喉の乾燥


                                           指先は咽頭周辺をさす
e0146240_818463.jpg



☆ 声帯粘膜は濡れている

⇒ 十分な水分があれば表面張力で声帯は上手く鳴る

⇒ しかし乾燥すると、両声帯粘膜間が広がり呼気量が増え、それに伴い気化して
  乾燥がさらに進む

⇒ また乾燥で声帯振動が鈍磨になって声門が大きくなることで、嗄声を生じる

⇒ この嗄声を是正しようと、披裂軟骨の回転率を高めるために相当な力をこめる

⇒ 過緊張性発声を行う

⇒ 過緊張により筋肉に圧を加え、筋肉内部の毛細血管を押しつぶして血流を阻害する

⇒ 血流が悪くなると喉頭内および声帯粘膜の粘液量が減少する

⇒ 喉頭内が乾燥する

⇒ この繰り返しの悪循環・・・






e0146240_7561085.jpg
声帯も植物も「水分」が必要なのです






改善方法

☆ 喉頭周辺筋の柔軟性確保
☆ 上喉頭動脈の血流量確保
☆ ヒアルロン酸吸入
ボイスケアサロン声専用キャンディ








ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)







追記1:過緊張性発声により甲状軟骨が奥上に移動し甲状軟骨舌骨間を狭くして上喉頭動脈の血流を阻害することも考えられる。



追記2:口腔および咽頭の乾燥は、糖尿病やシェーグレン症候群などの病気もありますので、続く場合は信頼のおける医師にご相談ください。





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2009-01-04 08:00