声道って何?


皆さんは声道という言葉を聞いたことがありませんか?
読んで字のごとく、声の道。
具体的にはどこなのか・・・
まず、声は音です。
これは普遍的事実。
その音はどこで作られるのか?
ご存じの声帯ですよね。
筋肉と粘膜から構成される声帯が、呼気によって、振動して音が作られます。
この音を喉頭原音と称します。
そして、その原音が、咽頭から口腔や鼻腔を通過して、体の外に出ていきます。
その際、各共鳴腔で音が加工されます。
ヒトの共鳴腔は五つあります。
声帯から近い順に、喉頭室・梨状陥凹・咽頭共鳴腔・口腔共鳴腔・鼻腔共鳴腔。
これらの共鳴腔のことを声道と考えてください。
実際、喉頭原音の音は、か細く小さな無個性の声です。
甲状軟骨の大きさによって異なりますが、男女の声の違いさえないこともあります。
基本的に声帯の役目は二つ。
声帯を振動させて音を作ることと、声帯を伸縮させて音程を変えること。
響きや音色は、ほとんど声道が関与しています。
そう、一人ひとり声が異なるの声道(共鳴腔)のおかげなのです。
ありがとう・・・

e0146240_9224354.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-31 09:19


少し前に製作した動画です。
この俳優さんの甲状軟骨は、形状が誠に優秀です。
・甲状軟骨が大きい
・甲状軟骨翼が広がっている
・縦と横のバランスが最高
・下部から上部に向かって拡大している
・適度な厚みがある
・上角の長さがある
しかし、大きすぎる点が、環境要因によって、持て余してしまうきらいがあります。
そう、良い時はとんでもなく良いのですが、一旦、調子を崩すとリカバリーに時間がかかってしまいます。
やはり、喉頭の位置が深奥傾向にあります。
そこで、甲状軟骨を前方に引き出し、輪状甲状関節を屈曲させ、共鳴腔構築と声帯伸長を完成させます。
e0146240_0122736.jpg

・声が大きくなります
・つるっと声が出ます
・声のきめが細かくなります
・倍音が形成されます
・音色に艶 (つや) が出てきます
良い声の状態を体験することで、発声能力向上を目指します。
なお、首皮膚を引っ張り、喉頭を固定傾向に押しやるため、構音関連筋には良くない操作となってしまいます。
その結果、残念ながら、他者への聞こえとしての音声そのものは劇的には良くなりませんが、聴力豊かな被験者には、改善の感得および解釈ができるようです。
つまり、美声の感覚を養うことができるのです。
それではご覧ください。(声質の小さな変化に耳を傾注してください)







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



追記:さまざまなご意見をいただきますが、やはり耳を鍛えてください。ほんの繊細な音色の違いを聞き分ける耳がなければ超エリート級の発声能力獲得は難しいと感じます。「どうしたらいいですか?」と頻繁に聞かれますので、簡単な方法をご教示させていただきます。お試しください。
e0146240_1043221.jpg

①同じクラシックの曲を異なる指揮者 (交響楽団) で聴き比べる
【 例 】
ⅰヘルベルト・フォン・カラヤンとカール・ベームで比べる。共に得意とするモーツァルト交響曲第41番やブラームス交響曲第1番2番あたりがお薦めでしょうか!?
ⅱ同じ演奏家による同じ曲を、グラモフォンとデッカの録音で比較してみる。
私は、この①ⅰⅱを、中学の時にやっていました・・・

②同じCDを異なるオーディオ機器で聞き分ける
【 例 】
ⅰスピーカーをタンノイ:ウエストミンスター・ロイヤルとB&W:800Dで、その他の機材は同一にして比べる。
ⅱプリアンプをマークレビンソン:No326Sとエステティクス:カリスト・エクリプスで、その他の機材は同一にして比べる。
これは面白そうです!

③違うメーカーの楽器で同じ音を奏でて聴いてみる
【 例 】
ⅰグランドピアノのスタインウェイA-188とベーゼンドルファーM185の単音を何度も何度も聴き比べる。
ⅱ手作りグラス (バカラやロブマイヤーなど) のふちを軽く叩いて音の微細な違いを聞き分ける。 《理由:まったく同じグラスでも、作った職人によって微妙に厚みや形が異なるため、音にわずかな変化が生まれます!》 《薀蓄:バカラは酸化鉛を含んでいますが、ロブマイヤーは鉛を含まないカリ・クリスタルです。音の質感の違いを聞き分けてみましょう!》

ここに記載したのは極上品ばかりです。もちろん手軽なものでも結構ですが、本物の音を極めるなら至高の逸品を聴きましょう。CDは入手可能ですし、ハイファイオーディオや高級楽器は各専門店にありますから、頼みこんで視聴や試奏させてもらいましょう。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-28 01:08


昨年、彗星のごとく現れたスーザン・ボイル(Susan Boyle)さん。
とってもピュアで魅力的な歌声を披露し、一躍、世界的に有名になりました。
今回は、彼女の歌声の秘密に迫ります。
実は、まだまだ映像が少なく、集めるのに苦労しました。
私の場合は、とくに首周辺のアップ画像が必要です。
最新のもので、記憶に新しいのは、2009年大晦日のNHK紅白歌合戦に応援参加した映像です。
You Tube はもちろん、知人の音楽研究家からも精度の高いソースをゲットしました。
そして、徹底的に調べました。
まずは、微細な喉の動きと、繊細な音を見極めるために使用した機材をお教えしましょう。(自宅スタジオ研究室に設置)

《映像および直耳聴用のオーディオ》
モニタ1:シャープ アクオス LC-52RX1W
モニタ2:シャープ アクオス LC-26P1
モニタ3:シャープ アクオス LC-26DX2
DVDプレーヤー:マランツ DV6001 改造エアボウ
プリメインアンプ:シーイーシー AMP6300
スピーカー:ソナス ファベール グランドピアノ ドムス

《繊細聴用のオーディオ》
CDプレーヤー:シーイーシー SD3800
真空管アンプ:スタックス SRM-006t
コンデンサ型ヘッドフォン:スタックス シグネチャー

素晴らしい機材によって、多くの情報をつかみました。
映像チェックは、各音の瞬間の違いを把握するために、なんと、3台のモニタを駆使するのですよ。(なかなか大変です・・・)
今回、残念ながら、各種権利を侵害してしまうため、動画・静止画・音のチェックポイントをお見せすることができません。
言葉でお伝えできることは・・・
「間違いなく咽頭共鳴のマジシャンである」 ことです。
彼女の首は太く二重あごに見えますが、それは脂肪が極端についているのではなく、音色を構成する空間の大きさによるものだったのです。
シンデレラストーリーの話の内容から推察するに、後天的に獲得したものでなく生得的なものでしょう。
つまり生まれ持った大きな共鳴腔と、それを自由に動かす才能があったのです。
また、真空管アンプおよびコンデンサ型ヘッドフォンで、何度も何度もじっくり聴きこむと、声帯 Tension の不正確さによる音の揺らぎと、横隔膜の不整惹起のためかラフな息づかいとなる個所が多々あることに気づきます。
つまり、内喉頭の可動性能は一般人と変わらず、歌唱テクニックも完成には至っていないと思われます。
しかし、それをカバーして有り余る共鳴空間率と動作性の素晴らしさ。
お見事です。
この部分によって、パワーに満ちながらも、透き通るような音が作られています。
もし、映像を見る機会がありましたら、無声から発声に移行する際の顎下の状態を、つぶさに観察してください。
ここぞ (聴かせ所) というとき、グワッと膨張する瞬間があります。
また、唇 (くちびる) 動き方と、顎関節の下制運動も立派なものです。
喉頭周辺筋に関しても、筋張る (すじばる) こともなく、柔軟性を保持していると思われます。
舌に関してもわかりましたが、彼女のオリジナルの方法と思われますので、この場での公表は控えます。
以上、映像と音のみによる検証でした。
あぁ、触診してみたいなぁ~




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:下の絵は、甲状軟骨の大きさと、その Position の違いによる共鳴腔空間の様子を表しています。(なお、スーザン・ボイルさんの喉状態でなく、一般論を記載してあります)

特徴
★ 甲状軟骨の大きさ  ふつう
★ Positoin  やや深奥
★ 共鳴腔の大きさ  ふつう (体積が少ない)
★ 音色の特徴  若干響きが少ない
★ その他  舌骨が押し上げられ滑舌が悪くなる可能性あり
e0146240_8433269.jpg


特徴 
★ 甲状軟骨の大きさ  大きい (甲状軟骨翼も張り出している!)
★ Position  前に出ている
★ 共鳴腔の大きさ  非常に広い (体積が多い)
★ 音色の特徴  艶のある響きが期待できる
★ その他  喉頭が自由に動くため歌がうまくなる可能性が高い
e0146240_8435957.jpg



甲状軟骨は茎突咽頭筋と茎突舌骨靭帯 (茎突舌骨筋も含む) によってぶら下げられています。したがって、喉頭周辺筋に十分なストレッチングを施して甲状軟骨の移動性を確保すれば、下絵のような理想的な喉を作り上げることは可能です。ただ、曖昧な筋肉が相手ゆえに確定的でないのが玉に瑕 (たまにきず) ですよね。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-26 03:23

能 研究


この日は、能(のう)研究でした。
e0146240_1753847.jpg


和唄は洋歌と根本的に異なります。
歴史や理論は他に任せるとして、基礎発声科学を論じてみようと思います。
以前、和唄は軟口蓋が大切である旨を記載しました。
実は、もう一つ重要な部位があります。
それは唇(くちびる)です。
この唇の重要性は洋歌でも同じですが、案外、ないがしろにされているのです。
能を唄う際の唇の重要性は、室町時代の唄い方本にも記載されてるそうです。
しっかりしたノウハウがあったようですね。
しかし、江戸時代に入ると、そのような本は姿を消してしまいました。
先人たちの高尚な知恵からしても、和唄に唇は重要であると判断できます。
楽器で例えるなら、唇はトランペットのベルやサックスの朝顔菅でしょう。
管楽器の音色を決める大事な部分です。

朗報です。
良い方法があるのです。
それは・・・、『エアすすぎ』 ← 詳しくはクリックしてください
唇の運動性能をアップさせる最良手段です。
和唄の場合は、とくに次に二点を気をつけ『エアすすぎ』を実行してください。
①唇と前歯の空間を大きくして空気をためて、しっかり動かすこと。
②舌の先部分を硬口蓋に押し当て、空気を後方部に移動させ、軟口蓋がふくらみ、口蓋垂が持ち上がる感覚になるよう行うこと。(下の横顔MR断面モザイク絵の黄色の面積部分)
e0146240_1525983.jpg

さあ、日本の伝統芸能を守りつつ、さらに進化させましょう!



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:能や歌舞伎の伝統芸能は、世襲制が多く、3歳くらいから稽古を始めます。たゆまないハードな発声で、喉頭捻転しているケースを多く見受けます。また、加齢現象も促進されやすく、かすれ声や細く高音になりやすいので、定期的なケアが必要だと感じます。とくに声帯萎縮には十分注意してください。そして、末長く活躍してください。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-25 17:52

巷(ちまた)では、「太っているひとは歌がうまい」とささやかれることがありますが、真偽はどうなのでしょう。
実は、太っているから歌がうまいのではなく、共鳴腔が大きひとが歌がうまいのです。
さらには、実は、歌がうまいと断言はできず、良い声がよく出る、あるいは、声が出しやすいために、歌がうまくなる可能性が他のひとよりも高くなるということなのです。
そして、歌に最も大切な共鳴腔は、舌骨周辺にある咽頭共鳴腔です。
首の付け根です。
共鳴腔は、楽器で例えることができます。
ギターならサウンドホール(穴)のある胴、ピアノなら響板とフレーム、サックスならボディから朝顔菅です。
きれいな音を出すには、最適な空間の大きさが必要です。
そう、通常、首周りの部分が大きくなれば、太っているように見えるかもしれません。
テストしたことがあります。
◎ 肥満型で首が太いひと
◎ 肥満型で首が細いひと
◎ やせ型で首が太いひと
◎ やせ型で首が細いひと
彼ら彼女らの声を聞きます。
質感、響き、運動性能、簡単な歌唱などです。
その結果、 最も「声が良い」「歌がうまい」と感じたのは、やせ型で首が太いひとと、肥満型で首が太いひとの一部でした。
肥満型で首の太いひとが二分されるには訳があります。
それは、次の実験で理解できます。
肥満型で首の太いひとの、舌骨最前部から喉頭隆起の厚みを、ノギスで計測します。(詳しい数値は割愛)
その厚みとは・・・、そう、皮下脂肪です。
すると、ある法則がありました。
厚みの少ないひとほど声が響き、厚みのあるひとは声がこもっていました。
このことから、皮下脂肪による首の太さではなく、本質的な首の太さがかかわっているようです。
当テストは、もちろん、耳だけを頼りにした主観です。
しかし、実際、CDやコンサートで「声が良い」「歌がうまい」と感じるのは、結局、一般聴衆ですから、間違っていないと考えます。
やはり、体型には関係なく、甲状軟骨や舌骨そのものが大きく、かつ、その周辺の柔軟性があるからこそ、首が太く見えるだけなのです。
甲状軟骨の大きさは、首の太さ(厳密には頚椎)に比例するといわれていますから、相乗的に考察すると、甲状軟骨が大きくなるほど首も太く見えることになります。
太っているひとだけでなく、やせていても背が低くても、首が太く甲状軟骨が大きいひとも多数おりますので、個人差があるのも特徴ですね。
結局、肥満型・やせ型が大切なのではなく、首周りの大きさだったのです。(皮下脂肪の太さはダメですよ!)


e0146240_15261620.jpg




さあ、共鳴腔を大きくして、素晴らしい声を獲得してください。
これらの空間を操作するのは、すべて筋肉や軟部組織の役目です。
共鳴腔を大きくする条件は、中咽頭収縮筋の柔軟性と、茎突舌骨筋の弛緩度と運動性です。
まずは、舌骨後端が中咽頭収縮筋に当たっていないか、固着していなかを確認してください。
次に、茎突舌骨筋の動き方を注視してください。
実は、茎突舌骨筋には並走する茎突舌骨靱帯があります。
ときどき、巻きついていたり癒合していたりするケースがありますから、決して見逃さないでください。
このような場合は、中咽頭収縮筋より先に茎突舌骨筋をアプローチしなければなりません。
また、茎突咽頭筋の関与の有無もチェックしておきます。
それらをふまえ、各筋肉のストレッチをしましょう。
丁寧に探り出して、繊細かつ効果的なストレッチです。
力の入れすぎは禁物です。(筋膜炎や筋断裂を起こしますよ!)
また、力が足りないと、効果がありません。
加齢や疲労で弛緩傾向にある場合は、スポット筋トレが効果的ですよ。
適切なケアが重要。
空間率を大きくして、自由にコントロールできれば、誰もが素晴らしい声や歌になる可能があります。
お試しください。

茎突咽頭筋と茎突舌骨靭帯の描かれた図
e0146240_8231568.jpg



茎突咽頭筋に、やや弛緩した茎突舌骨筋が並走している図
e0146240_8232838.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



追記1:首周りが細いにもかかわらず、甲状軟骨 (のどぼとけ) が大きなひとには、共通の特徴があります。それは・・・、喉頭の筋肉が硬いことです。やはり、支えたり動かしたりするのが大変なのでしょうね。音声医から過緊張性発声障害と診断された多くの患者さまで検証済みなのです。しかし、喉頭の柔軟性を十分に獲得すると、「声がつまる」 「なんとなく出しにくい」 「大きな声が出ない」 「響きがない」 から一転して、驚くべき美声になります。本当に驚きます!




追記2:クイズ
Q 上の女性二人の絵で、左右どちらの女性の声が良い (あるいは歌がうまい) 可能性が高いか?
A 右の女性

《解説》
左に比べ、右の女性の方が首が太いので、甲状軟骨や舌骨後部の共鳴腔が大きいように見えます。そのため、発声の好条件を備えており、声が良い (あるいは歌がうまい) 可能性があります。しかし、あくまで可能性ですからね。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-24 09:10

喉に導かれ、歌え


以前、著名なバイオリニストに聞いた話です。
「最高の演奏のとき・・・、楽器を弾こうとするのでなく、楽器に導かれるのです」
なんと深いお話でしょう。
そうです。
歌も同じです。
最高の歌唱のときは、喉から勝手に息が流れ出て、それが聞くひとの魂を揺さぶる歌になっているのです。
歌っている感覚さえなくなります。
それをかなえるには二つの条件があります。

①楽器 = 喉の形状や大きさが良いこと
喉の形が良い・・・、特徴を列記しましょう
ⅰ何よりも、まず甲状軟骨そのもが大きいこと (アップライトのピアノより、グランドピアノの音質がより良くなることと同じ原理)

≪正面から見た甲状軟骨の画≫
e0146240_9114068.jpg

ⅱ甲状軟骨板の角度が、高音を求めるなら広角 (鈍角)、低音を求めるなら鋭角がGOOD [青曲線]
ⅲ甲状軟骨の外縁より舌骨の方が大きいこと (より前方に存在すること) [橙矢印]
ⅳ舌骨の形状はV字型が好ましい [ピンク直線]

≪真上から見た甲状軟骨の画≫
e0146240_9203327.jpg


②楽器 = 喉がキチンと整備されていること
ⅰ喉頭周辺筋(とくに咽頭収縮筋と茎突咽頭筋)に十分な柔軟性があること [青枠内]
ⅱ舌骨上筋群がやわらかいこと [緑枠内]

≪左斜から見た外喉頭筋の画≫
e0146240_9283824.jpg

ⅲ輪状甲状関節が動くこと [紫円]
ⅳ輪状甲状筋が発達していること [緑枠内]

≪喉頭模型正面≫
e0146240_353488.jpg


さあ、あなたも喉に導かれ、思い通りの素晴らしい歌を披露してください



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:楽器が良いと、演奏技術も向上します。弾きやすい、扱いやすいは、絶対に必要です。整備不良の楽器を使ったことがありますか。気がかりで、集中した演奏が不可能になり、心にしみこむ音楽になりません。喉も同じ。未ケアの状態では、どんなに練習しても、歌のテクニックは身につきません。実際、自分の喉が整備不良かどうかもわかっていないひとばかりです。もちろん、ごくまれに、何もしなくても上記の条件を完璧に持ち合わせた人物を見受けます。甲状軟骨が大きく、形も最高。喉頭周辺の筋肉は柔軟性があり、輪状甲状筋も立派に動いているのです。生まれつきでしょうね。そのようなひとは、やはり、歌がめちゃくちゃ上手い。そして、自分の喉が素晴らしいことに気づいていません。自覚なしに、勝手に良い声が出て、歌がうまいから。そう、喉が極上のひとは、それでいいのです。さて、あなたの喉はどっち?



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-21 05:26


2009年の最後の記事で出題した 《お年玉ゲーム》 の答えです。
正解は、2008年11月18日です。
上から13文目「すで節関状甲状輪がのるなとトンイポでここ、てさ。」でした。
膨大な量のチェックとなるため、正解は皆無ではないかと思っていましたが・・・
なんと正解のお葉書を8通受け取りました。
厳正な抽選のうえ、当選者3名が決まりました。
ゲームにチャレンジした一人から 「正月すべて返上で読みましたよ。めちゃくちゃ大変。でも、とっても勉強になりましたね」 との談話をいただきました。
おそれいりました。
e0146240_018010.jpg






発声の科学は、カーレースの運転者に似ています。
誰よりも早く走り抜け、優勝したり観衆を魅了したりするのが目的。
自分の運転するマシンの性能や状態を、知っていたほうが良いのか悪いのか?
この問いに合致します。
ごく稀な天才ドライバーなら 「ぼくは天才だから、ハンドルとアクセルとブレーキさえあれば、どんな車でもへっちゃらさ」 と豪語するかもしれません。
しかし、一般的には 「このマシンは右カーブに強いが左にはクセがある」 とか 「雨が降った場合のタイヤのスピードリミットは・・・」 との情報を知っていたほうが戦いやすいはずです。
発声は、楽器とスポーツの要素をあわせ持っています。
「せっかく素晴らしい楽器 (喉頭の大きさや形状) を持っているのに、使いきっていない。もったいないなぁ」 と感じるひとが多いこと多いこと!



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




070.gif ★ 喉をケアすれば、歌うことだけに集中できます ★ 071.gif





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-20 00:09


茎突咽頭筋と茎突舌骨筋の角度は・・・
「大きい方が良いか?」 あるいは 「小さい方が良いか?」
《 作図中:赤が茎突咽頭筋、緑が茎突舌骨筋です。茎状突起からの角度を計測 》

e0146240_9342437.jpg

いま、この角度の違いで、深奥Positionの状況、および、舌骨後端の中咽頭収縮筋への圧力に変化があるかどうかを調べています。
両筋の起始である茎状突起は触知できますが、筋中央へ向かうにしたがって深部に移行し、状態が把握しにくくなります。
皮膚上に甲状軟骨を描き、さらに筋走行を書き足して、それぞれの角度と様子を見きわめる作業を行っています。
これらを検証できれば、甲状軟骨上部型過緊張性発声や舌骨後端固着型過緊張性発声の本態が解明でき、改善方法が見つかる可能性も大きくなります。
「何となく声がつまって出しにくい・・・」と感じている方々の朗報になるかもしれません。
結果を発表できる日があればと願っています。




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記1:かんたん講義です。のどぼとけ=甲状軟骨 (こうじょうなんこつ) は、声帯を入れるケースと考えてください。この甲状軟骨は、実は、空中にぶら下がっているのです。つり下げている筋肉が、おもに茎突咽頭筋 (けいとついんとうきん) です。そして、甲状軟骨の真上には、舌骨 (ぜつこつ) という馬蹄形 (またはU字状) の骨があり、舌をささえたり各筋肉が付着したりしています。その舌骨をぶら下げているのが茎突舌骨筋(けいとつぜつこつきん)です。どこからぶら下げているかというと、頭蓋骨からです。場所は、耳の穴の下あたりです。頭蓋骨 (ずがいこつ) に、楊枝 (ようじ) のような細い茎状突起 (けいじょうとっき) があり、そこからぶら下がっています。さて、この二つの筋肉が硬くなったり緊張しすぎたりすると、甲状軟骨は、ほんの少し、奥と上に入っていきます。奥に入ると、音を響かせる空間がせまくなります。また、息の出る量も少なくなります。したがって、声が小さくなり、こもった音になってしまいます。また、上がってしまうと、舌を圧迫するため、舌の動きが悪くなり、言葉をかんだりします。つまり滑舌が悪くなるのです。このように作用する二つの筋肉の角度によって、いろいろな現象が変化します。それらを解明し、改善すれば 「なんとなく声が出にくい・・・」 「ほんの少しつまる感じがする・・・」 の症状が治ることや、より良い声 【美声】 になるという話題でした。どうです、おわかりになりましたか?




追記2:茎状突起は、人間の骨の中でも、最も細く弱いものの一つです。そう、まるで楊枝のようです。むやみに探りだそうと指に力を入れると、かんたんに折れてしまいます。そう、骨折です。整復法はありません。手術による固定もできません。放置するしかないため、専門家以外は、決して触れないようご注意ください。筋 Tension の Symmetry が損なわれ、発声に悪影響を与えます。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-19 00:55


トップアーチストのレコーディングに立ち会うことが多々あります。
やはりCDをリリースしても、売れなければ意味がありません。
CDを世に送り出すには、それはそれは多くの人々がかかわっています。
その関係者全員の生活がかかっているのです。
さて、その中に録音担当のスタッフがいますよね。
ときにマイクに関して話し合いを持ちます。
そこで 「マイク乗りが良い・悪い」 を頻繁に耳にします。
今回は、外喉頭筋から考察する 「マイク乗り」 について検証してみましょう。
録音担当者からマイクの音響を学びました。
当然のごとく音は空気の振動です。
この振動を電気信号に変えるのがマイクです。
つまりマイクに振動を伝えやすくしなければなりません。
その効率が最も良いのが 『声の密度』 をあげることです。
声の密度?

音声波形を見てください。
オシロスコープを使用し、赤線も青線も同じ波形です。(突き出た部位の形状を把握しやすいため二本掲示)
次の図は、術前のひとの声の様子です。
「あー」 音の連続発声です。

e0146240_1244310.jpg

二つの事実がわかります。
まず、線にギザギザが多いこと。
二つめは、線の山谷の先端がとがっていること。
とくにマイク乗りに関しては、最初の線のギザギザが問題になります。
これは、音とがうまく出ていなかったり、声がかすれていたりして、実線になっていません。
また、二つめの鋭角の線は、過緊張性発声による 「硬い声」 を呈しています。
これらを踏まえたうえで、適切な施術を行います。
喉頭周辺の過緊張を取り去り、舌骨の前方移動による共鳴腔拡大して、「硬い声」 を改善します。
そして、輪状甲状筋の活動を促進し、その結果 「声を張る」 行為が可能になります。
それでは、術後のデータをご覧ください。

e0146240_12442972.jpg

あきらかに、変化しました。
線のギザギザがほとんどありません。
また、山谷の先端も、まろやかになっています。
そして、聞こえも良くなったのです。
施術を受けたひとが、驚くほど美声になりました。
術前術後の録音の比較も、ぜんぜん違っています。
「しなやかに響き、よく通る声」 になりました。
つまり、『声の密度』 があがったと言えます。

マイクは、音の波を、一旦、電気信号に変え、再び、音の波に変えます。
そう、波形の美しさが、即、声の良さに比例します。
あなたも 『声の密度』 を向上させ、マイク乗りも、聞こえも、極上にしませんか?




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-18 12:44


当サロンでの無料嚥下施術が話題となっております。
少しでも多くの方々の食事が楽しくなることを強く願っております。
さて、これまで 『嚥下マッサージ』 と表記していましたが、マッサージのようにもんだりたたいたりすのではなく、筋肉を伸ばして機能向上を目指しているため、2010年1月より 『嚥下ストレッチ』 と改名しました。
なお、過去の記事は変更せず、そのまま 『嚥下マッサージ』 となっていますことをご了承ください。

ストレッチする場所は、主に舌骨上筋群です。(ときに甲状軟骨周辺や口腔にもおよびます)
緊張と弛緩の具合を丁寧に触診で判別し、適切なストレッチを行います。
細かい筋肉を探り当て、両端から伸ばしたり、つまんで伸ばしたりします。
痛みはまったくありません。
永続的な効果は期待できませんが、ほんのひと時、食べる喜びにひたっていただければと思います。
ただし、個人差や筋肉の曖昧さが大きく存在するため、音声の施術よりも、効果があらわれない確率は高くなりますのでご了承ください。

e0146240_19434448.jpg

Don't you feel that it's a splendid picture?



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




嚥下 (えんげ) ストレッチ : http://enge.exblog.jp/




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2010-01-17 19:44