ライブは最高!



私は毎年、オペラ・コンサート(和洋その他)・リサイタル・歌舞伎・バレエ・演劇などをライブで年間30~50本ほど観ます。
知人や通院者様のものから、プロダクションからのお呼ばれまで・・・
やっぱりライブは最高ですね。
実は、昨日(2008年10月21日)も東京文化会館で開催されたウィーン国立歌劇場の「コシ・ファン・トゥッテ」にお招きいただき、観てまいりました。(もちろん小澤征爾氏のフィデリオやロベルト・デヴェリューも観劇します)
久しぶりにリッカルド・ムーティ氏の指揮を堪能しました。
e0146240_045256.jpg


喉頭を触診するのも重要ですが、真実の音声を聴くのも大切です。
何が良い音なのか。
そのとき、どのように喉頭は動いているのか。
時に一流の歌手や俳優の喉を触らせていただくと、いつも感動に打ち震えます!
多くが、柔らかくしなやかで、しかしプリプリと筋肉が力強いのです。
柔と剛を併せ持っています。
やはり、声は、声帯も含めすべて筋肉で作られるのを再認識しますよ。
あなたも至高の喉頭運動を獲得してください。
素晴らしい声は、瞬時に相手に伝わります。
声で感動するってステキなことですね。







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)






追記:本日の前に行ったライブの情報をお伝えしましょうか。それは、10月10日に行った美輪明宏音楽会<愛>です。(PARCO劇場) 美輪さんの艶やかでパワフルな声に感激しました。終了後に、楽屋でごあいさつさせていただき、いつもながらの穏やかさと美しさのオーラに驚嘆です・・・。






~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2008-10-22 00:45