まずは漢字。
「咽」は「むせ」と読みます。
ノドの下位部がムズムズして痰がからんでいる感じがします。
ときに空咳も出ます。

さて、慢性的な咽で困っている人を多く知っています。
まずは呼吸器科で喘息や気管支炎などの有無をチェックしましょう。
次に耳鼻咽喉科で内喉頭や声帯に問題がないか診てもらいましょう。
複数の病院にかかり、それでも原因が分からない場合は当サロンの出番です。
頚椎と甲状軟骨および輪状軟骨のポジションならびに周辺筋群の硬度を計測して、自己的に迷走神経を圧迫していないか徹底的に調べましょう。
ここで簡単な実験です。
輪状軟骨部位を外皮から微弱な圧を加えると咽ます。(強く押さえると喉頭が損傷するので気をつけてください)
ほぼ95%の確率で咽ます。(残りの5%は、咽に強い体質か、神経が甲状軟骨近辺を走行していなかが考えられます・・・)
このようなことから自分の喉頭で圧を加え、“幻”の異物を感知してしまうことが予想できます。
最善の策は喉頭周辺筋をリラックスさせて頚椎前縁と甲状軟骨翼の距離を大きくすることです。
これには的確な検査と技術が必要です。
なお軟部組織(筋肉や神経)が相手ゆえ個人差があり改善不可の場合もあります。

迷走神経が圧迫されて起こる慢性的な咽の対処法の一つです。
やや冷たい水少量を数回に分けて口に含んで飲んでください。
温度をいろいろ試しました。
0℃、4℃、13℃、25℃前後、37℃、42℃です。
咽たときに飲む水の温度は13℃が最も効果的でした。
これは咽喉頭を穏やかに冷却して神経刺激を収めるようなものでしょうか。
量はほんの少量。
おちょこ一杯分くらいを時間を空けずに何度も飲みましょう。
食品用ヒアルロン酸液を若干添加すると治まりが一層スムーズでした。
お試しください。
ただし急性期の咽や程度が酷いときは逆に誤嚥しやすくなりますので飲まないでください!
e0146240_12404829.jpg



まとめ
迷走神経が圧迫されて起こる慢性的な咽の対処
①13℃の水を少量飲む
②施術で喉頭ポジションを改善する




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



追記1:ボイスケアサロン声専用キャンディも効果的な場合が多いことが判明しています。①咽そのものは無くならないが症状が軽減する②咽の回数が減る③咽の起こる間隔(時間)が長くなってくるなどです。喉頭内部の湿度が上がり声帯の柔軟性が獲得できるため呼気がスムーズになって咽現象に好影響を与えるようです。



追記2:この13℃はどこから出てきたかと申しますとワインセラー内のワインの最適温度からです。声に良い極上の天然水(いずれ発表します!)をワインセラーに入れておき13℃に保ってチェックしたのが経緯です。



追記3:私の甲状腺腫瘍の圧によっても咽が生じやすくなっています。感覚を鋭敏に研ぎ澄ますと、左右差までわかりますね。その際の圧力と咽の状態によって神経支配の様子も感じ取ることができるようになりました。ただ疲労や声の過使用で下咽頭収縮筋近辺および輪状咽頭筋周囲が硬化しているときは難しくなり症状も悪化します。同時にかすれ声および乾燥声になりがちです。かすれ声を是正しようとすると努力発声となり悪循環に入ってしまいます。私には、乾燥声に対してボイスケアサロン声専用キャンディが劇的な効果がありました。なめ続けると元の声に戻ります。(かすれ声には残念ながら無効と有効が時によって混在する状況でした・・・) さらなる綿密な観察と研究を継続し、皆さまにご報告いたします。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-31 12:52

嚥下マッサージ 無料


現在、私の技術が役立てばと願い、軽度の嚥下困難の方には1回/1~2ヶ月ほど、無償で嚥下施療を行っております。(15~20分程度のごく簡単な施術となります)
詳細や日時は 『 嚥下マッサージ 』 をご覧ください。
お気軽にお越しくださいね。
なお、自分自身の嚥下各筋の状態を詳しく知りたい方、充実した施術を受けたい方は、一般の施術日をご予約ください。
2015年以降、通常施術内で嚥下ストレッチは行っておりません。


食べる喜びをもう一度・・・
e0146240_5164853.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-27 05:26

甲状腺腫瘍


甲状腺に腫瘍あるいは腫瘤ができることがあります。
多くは良性ですが癌のこともあります。
大きさによって経過観察であったりエタノール注射であったり手術摘出であったり・・・
まず温存した場合、腫瘍形状(大きさ・厚み・硬さなど)と存在場所によっては「高音が出ない」「声が出し難い」ことがあります。
これは上喉頭神経外枝を圧迫するからです。
まったく声が出なくなることはありません。
ほとんどが、「何となく・・・」のレベルです。
でも、声に問題があるのは確かで「しゃべるのが億劫になる」「喉が詰まる感覚がする」「人と話すのが嫌になる」「高音が出ないので歌っても楽しくない」「微妙にかすれる」「声が張れない」「むせやすくなった」と訴えます。
同じように甲状腺摘出手術を受けた後に発症する人も多くいます。
もちろん反回神経麻痺の場合は声帯が不可動となりますので正常な声にならず日常生活も困難になります。。
先日、甲状腺疾患専門:伊藤病院:院長:伊藤公一先生とお話しましたが、手術時には反回神経や上喉頭神経外枝には細心の注意を払っているが甲状腺と神経の位置に個体差があるため仕方ないこともあるそうです。
癌がリンパ節や肺に転移すれば生命にかかわってきますので、やはり『声』より『命』の優先が正しい答えだと思います。
これまでは対処方法がありませんでしたが、フラップマッスル(広頚筋、胸骨舌骨筋、甲状舌骨筋、肩甲舌骨筋など)の状態や動きを見極めれば改善方法が見つかることもわかってきました。
ここから各論です。
腫瘍圧によって上喉頭神経外枝が不全麻痺形態となります。
これは、正座をして膝窩神経(ひざの裏の神経)が圧迫を受け続けると、足指が痺れて立てなくなるのと同じようなものです。
これと同じで、神経伝達がうまくいかないためか、輪状甲状筋の動きが悪くなります。
輪状甲状筋は声帯筋と声帯粘膜の伸長を担っています。
声の張りや高音に関係します。
したがって輪状甲状筋が可動しなければ、間違いなく、声帯が弛んで声門が開き過ぎて嗄声(かすれ)が生じたり、声帯の伸び率が衰え高音が出なくなったりします。
絞扼までいかなくても圧迫が長時間続いて、前筋麻痺や筋萎縮したケースもありました。
声だけに関すれば、放置してもしゃべれなくなることはないと考えますが、より良く改善を促進するためには喉頭環境のケアが不可欠ですね。
お大事になさってください・・・
e0146240_14223415.jpg







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)










追記

実は・・・、私も甲状腺腫瘍に罹っています。最近、伊藤公一先生にご高診いただき判明しました。左葉です。肥大化および癌化しないよう観察しています。このごろ、ときどき声が出難かったり高音発声がしにくかったりしていました。風邪を引いていないのに、むせや空咳も多くなりました。やはり上喉頭神経外枝への圧が強まったときに症状がでます。

今般、いろいろな理由から声が出難い皆さまのお気持ちがひしひしと本気で理解できました。自分を実験材料にできるため、その意味では腫瘍に感謝しております。

現在、当サロンで自分自身によるケアによってなんとか美声を保っています。(私の声が悪くなったら説得力に欠けますからね。ステキな声と言われるよう努力していますよ!-笑-)







~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2009-10-26 16:20


ピアノ(P)およびピアニシモ(PP)の実験報告で「複数回の施術で喉頭の柔軟性を獲得し自由に動く喉を作ります」と記載しました。
喉頭の柔軟性の獲得とはどのようなものなのか?との質問を多数いただきました。
一言で言えば「喉周辺のリラクゼーションの構築と維持」でしょう。
どのような場合でも、運動能力を阻害する主要因は 『過緊張』 です。
バッターボックスに入ってガチガチに緊張した状態でヒットを打ち続けることができると思いますか?
ガクガク指を震わせながらバイオリンを弾いて観客に感動を差し上げることができると考えますか?
そう、運動能力を最大限に引き出すには過緊張は大敵なのです。
また、声は、声帯を含め、すべて筋肉(軟部組織)で構成されています。
喉の中にスピーカーが入っていたり妖精がいたりしません。
以前、喉の奥には妖精が住んでいて、その妖精が声を作るのだから會田の説は間違っているとご指摘くださったボイストレーナーがいらっしゃいました・・・
この例えは非現実的メルヘンですが、最近、研究していて軟部組織の個人差や曖昧性に行き詰ることも多く、「あながち嘘でもないかなぁ」と感じることもありました。
話しを戻し、喉頭の筋肉たちにリラクゼーションを与えると、驚くほど声が良くなります。
この良くなるポイントは①声の張り感②フォルマントの拡大③響きの良さ④言葉の明瞭さ⑤声質の艶の増大などでしょう。
本当にびっくりすることも多々あります。(しかし耳が鍛えられていない患者さんはこの改善した声の変化に気付きません)
これが、喉頭のリラクゼーションの構築です。
これには当サロンでの緻密な施術が必須となります。(なぜなら、①喉頭の筋群は小さく複雑であること、②各筋の存在場所と動き方を正確に知っている人は皆無であること、③喉頭の組織が繊細かつ弱小ゆえ、無茶な施術は危険であるからです)
残念なことに即時効果はあるのですが、即時復元するのも筋肉の特徴です。
早いと数時間で、遅い人で1~2週間でしょうか。
何度か繰り返し喉頭にリラクゼーションを与えると、それらの復元する時間が伸びてきます。
つまり筋感覚が研ぎ澄まされることと筋記憶が明確になってくるためです。
これによって恒常的に喉頭のリラックス効果が保持できます。
この状態のとき、非常に声が出やすくなっています。
歌を歌っても思い通りに表現できます。(意識しなくても高音・低音・FF・PPが自然に発声できるのです!)
朗読すれば、誰もが息を飲むほど魅力的な声がスルッと出てきます。
発声障害の人は、病因そのものが治癒するものではありませんが、声を出すことが楽になります。
治ったときの感覚を取り戻すことが可能となり、それが継続すれば日常生活レベルの発声には問題なくなります!
このように喉頭のリラクゼーションの維持も大切になります。
さらには研究に研究を重ねた施術で、喉頭内部の血流(主に上喉頭動脈や上甲状腺動脈など)が増進し、その結果、酸素および栄養供給が潤沢となって声帯振動能力が向上することもわかってきました。
そうです、直接的に声を良くしたり病気を治したりするのではなく『声を出しやすい環境を整える』のが役目と考えています。
美声へのお手伝いですね。
機能性がアップできれば自由自在の声は獲得できます。
その一部としてピアノ(P)やピアニシモ(PP)の話題を取り上げたのです。
歌唱テクニック以前に、喉頭環境が整備されていなければ求める発声は不可能です。
これだけは間違いありません・・・



e0146240_1356915.jpg

調律せずギシギシ鳴る鍵盤のピアノを弾きたいですか?
錆びた絃のアコースティックギターを弾きたいですか?
立位体前屈で床から指先まで30センチも離れている体の硬さでスポーツが上達しますか?
肘が90度までしか伸びない関節でゴルフをプレーしたいですか?



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



追記:声が良い・歌が上手いと言われる方々の喉を触診させていただくと、無声時どころか発声時でも、もれなく喉頭が柔軟性に富みリラックスしていますよ。



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-25 14:07


歌唱テクニックさえ磨けばピアノ(P)やピアニシモ(PP)は上手くできるようになると思っていませんか?
どんなに過酷な練習を積んでも・・・
思い通りにいかない人。
人を魅了するピアノ(P)やピアニシモ(PP)が出ない人・・・
このような人は、喉頭もしくは呼吸あるいは両方が、正しく活動していない可能性が大です。

実験です。
喉頭がⅰ硬くⅱ呼気圧が低い人にピアノ(P)で歌ってもらいます。
そのときの声をしっかり記憶します。(録音するとなお良いでしょう)
次に複数回の施術で喉頭の柔軟性を獲得し自由に動く喉を作ります。
さらに胸郭拡大施術や呼吸法を教授して呼気圧を増やします。
その間、歌唱テクニックは練習しません。
そこで同じ曲をピアノ(P)で歌ってもらいます。
その声を以前の声と聞き比べます。
ポイントは、①声のきれいさ、②コントロール性、③響き、④小さな声でも遠くへ届くか、などです。
明らかに後者が格段に素晴らしくなっていました。

これまではピアノ(P)やピアニシモ(PP)はテクニックの習得にかかっていると思われてきましたが、喉頭と胸郭を整備するだけでも出来得ることが判明しました。
さあ、古い概念だけに囚われることなく、運動性と芸術性を正しく認識した上達を目指しましょう!

e0146240_1232521.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-24 10:44

声の3大ポイント


①声の音源は声帯の振動である
②声帯は筋肉と粘膜から作られる
③声帯は自分では動かず喉周辺の筋肉によって動かされる


したがって、声を良くするには、声帯の能力を高めることが必須。
その声帯の能力を高めるには、喉周辺の筋肉の動きを良くしなければならない!

そのために、喉頭の動きを詳しく調べ(各種検査)、物療や手技(細かい筋肉を探り出して喉と首肩周りのストレッチングやマッサージ)行います。
耳鼻咽喉科治療や発声訓練だけでは困難な分野をカバーします。

声帯模型(上から見た状態・中央の白い部分が声帯粘膜で赤い部分が声帯筋)
e0146240_092337.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:当サロンでは、機能性発声障害(痙攣性発声障害、音声振戦症、過緊張性発声障まど)や器質性疾患(声帯結節、ポリープ、声帯萎縮、声帯溝症など)の直接の治療は行っておりません。上記①~③に基づいて発声能力を高めると、改善傾向がご本人に自覚(感得)できるのが趣旨です。また、日々変化しやすい軟部組織が相手ゆえ、確実に声が良くなるといった確約はしておりません。(これは音声障害だけでなく、歌手やナレーターなどの美声獲得にも当てはまります)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-18 00:12


まず、「おはようございます」と通常会話声で言いましょう。
何度か繰り返して、そのときの喉の状態、息の流れ、声の質を感じ取ってください。
甲状軟骨を母指示指で軽く触れて、ほんの少しだけ押してください。
本当にちょっとだけですよ。
それでは、まったく同じ様に「おはようございます」を言ってください。
どうですか?
発声し辛い、喉が詰まる、声がこもる、声が平たい、だみ声になる、かすれる、息の流れが少ない、言葉を咬みやすい・・・
そうです、ほんの少しだけ甲状軟骨が奥に入っただけで発声が変わってしまいます。。
それも悪い方向へ。
過緊張性発声(発声時に力んでしまう)や喉頭周辺筋の硬い方は、この状態になってしまうのです。
どうですか?
お分かりになったでしょう。

逆に、皮膚上から甲状軟骨を引っ張り出すと、声がスルッと出る、声に艶が出る、声色が明るくなった、声の肌理が細かくなる、声が大きくなる、フォルマントが増すなどが挙げられます。
喉頭周辺が柔らかく、空間を持っている人は、常に極上の状態なのです。


【深奥の数値差による音声変化の検査】
e0146240_1443534.jpg

詳しい内容はお伝えできませんが、ポジションによる声の変化は1ミリ単位なのです。
つまり、甲状軟骨が1ミリ奥に入ると声が悪くなり、1ミリ前に出ると声が良くなるのです。
このような繊細な構造を成しています。


あなたも甲状軟骨を自由に動かす空間を構築してくださいね。(そうです、せっかく持っているグランドピアノを4畳半の狭い空間で弾きたいとお考えですか?)




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



追記:上記の喉頭ポジションの決定は、器質的特異性を除いて、すべて筋肉が担っています!



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-17 12:45

滑舌講座 2


滑舌向上に関して重要な筋肉をもう一つ。
それは茎突舌筋です。
字の如く茎状突起(前面)から舌(外側および下部)に走行しています。
想像してください。
茎状突起から舌へ行くとするならば、舌に近づくにしたがって地面に対し平行に近いことが!
この筋肉がTightな状態では、舌本体が奥に引っ張り込まれ、滑らかな舌運動は難しくなるはずですね。
そう茎突舌筋をしなやかにしてください。
舌の可動範囲が広くなり、細かい運動も可能になるため、滑舌が良くなるのです。
実際、滑舌の良いTV局アナウンサー(ニュースキャスター)を調べてみると、茎突舌筋の柔軟性が素晴らしいのです。
さらに歌を歌う時の構音もスムーズになり音楽能力もアップすることでしょう。(特に日本語を使用する曲:J-POP、歌謡曲、演歌、民謡、長唄など)
e0146240_9545924.jpg


ストレッチの方法
いずれ 『喉体操』 などの講習会でお伝えします。
かなり効果的です。
ご期待ください。



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:どうしても教えて欲しいとの要望をたくさんいただきましたので・・・、ちょっとだけ。45度開口状態で下顎骨を前方スライドさせ、それを保持したまま舌尖を突き出してください。注意点は、①ゆっくり行うこと、②最大限しっかり突き出すこと、③地面に対して水平に行うこと。また、茎突舌筋は舌を引き込む作用と舌の形を凹ませる作用があります。しがって舌を突き出したとき同時に舌の形を上が凸になるようにするとなお効果的です。ただし難しい作業ですし、正しく行わなければ意味がありません。かなりの運動能力または繰り返しの正確なトレーニングが必要かも。この点をご注意ください。さあ、どんどん滑舌を良くしてね!




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-14 14:23


実験です。
すべて同じリコーダー器材で、同じ奏者による30秒程度の吹奏
①息に変化をつけず一定の音程音圧で吹く
②スタッカート様に息と共に音を切り離して同音程で吹く
③オシロスコープで測りながら、その反比例の周波数を息でゆらぎをつけて吹く
④息で大きく抑揚をつけて音を動かす感じで吹く
この結果、③が最も自然にかつ聴き心地が良く感じました。
なお、①は感情の惹起がなく、②は機械的な単調さを受けます。
④は演歌でいう 『こぶし』 に該当し、抑揚をつけすぎるとわざとらしさを感じてしまいますね。
さて、③のゆらぎは1/fと言われるもので、ろうそくの炎、そよ風、水面、小川のせせらぎなど種々の自然現象の中にあります。

e0146240_763211.jpg

穏やかな躍動と静寂の連動を感得し、心が落ち着きます。
声で置き換えるとこれはビブラートになるでしょう。
適切なゆらぎは音色を豊かにし、聴く者を魅了します。
これは歌に限ったものではありません。
通常会話声にも活かせます。
これをトークビブラートと呼びます。
会話声の中に、場面に合ったゆらぎを構成させれば、他者の聞く耳を引き出し、説得力も増して、商談や恋愛の告白などにも大いに役立つことでしょう。
ただし、ゆらし過ぎには注意してください。
声が下品になって、まとまる話も木端微塵に吹っ飛んでしまいますよ。
トークビブラートにはコツがあります。
紙面ではお伝えし難いので、喉頭学会 や 喉体操 などで実践的にお教えします。
楽しみにしていてください。



ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-13 07:10


声が出にくい、声が変、声がかすれる、高音が出ない・・・、などの症状改善のために全国から多くの方々がいらっしゃいます。
ほとんどが 『一発で治るのでは!?』 と過大な期待をされて来院されます。
しかし1回の施術で完璧に改善できるのは極々僅かです。
ただし、即時効果は抜群で 「あぁ、声が出しやすい・・・」 「治ったような気がする!」 「おぉ、かすれが減ったよ・・・」 と感じます。
しかしながら筋肉 (軟部組織) の特性ゆえ、短い人で数時間、長い人で数十日で、元に戻っていきます。

それでは、どのように声は作られるのでしょう。
大雑把ですが以下の通りです。
声は、声帯の振動によって音源が作られます。
その音源を加工して美声にするのが喉頭室や咽頭などの共鳴腔です。
そして、声帯も咽頭も、すべて軟部組織 (筋肉と粘膜) から成り立っています。
また、声帯は主に開閉と伸縮の4つの運動だけです。
その運動を声帯は自身では行わず、喉頭周辺の筋肉が行っています。 (若干の収縮は存在)
したがって、声帯に器質的問題がない場合、喉頭周辺の筋肉の運動性によって声の良し悪しが左右されます。
このような状況です。

筋肉には、①反応性、②記憶力、があります。
さらに上記 ① ② に、それぞれ個人差があります。
あなたは鉄棒の逆上がりが何回の練習でできるようになりましたか?
このようなレベルなのです。
會田茂樹の施術は、喉頭周辺にある細かい筋肉を探り出して、①と②を見極めながら筋肉の運動性をアップさせて発声を高めます。

さて、1回の施術で良くなるケースを紹介しましょう。
それは、3か月以内に喉頭筋バランス異常を発症した人ですね。
この症状以外は、ある程度長期にわたる複数回の施術が必要だと思ってください。
原因としては、大声を出した、声を使い過ぎた、高音を出し過ぎたなどでしょうか。
筋肉のオーバーユースによって、左右差が生じたり多少チグハグに動いたりしているのです。 (神経損傷は含みません)
繊細な触診やビデオ検査で判明します。
そうです、やはり個人差はありますが、概ね3ヶ月以内なら1回で良くなります。
その期間を超えてしまうと、筋肉は悪い癖としてバランス異常を覚えこんでしまいます。 (発声するために力んでしまい、過緊張性発声が完全に身に付いてしまいます!)
こうなると複数回の施術が必須となります。
悪くなってから、時間が経過すればするほど、良くなるまでの期間と施術回数も増えます。
それでも一度は治さないと、生涯その状態が続きます。 (病気ではないため美声に固執しなければ問題ないと言えば問題ないのですが・・・)
声にトラブルや悩みがある場合は、できるだけ早めに受診されることをお勧めします。 (とくに喉に痛みなど存在する場合は、まず耳鼻咽喉科で声帯を診てもらいましょう)
e0146240_5133623.jpg




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)



~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-10-12 05:16