エアすすぎ


Past Article Reorganization

声を良くしたり歌いやすくしたりする一法としてエアすすぎがあります。

まず、甲状軟骨内にある声帯振動によって作られた喉頭原音は、か細く誰でも同じような小さい音です。

それを喉頭室、梨状陥凹、咽頭共鳴腔、口腔共鳴腔、鼻腔共鳴腔で共鳴させ、個性ある音に加工します。〔芸術観点からは咽頭が主要共鳴腔〕

すべて論理的な物理現象で解釈でき、その音に調音、テクニック、気持ちを加味すれば、人を魅了する声が可能になります。

さて、声門を通過した空気(呼気)は、最終的に口と鼻から出ます。

とくに重要となるのが口です。

これはトランペットやクラリネットのベル(朝顔)に相当します。

つまり最終調音部位になります。

エアすすぎは、その相当する場所の軟部組織に柔軟性を与え活動的にトレーニングします。

それでは試してみましょう。

うがいや歯磨きをするときに使用する水と同じ量の空気を口中に入れます。

空気で口の中をリズミカルにすすぎましょう。

ポイントは・・・

①口唇と歯の間を膨らませる

②頬を大きく膨らませる

上記を中心に、空気の量を増やしたり少なくしたり、左右交互で片方のみ行ったり空気を満杯にしたり、ゆっくりしたり早くしたり、各筋肉をしっかり動かすことです。(下の各写真を参照)

毎日1~3分ほど行います。

これによって、鼻中隔下制筋、上唇挙筋、口角挙筋、頬骨筋、笑筋、下唇下制筋、口角下制筋、口輪筋、頬筋がストレッチされます。

とってもお手軽ゆえ、是非、継続してみましょう。

吹奏楽器は空気排出口の形状や大きさで、音の響きや音色が大きく変わることが知られています。

人間も同じです。

これまで、多くの優秀な歌手の喉頭と顎と口型を調べてきた結果、予想以上に口唇の使い方が大いに関与していたのです。



e0146240_23215961.jpg




e0146240_23221819.jpg




e0146240_23223928.jpg




e0146240_23225943.jpg




e0146240_23231930.jpg





追記:声や歌を良くしたいひとだけでなく、音声障害をお持ちのひとにも効果があります。お試しください。





e0146240_11425816.jpg






by aida-voice | 2017-03-04 00:08