口蓋帆張筋・口蓋垂筋・口蓋舌筋・口蓋咽頭筋。
咽頭の場合は、上と中と下の咽頭収縮筋・茎突咽頭筋・。
呼吸(胸郭)の場合、内&外肋間筋・肋下筋・胸横筋・肋骨挙筋・上&下後鋸筋・横隔膜。
個体差や破格を十分に検討して、自分自身に最適かつ有効なイメージ法を見つけ出してください。
e0146240_2004639.jpg





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-23 03:34


最初に言葉の解説。
過励(かれい)とは「励(はげ)み過(す)ぎる」意味の個人的な造語です。
簡単に申せば『がんばりすぎ』のこと。
一般的には通用していません。
この点をご了承ください。
さあ、ある検証です。
カラオケと生伴奏(キーボード演奏)で同じ曲を歌います。
それぞれ歌い終わったとき、体の疲労状態と、喉の筋肉の張り具合を比較します。
体の疲労は、歌った本人の自覚や感想。
喉の筋肉の張り具合は、繊細な触診。
その結果、生伴奏のときに比べ、カラオケのときは疲れが大きいと感じるようです。
また、カラオケを歌った後の外喉頭筋はやや張っていました。〔弾性増加〕
筋硬度計でも比べましたが、この装置では大きな数値変化は見られませんでした。
やはり客観性には欠けますが、慣れた触診の方が変化を探知しやすいと思われました。
これらのことから、生伴奏で歌うより、カラオケで歌う方が疲労度合が高いのではと推測されます。
なぜでしょう?
これは、カラオケの場合、伴奏曲がかなり主張しているため(音量や音圧を含む)、歌う側もフルボイスで負けじと声を出すからではないかと考えます。
つまり、勝負するものではありませんが、はりあっているようなものです。
もちろん、カラオケを製作したひとは歌い手のことを第一に考え、より良い伴奏曲にしようと一生懸命に作ってくださっています。
すなわち、カラオケ曲そのものが、一つの作品として存在することを意味します。
その曲と、それを利用して実際に歌うひととで『合作』して作品を作りあげていかなければなりません。
加えて、歌う側からすり合わせていく努力も疲労につながるのではと考えます。
エンジョイする程度なら、カラオケをうまく利用できるでしょう。
だから、カラオケはステキ。
わたしも大好きで、ときどきカラオケボックスにこもって楽しんでいます。
しかし、がんばり過ぎてしまう。
その点、生伴奏ならば、腕前にもよりますが、リズムや呼吸を歌い手に合わせてくれるため歌いやすくなります。
そう、歌うことだけに集中すればいいのです。
とくに伴奏者が、歌手を主役として立てるポイントを知っている場合は、極上の曲に仕上がりますね。
だからこそ一流歌手は伴奏者にこだわるのです。
皆さんもカラオケの過励発声には気をつけましょう。
度が過ぎると、過緊張性(努力型)発声や音声障害の病気にもなりかねません・・・
e0146240_18261897.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:長時間歌った場合、生伴奏に比べ、カラオケでは「ガラガラ声」になる率が多いのも判明しています。このケースの「ガラガラ声」は、①声帯のむくみ、②声帯粘膜の乾燥、③筋疲労による発声関与各筋の動作不良などが考えれます。カラオケを歌い過ぎて声が嗄れるのも【カラオケ過励発声】だと言えるでしょうね。



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-19 04:30

各種講演のお知らせ


各種講演のお知らせ


10月17日(日)と18日(月)


●京都講演
●名古屋講演
●無料相談会


お待たせしました。
さらなる進化を遂げている外喉頭科学と簡単喉体操をお伝えします。
(すべてのコースは既に満員だそうです:主催は当サロンではありません)
以下が講演内容
1:喉の仕組み〔声の5大原則〕
2:高音発声の真のメカニズム
3:「喉を開ける」とは?
4:簡単喉体操(時間によって1~3種類を準備)
5:質疑応答(時間が許す限り全60分内です)




Study & Enjoy




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-16 00:35


前記事に引き続き・・・
この数か月、ジャンルを問わずDVDばかり観ています。
飽きるほど繰り返し繰り返し・・・
時間があれば、朝から深夜まで。
またまた判明したことがあります。
以前から感じていましたが、やっぱり共通点がありました。
さあ、いきなり答えです。(最近、長文が苦手です‐陳謝‐)
歌声に響きや色艶をつけたいとき、、とくにクラシックでは、舌【した】を使うこと。
どのように?
舌を、やや奥に移動させながら回転させて下方向へ移動させます。
舌奥を深く入り過ぎない(つまり口蓋垂や咽頭壁に触れないこと)で、回転軸はオトガイ棘と舌扁桃の二等分した舌体中心です。
できるひとには簡単な動作ですが、できないひとには超難しい・・・
ポイントは、舌筋と共に顎舌骨筋を動かすことですね。
この部分は核心となりますので、これ以上は伝授できませんのでご了承ください。(実は、音の科学と発声医学をリンクさせれば答えは導き出されます)
正確に動くと、舌骨が前に押し出され、まるで蛙のように顎下三角とオトガイ下三角がふくらみます。
これこそ『喉をあける(開く)』の典型になりますね。
素晴らしい響きと、自由にコントロールされた音色を奏でることが可能になります。
そう、聴くひとの心をゆさぶり、感動を与えることでしょう。
ただし、喉頭周辺筋に硬い癖を持っている方は、獲得するのが難しいと思います。
ともかく、声で最も大切な咽頭共鳴腔には舌が関与しているのです!
e0146240_2352511.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追伸1:マリア・カラス(好調なときのみ)、ルチアーノ・パヴァロッティ、フランコ・コレッリ(1970年以前)、ローランド・ビリャソンの動きが完璧に近いですね。また、プラシド・ドミンゴは、舌を立てた超絶技巧でカバーしています。なお、ウィリアム・マッテウッツィは舌の手法をやや異にしています。



追記2:数々のミュージックビデオから検証した結果、実は…、平井堅さんも独自かつ有効な舌の動かし方をしています。彼のキーワードは『舌内筋と舌外筋のバランス能力』でしょうか。舌中央をよ~く観察してください。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-16 00:33


この数か月、ジャンルを問わずDVDばかり観ています。
飽きるほど繰り返し繰り返し・・・
時間があれば、朝から深夜まで。
またまた判明したことがあります。
以前から感じていましたが、やっぱり共通点がありました。
さあ、いきなり答えです。(最近、長文が苦手です‐陳謝‐)
小さな音で歌うとき、とくにクラシックでは、唇【くちびる】を使うこと。
どのように?
下唇を下歯から離すように歌ってください。
決して唇をすぼめるのではありません。
また意識しすぎて固めてはいけません。
つまり、頬筋と口角下制筋をやや弛緩させながら口輪筋と下唇下制筋を存分に使いきること。
そして、あくまで自然に。
PやPPのときほど威力を発揮するはず。
イメージは、音の集中する場所が唇から5~10㎝先です。
ピッチと音色によって距離は異なります。
このイメージも大切。
残念ながら、これ以上詳しい技法はお教えできません。(ひみつの声〔歌うときの最強イメージトレーニング方法!!!〕に載せていますので、幸運の持ち主はそちらでご確認くださいませ)
メールはもちろん、サロン内でも質問不可。
ともかく、唇は重要。
さあ、唇を下歯から離して歌ってみてください。
驚くべき効果があるかも・・・!?
e0146240_2249423.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追伸1:この手法は、マリア・カラス、アンジェラ・ゲオルギュー、ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、ロベルト・アラーニャ、マルセロ・アルバレス、サルヴァトーレ、リチートラなどで確認済み!



追記2:誰を模して描いたかわかりますか?
e0146240_23133478.jpg





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-15 00:31


やや上級者向けのお話です。
喉頭周辺筋の柔軟性を獲得したら、積極的に『モノマネ』にチャレンジしてください。
TVで活躍するモノマネ芸人の外喉頭を診させていただいた折、「のどで何が起こっているのか!」を知ることができました。
詳しい『答え』はお伝えできませんが、実は・・・、声の音色に関しては咽頭共鳴腔を、言語の質に関しては舌奥を十分に使いこなしていたのです。
そして、トップレベルのモノマネ芸人の方々は、喉頭周辺筋が非常に柔らかい!
その結果、運動性能も素晴らしいのです。
よって喉頭の運動能力をあげるには、モノマネを推奨します。
ここでは“歌”ではなく“声”です。
好きな俳優さん、個性ある有名人や政治家などでOK。
例えば女性なら、神戸欄子さん、増山江威子さん(峰不二子)、椿鬼奴さん、倖田來未さんなど。
男性ならば、中尾彬さん、木村拓也さん、出川哲朗さん、渡部陽一さん(戦場カメラマン)など。
最初は、似ていなくても構いません。
恥ずかしがらず、どしどしチャレンジしてください。
録音したり、友人や家族にチェックしてもらったりするのも良いでしょう。
これらのモノマネをしているとき、似せるために、喉頭の動きが最大限に発揮されます。
特に共鳴腔と舌の使い方が極上になりますね。
これは、いずれ歌唱にも利用できますので、是非、お試しください。
それに、楽しいですよ~。
うまくなれば、飲み会や合コンで人気者になりますしね(笑)
e0146240_1892180.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記1:声のモノマネのポイントを二つ。咽頭共鳴腔を利用することは述べました。その手法として、一つは下顎をフルに使いこなすこと。下顎の動き具合をスムーズにしてください。とくに前方突き出しとスライド開口。モノマネタレントのコロッケさんがこの手法を存分に発揮していますね。二つ目は、舌骨小角を両中指先端で軽く引っ掛け、引き出しながら練習すること。咽頭共鳴空間の大きさや舌型を感知しやすくなりますね。皆さん、がんばってください!




追記2:なお、モノマネではなく腹話術になりますが、いっこく堂さんは舌を複雑に動かして、口腔内にもう一つ口唇を作り出すような超絶技巧を行っています。



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-12 00:07


外喉頭の施術、とくに初めてのアプローチは弱力かつ繊細に行っておりますので、筋肉が傷んだり反回神経が切れたりするような器質的損傷は一切ありません。
施術後に声の不調を感じるレアケースが起こり得るのは、①筋肉が超硬いひと、②不調になってからの期間が長いひと、③感受性が豊かなひと、が、A:筋肉が急にゆるんで違和感を得て発声しにくく感じてることがある、B:軽い揉み返し、C:これまでと違ってスルスル声が出ることに不安を感じる、事例がごく稀にあるからです。
繰り返しますが、器質的損傷は一切ありませんので、ご心配なく。


e0146240_21335964.jpg
如何なる場合も丁寧な施術を心掛けております




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-10-10 05:23