痙攣性発声障害のコエンザイムQ10治験の結果報告


2008年7月から始めた痙攣性発声障害の改善のためのコエンザイムQ10治験の結果をつつしんでご報告いたします。(使用したコエンザイムQ10はサプリメントであり、薬ではありません)

医師から、手術の適応ではないと診断された軽症SD患者様に、毎日、規定の量を召し上がっていただき、症状の変化を週単位で感想を書きつづり、3ヶ月間お知らせいただきました。
今回は、多くのSD患者様の中から、継続して利用した感想を提出できる環境にある5人を選択させていただきました。(ご本人に詳しく説明し承諾を得ました)
2008年8月3日の記事

その結果・・・
多少なりとも効果を実感できたのは、5人中1人でした。
残念ながら好結果とはなりませんでした。(体調や肌が良くなったとのご意見はいただきましたが・・・)





コエンザイムQ10は、声にエネルギーを与え発声しやすくすることはまぎれもない事実ですが、音声障害の患者様の治癒は難しいと考えます。
次なる良策を求め研究に取り組む所存でございます。

e0146240_21413553.jpg






ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





追記:当サロンでは発声能力をUPさせる施術を行うものであり、病気の治療や投薬は行っておりません。





~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-12-11 16:41