咽る人(むせるひと)


耳鼻咽喉科で検査を受けても何の疾患も見つからないが咽が治らない人が大勢います。
当院でも日本医科大呼吸ケアクリニックの木田厚瑞先生に診てもらうことがありますが、やはり喘息や気管支炎などはないことがわかります。
そのような患者さんを綿密に検査していると、ある共通事項に気付きます。
それは・・・ 甲状軟骨下部のポジションが奥に位置していることです。
眼科手術用のキャリパーで計測し、何mm以下だと咽やすい距離であるかも調べました。
この場合の咽の原因は・・・ 実は幻なのです!
輪状咽頭筋の過度収縮によって甲状軟骨下部が頚椎前面に接触するほど近づくと、周辺組織や甲状軟骨両翼によって迷走神経由来の各枝に圧が加わって咽が生じる可能性があるのです。(まだまだ仮説ですが)
ポジション異常による咽の患者様の問診でも、病的な痰が多く排出されるものではありません。
つまり、痰や異物が存在しているように感じるだけなのです。
特に人前で歌ったりしゃべったりする前や緊張したとき、意味もなく咽る人は要注意でしょう。
当サロンでの施術で、改善する喉頭環境を構築できます。
咽にはご注意くださいね。


e0146240_2327587.jpg







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2009-02-27 16:50