喉頭アクティブマッサージ


とうとう究極のマッサージが完成しました。
それは喉頭アクティブマッサージ!
それぞれの状態や症状に応じたマッサージ行います。

                                        
現在、以下の8通りがあります。
①過緊張性発声
②外喉頭筋バランス異常・輪状甲状筋筋力アップ・後輪状披裂筋活性化・甲状披裂筋トレーニング・横披裂筋筋トレ
                          ↓
発声能力を高める・高音を出す・低音を支えるなど、歌や声を良くするための方法
③痙攣性発声障害
④音声振戦症・音声衰弱症
⑤声帯結節
⑥ポリープ様声帯
⑦声帯萎縮・声帯溝症
⑧その他



どこが凄いかって?
それは発声時の各喉頭筋を手技で操作することによって最大の効果を得ます。
つまり、それぞれの目的に応じた声を出しながら精密なマッサージをするのです!
そう、発声は動きの中にあります。
決して止まっていません。
これは會田茂樹だけのスーパー秘技。
誰にも真似できない、どこにもない、究極の喉頭アクティブマッサージ!
さあ、ご堪能ください。

                                             確かに凄い!
e0146240_0561891.jpg







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)







追記:声帯結節、ポリープ様声帯になったら・・・
これらは、まず、優秀な医師に診てもらいましょう。そして現存器質トラブルをいったん快癒させてください。無声による声帯安静はもちろん、ステロイド薬処方や手術が主となります。その後、再発しないよう、当院の施術で体質改善おこなってください。そうすれば、声帯結節やポリープとは生涯、縁を切ることができますよ。




~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-09-01 09:29