喉が自由になる!


過緊張性発声する方や喉詰め発声する人の喉頭は、茎突咽頭筋や咽頭収縮筋(輪状咽頭筋)などで奥上に引き込まれています。
当サロンの物療および會田茂樹の喉頭クリニカルマッサージで、甲状軟骨が自由自在に動き始めます。
初めて受診された患者様は、声が「スルッ」と出てくる感覚に驚嘆します。
そうです、発声は無理やりするものでなく、喉頭が恣(ほしいまま)に動いてこそ、あなたの音楽センスや歌唱テクニックが活かされるのです。
喉頭周辺筋が硬い患者様の術前と術後の甲状軟骨の位置を調べてみました。

まず、術前に側位の写真を撮ります。
茎状突起先端から喉頭隆起先端、喉頭隆起先端から第7頚椎棘突起先端まで直線を引きます。
その両距離を合計します。
術後も、同様に計測します。
その結果、個人差はありますが、最小2ミリから最大13ミリまで距離が伸びました。
これは、筋肉が柔軟性を得て、甲状軟骨が前方に移動したことを意味します。

e0146240_2353594.jpg

繰り返します。
喉頭は自由でこそ良い声が出せるのです。
縛りつけないでください!





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





過緊張性発声喉詰め発声を治そう!




追記1:甲状軟骨翼を親指と人差し指で軽くはさんで、ゆっくり奥に押して発声してみましょう。なんて声が出し辛いか。このような状態ではピッチやリズムをコントロールするのは不可能ですよね。素晴らしい声や歌を獲得するために、過緊張発声や喉詰め発声は必ず改善させましょう。そして、当サロンで発声の効率と能力を最大限に高めれば、聴く人を感動させる声や歌が可能になるのです。


追記2:このような外喉頭から詳しく研究し的確な施療を行っているのは、世界でも會田整骨院付属ボイスケアサロンのみです。北は北海道から南は沖縄まで、さらにアメリカやヨーロッパから治療を受けるために来院する患者様もいます。また、病医院から依頼を受けて施術することも増えております。


追記3:なぜ思い通りの声がでないのか? その答えはココにあります・・・




~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-10-29 15:53

吃音と舌の位置


最初にお断りしなければならないのは、會田茂樹の施術では吃音構音障害を完治させることはできません。
しかし、構音を含めた発声能力を高めることで、回復に向かわせたり、楽な発声が可能になったりするケースがあります。
さて、吃音改善は言語聴覚士による音声治療が主流ですが、ここでは舌の動きに注目しています。
複数の吃音を有する人を細かく観察していると、発声時の舌の位置と硬さが、健常の人とやや異なることに気付きました。
①舌先端が下前歯裏に一瞬触れることが多い
②発声時に舌骨上筋群を急激に硬化させる
残念ながら、吃音者全員に当てはまるものではありません。
なお、歩みは遅いのですが、外喉頭から考察した muscle state がわかりつつあります。
正しく発表できるよう、そして、吃音で苦しむ患者さまのためにも、さらなる研究を重ね頑張ります!

e0146240_2182313.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)







追記1:吃音の舌運動は、舌骨上筋群の影響を受けていることもわかってきました。舌の骨への付着は、下顎骨の内側(オトガイ棘)です。舌は舌骨で支えられています。そのため、舌骨上筋群に目を向けると、通常とやや異なる状態だったのです。それらの筋肉を施療で弛緩させ(柔軟性の獲得)、舌骨を下前方へ引き出して舌への圧を取り除くと、「どもる」声がなくなるケースも確認できました。しかし、すぐに元に戻ってしまいます・・・





追記2:世界保健機関(WHO)は、吃音を「小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害」と定義。そのため日本では、発達障害者支援法も吃音を精神障害の一種の発達障害に含めています。






~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-10-28 20:45

受験に備えよう!


受験に備えよう!《短期集中》

今年も、音大・音高・宝塚歌劇団の入学試験(歌唱)に対応する特別コースを設けました。
昨年の好評に引き続き、若干名実施します。


音大受験コース 月3~4回合計12回 2名
音高受験コース 月2回合計8回 1名
宝塚受験コース 月4回合計12回 1名


★最高の喉調律を行って、短期集中で、受験当日を極上の声に仕上げます。
★金額は25,200円/回 (税込)
★回数や頻度は、目的校や喉頭状態によって変動します。
★施術予約を誰よりも最優先します。(遠方来院者は連続施術も可能です)
★ボイスケアキャンデーやヒアルロン酸吸入を制限なくご提供します。
★自宅用電療および喉頭筋トレーニングキットを無償で貸し出します。
★声帯を保湿するための極秘メソッドをお教えします。(他言しないようお約束いただきます)
★歌唱レッスンは信頼する教師にお願いしてください。
★合否の結果は一切保証しません。
★最初に面接と喉頭の検査を行い、参加の可否を調べます。
★向上の意欲や可能性のない方は途中でもお断りする場合があります。
★私も本気で対応しますので、ほんの少数(合計4名)しかお受けしません。
★テニスの錦織圭選手を生んだ松岡修造氏の「修造チャレンジ」のようにお考えください!
★その他、世界レベルのコンクールにも対処していますので、お問い合わせください。




e0146240_23435158.jpg
OK, get success!





お問い合わせ
電話03-5449-6627
この件に関してましては、院長の會田まで直接お尋ねください。
そう、全受験生の中で ナンバーワン の喉状態で試験に臨もう!



★このプランは終了しました(2016年1月)





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2008-10-26 00:15


昨日(2008年10月23日)、お招きを受け、杉良太郎さんの劇とコンサートに行ってきました。
大阪の新歌舞伎座です。
開演前に、杉さんの楽屋見舞いに行きました。
百戦錬磨の大スターだけあって、開演15分前まで余裕綽々で、色々なお話をいただきました。
共演の山川豊さんにも会いました。
杉さんがプローデュースした劇「矢立ての杉」と、杉さん・山本譲二さん・山川さんのコンサートで、4時間もの熱演&熱唱でした。
やはりライブは最高です!

e0146240_2141514.jpg





ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2008-10-24 20:37

ライブは最高!



私は毎年、オペラ・コンサート(和洋その他)・リサイタル・歌舞伎・バレエ・演劇などをライブで年間30~50本ほど観ます。
知人や通院者様のものから、プロダクションからのお呼ばれまで・・・
やっぱりライブは最高ですね。
実は、昨日(2008年10月21日)も東京文化会館で開催されたウィーン国立歌劇場の「コシ・ファン・トゥッテ」にお招きいただき、観てまいりました。(もちろん小澤征爾氏のフィデリオやロベルト・デヴェリューも観劇します)
久しぶりにリッカルド・ムーティ氏の指揮を堪能しました。
e0146240_045256.jpg


喉頭を触診するのも重要ですが、真実の音声を聴くのも大切です。
何が良い音なのか。
そのとき、どのように喉頭は動いているのか。
時に一流の歌手や俳優の喉を触らせていただくと、いつも感動に打ち震えます!
多くが、柔らかくしなやかで、しかしプリプリと筋肉が力強いのです。
柔と剛を併せ持っています。
やはり、声は、声帯も含めすべて筋肉で作られるのを再認識しますよ。
あなたも至高の喉頭運動を獲得してください。
素晴らしい声は、瞬時に相手に伝わります。
声で感動するってステキなことですね。







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)






追記:本日の前に行ったライブの情報をお伝えしましょうか。それは、10月10日に行った美輪明宏音楽会<愛>です。(PARCO劇場) 美輪さんの艶やかでパワフルな声に感激しました。終了後に、楽屋でごあいさつさせていただき、いつもながらの穏やかさと美しさのオーラに驚嘆です・・・。






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2008-10-22 00:45



自宅でできる音声振戦症の患者様のための発声トレーニングをお伝えします。
内容は、前回記載した痙攣性発声障害の患者様のための発声トレーニングと同じです。
ただし、少し異なる点があります。
それは道具を用いることです。
痙攣性発声障害の場合、甲状披裂筋などの痙攣によって声帯が過内転や突発外転しますが、音声振戦症は、軟口蓋や喉頭蓋付近の震えを伴うことが多いため、その症状を考慮し、紙コップを口元に密着させて行います。
e0146240_21142410.jpg

空気が漏れないようにしっかり密着させるのがポイントです。
呼気が発症部位に圧を加えるため、振戦がやや軽減した症例が幾つかありました。
その他は、痙攣性発声障害の患者様のための発声トレーニングと同じです。




最も苦手な母音 【あ・い・う・え・おのいずれか】 を選びます。(ここでは“あ”を選択)

1:あー、あー、あー、あー、あー、・・・と語尾のピッチが低くなるようゆっくり20回発声
2:あー、あー、あー、あー、あー、・・・と語尾のピッチが高くなるようゆっくり20回発声
3:あーあーあーあーあーあーあーあーあーあー、と10回を8秒前後で息継ぎなしに発声し、5回繰り返す
4:あーあーあーあーあーあーあーあーあーあー、と10回を4秒前後で息継ぎなしに発声し、5回繰り返す
5:あー ⇒ ぁー、と大きな声から息漏れの小さな声に変化させながら、ゆっくり10回発声
5:ぁー ⇒ あー、と息漏れの小さな声から地声の大きな声に変化させながら、ゆっくり10回発声

実際に発声している状態をビデオにしましたのでご覧ください。









痙攣性発声障害と同じように、この訓練によって音声振戦症が完治することはありませんが、発声に必要な筋肉の動きをスムーズにして、震える感覚が少しでも軽減できればと願っております。






ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-10-21 00:29

がんばってくだい!


がんばって・・・、無理せずに・・・、快癒を心より祈っています。
少しでも、少しでも良くなるよう、私も全力を尽くします。

いま、多くの過緊張性発声障害、痙攣性発声障害(SD)、音声振戦症、音声衰弱症などの機能性発声障害の方々が続々来院してきます。

聞き返されるのが辛い・・・
電話の会話が苦しく怖い・・・
喧騒な場所でまったく話せない・・・

いつも本当に大変だと胸が締め付けられます。
確かに、簡単に治る病気ではありません。
現代医学では、完治が難しいかもしれません。
当サロンでも個人差が激しく、アッと言う間に改善する人もいれば、残念ながら1年以上施術を行っても変化しない人もいます。
しかし、軽症なら、筋肉運動の活性化で、症状が感じないほどにまで乗り越えた仲間が大勢います。
これらの疾患の方は、声を力ずくで出す傾向が強いため、筋弛緩(柔軟性の獲得)と喉頭内(声帯)への血流促進がカギとなります。
私も出来る限りの力を注いで改善に全力を尽くしますので、あきらめず気持ちを明るくして生活しましょう。

応援エール:名字のイニシャル(複数重複)
Aさん、Dさん、Eさん、Gさん、Hさん、Iさん、Kさん、Mさん、Nさん、Oさん、Sさん、Tさん、Uさん、Wさん、Yさん・・・ あきらめないで。
まずは、良くなると信じてがんばってください。
私も新施療方法を求めて一緒にがんばります。

e0146240_213864.jpg







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)







~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-10-20 23:51


痙攣性発声障害


自宅でできる痙攣性発声障害 【けいれん性発声障害】 の患者様のための発声トレーニングをお伝えします。
最も苦手な母音 【あ・い・う・え・おのいずれか】 を選びます。(ここでは“あ”を選択)

1:あー、あー、あー、あー、あー、・・・と語尾のピッチが低くなるようゆっくり20回発声
2:あー、あー、あー、あー、あー、・・・と語尾のピッチが高くなるようゆっくり20回発声
3:あーあーあーあーあーあーあーあーあーあー、と10回を8秒前後で息継ぎなしに発声し、5回繰り返す
4:あーあーあーあーあーあーあーあーあーあー、と10回を4秒前後で息継ぎなしに発声し、5回繰り返す
5:あー ⇒ ぁー、と大きな声から息漏れの小さな声に変化させながら、ゆっくり10回発声
5:ぁー ⇒ あー、と息漏れの小さな声から地声の大きな声に変化させながら、ゆっくり10回発声




実際に発声している状態をビデオにしましたのでご覧ください。






SDの方は初音が出難いケースも多いため、上記の発声トレーニングがやりにくい場合は、次のいずれかを試してください。
1:片手もしくは両手の掌(てのひら)で壁を力一杯押しながら行う
2:両手に中身の入ったペットボトル(500ミリリットル~2リットル)を持った状態で行う
3:下顎の正面中央を、指で軽く押し込みながら行う【参考ビデオあり】
4:電動歯ブラシを用いる某方法(残念ながら、これは喉頭解剖と触診技術に長けていないと無理です・・・)




この訓練によって痙攣が完治することはありませんが、発声に必要な筋肉の動きをスムーズにして、詰まる感覚が少しでも軽減できればと願っております。







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





追記:なお、過緊張性発声の方にも有効です!

e0146240_212387.jpg





~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-10-19 00:06

横隔膜 序章


とうとう呼吸について書く時が来たようです。
当サロンでは胸郭に関する施療を行ってきましたが、喉頭に比べ曖昧な部分が多かったため記載を控えていました。
ここまで解明してきた事実をお伝えします。
なお、発声から検証する呼吸にはまだまだ未知の部分もあるので、100%正論ではない可能性もあることをご承知おきください。

発声は大まかに、呼吸・声帯・声道(共鳴腔)の3つの構成で成り立っています。
特に今日は肋間筋の重要性について書きます。
肺は胸郭(肋骨内)でぶら下がっています。
もし、肺を取り出したり、胸に穴があいてしまうと、肺は急速に収縮してしぼんだゴム風船のようになります。
胸郭(肋骨内)の内部は真空状態ゆえ、肺は大きく存在し、その内圧と外圧によって大きさを変えて呼吸を行います。
皆さんがよく耳にする横隔膜は、随意的にも動き不随意的にも動く、特殊な筋肉束です。
つまり、意識して動かすこともできますが、無自覚でも勝手に動いて呼吸しています。(無意識でも動かなければ死んでしまいますよね)


起始
胸骨部 剣状突起の内面
肋骨部 下位6つの肋軟骨の内面
腰椎部 2本の腱膜が第3および4腰椎前面部から作られる
停止
ドーム状に上方に向かい腱性線維に終わって腱中心を作る
神経
横隔神経(甲状腺や胸部の手術で横隔神経の断裂や損傷を起こし、片方の肺が動かない患者様も多く診ています)


よろしいでしょうか。横隔膜のキーポイントは、ドーム状の筋および軟部組織が「里芋の葉と茎」、「味噌汁で使う“おたま”を反対にして柄を縮める」のような形状なのです。決して単純な形ではありませんよ!!!!!
e0146240_2305174.jpg




この横隔膜は、自発的に動かすことが困難で、他力的に活躍させることができます。
そのキーポイントが「肋間筋」です。
肋間筋には2種類あり、内肋間筋と外肋間筋があります。
e0146240_2313085.jpg




これらの筋肉は肋骨の間に存在します。
内肋間筋は呼気に働き、外肋間筋は吸気に働きます。
内肋間筋が収縮すると、胸郭内部の体積が減少し、息を吐き出します。
外肋間筋が収縮すると、胸郭内部の体積が増大し、息を吸います。
これまで意外にも蔑にされてきましたが、良い声のための呼吸には、肋間筋が大変重要な役割を担うことが判明しました。
そして内外肋間筋が十二分に躍動するには、肋骨の動きが必要なのです。
そう、胸郭がスムーズかつ自由に動かなければ、コントロールされた呼吸、すなわち発声はできません。

ついに発見しました。
胸郭の運動性がアップする方法を!
その最重要ポイントは胸椎の側面にある《肋椎関節》です。
この関節の可動域が少ないと胸郭の自由度が少なく、また、内外肋間筋も上手く動きません。
肋椎関節のモビリゼーションと内外肋間筋のストレッチングを施した場合・・・
肺活量が3~10%程増加する
息のコントロールが容易になる   
横隔膜の支えを実感できる(横隔膜を緊張させながら低位置に保つことができる → 一定の呼気が可能になりブレスが驚くほど長くなる!)
となります。
さらなる詳しい内容は当サロンの施術内で行っていますので、声を大切にする歌手・役者・声優・アナウンサーなどのエリートボイスユーザーにはとてもお勧めです。
あなたも、さらに良い声を目指して、肋椎関節と肋間筋を見直してみましょう!




ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)




追記:多くの発声指導家に会いますが、本当の正しい横隔膜を知りません。実際、あまりにいい加減なことを言いすぎです。横隔膜があたかも意識的に自由自在に動いていると勘違いしていますが、本来は胸郭および腹腔内部の圧力と肋骨の動きにも、かなり依存しています。それゆえ呼吸法を誤って、本当にうまくなるはずの歌い手をわざわざダメにしているのです。残念なかぎりです・・・




横隔膜の真実を知ってください!





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2008-10-17 00:29

本当の病名は何?


当サロンには音声障害の患者様が全国から大勢来ます。
病状は大きく二つにわかれます。

1:声帯などに明らかな問題がある場合
2:声帯には問題ないが発声に支障がある場合

1は、主に声帯結節、ポリープ様声帯、声帯萎縮、声帯溝症、声帯浮腫などです。
これらはファイバー検査で確実に視認できるため、どの医師に診ていただいても同じ診断名になることが多いのです。
実は、多いというだけで、まったく違う診断名を付けられるケースも多々あります。
声帯結節やポリープ様声帯は確定し易いのですが、声帯萎縮や声帯溝症は程度によって異なります。
ある病院では問題ないと言われたが別のクリニックでは声帯萎縮と言われる・・・
某クリニックでは声帯溝症と診断されたが、他院では溝は無く、声帯浮腫だと聞かされた・・・
声帯浮腫に至っては、どのくらい腫れたら病気でどこまでだったら正常範囲なのかわからないケースが多いためか、てんでばらばらです。
同じ人を同じ日に複数回のファイバー検査をしたことが幾度もあります。
そのとき気づいたことに、毎回、まったく同じ画像にはならないのです。
ファイバーの先にカメラが付いていますが、挿入角度や距離が少し変化しただけで見え方が異なります。
また、咽頭反射が強い人は、声帯間近までカメラが到達しないので、患部が正確に見えないことでしょう。
下の二枚の写真は同一人物です。(同日医師の撮影)
あなたは、この二枚が同じ人であることや病名や男女識別が咄嗟にわかりますか?
e0146240_14252223.jpg

e0146240_1434172.jpg



2の機能性発声障害に至っては、三者三様です。
ファイバーで診ても異常は何もないため、音声に疎い医師は「たぶん喉頭炎でしょう」「心療内科を紹介しましょう」と言い放ってしまいます。
注意深く発声時の振動状態を見極めていかなければなりませんが、それでも様々な傷病名が付きます。
ある病院では痙攣性発声障害、次の病院では過緊張性発声、次は音声衰弱症、次は音声振戦症、そして反回神経不全麻痺・・・
まさに病名のデパート。
なかなか治らないため、最後に当サロンにやって来ます。
各種発声障害には喉頭周辺筋も大きく関与しますから、当サロンの外皮からの濃密かつ的確な施術で、快方に向かうケースが多数あります!
そう、声は、声帯も含めすべて筋肉で作られているのですから。
喉は機械仕掛けではありませんよ。
特に、平成20年9月からの施療は、超音波治療・レーザー治療・微弱電療などで、喉頭内のインナーマッスルに絶大な効果を与えることができるようになりました。  施術の様子
活躍している歌手・俳優・声優やTV局アナウンサー、有名なボイストレーナー達が「おぉ、声がスルッと出るこの感覚はすごい!」「いきなり音域が2オクターブも増えた」「どんな音声でも軽くコントロールできるよ」と絶賛をいただいております。
また、音声障害の方は、長い間、声がれ・かすれ・詰まり・声が出し難い・大きな声が出ないなどで苦しんでいらっしゃいます。
本当にお辛いと思います。
そのような方にも、喉頭インナーマッスルの筋緊張緩和と上喉頭動脈の血流量改善で、かなり楽な発声が可能になります。(病歴が長い人は、筋肉が柔軟に動いて発声することを忘れてしまっているため、一部声が出難い感覚を得る人もいます)
多くの病院をめぐって、ついに当サロンにお越しになり「結局、私の病気はいったい何ですか?」と聞かれます。
残念ながら、會田茂樹は柔道整復師であり医師でないため病名を付けることはできませんが、それにしても多様な診断結果に驚くばかりです。
音声を専門とする医師は少ないため、私は全国の優秀な音声医師の名前を知っています。
その有名医師の元で治療しても良くならないため、違う病院へ行くと違う病名を言われることもあるのです。
機能的な音声障害の診断には、患者様の声の苦しみに耳を傾け、発声時に何が起こっているかを考える想像力、そして最も大切な音を聞き分ける 『良い耳』 が必須です。


優秀な音声医師を知りたい方はお気軽にお問い合わせください。
以前にも紹介しましたので参考まで ⇒ 2008/03/14 優秀な音声治療者を教えましょう






e0146240_1502610.jpg








ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)








当サロンは喉を治療する医療機関ではありません。外皮から頚部(主に前面部)の施術をすることにより発声能力を高めて 「声を良くする」 のが目的です。喉や声に異常のある方は、最初に医師の診察を受けてください。(必ず優秀な医師にかかってくださいね!)

病名はどうあれ、結局、患者様の辛さや苦しみを取り除くことが最重要だと思います。





~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-10-15 05:27