テノール「喉」考察


私は、音声施術者であり、拙いアマチュアのテノール歌手です。
歌はたいして上手くありません。
音大も出ていませんし幼少のころから練習もしていません。
他人に聴かせる歌ではなく、あくまで自分が心地よくなるための歌です。
数年前、900人ほど入るホールを借り切って歌いました。
観客は、師匠と母と知人の3人。(ピアノ伴奏者を入れたら4人)
とても気分の良い体験でした。
有名なアリアばかり24曲も歌いました。(音声実験も含む)
私はオペラが大好きです。
歌うのも鑑賞するのも素敵です。
今年も、海外から来た著名なオペラはほとんど観ています。
オペラ好きの小泉純一郎元首相とも、何度も劇場でお目にかかりました。(ただし、小泉さんは私のことは知りませんが・・・)
多くのテノール歌手の生声を聴いてきました。
また、私は、中学生のころからハイファイオーディオにのめりこみ、数多くのテノール歌手のレコードやCDを聴いてきました。
さらに、現在、活躍しているテノール歌手の喉頭を多く触っています。
そして、自分でもテノール声域を歌っています。
その結果、ついに分かってきましたよ、テノールの喉頭や躯体の様子が!
私には、テノールの「歌い方(メソッド)」「意義」「歴史」などを語る能力はありません。
ただ、本当に素晴らしいテノール歌手の喉と声の状態を知っているだけです。
詳しい研究結果は学会報告で行いますが、以下の4つが大切ではないかと考えています。

①甲状軟骨の大きさと角度
②舌骨上筋群と共鳴腔
③輪状甲状関節の動き方と範囲
④胸郭の形状と気管支の角度

①と④は生得によるものですが、②と③は後天的に獲得できるものです。
つまり、素質による部分と弛まぬ努力による部分の両方がそろって最高のテノール歌手が生まれます。(注意:ここには歌唱テクニックや歌心は入れていません)
もし、あなたが素晴らしい喉と体格の持ち主で、①と④をクリアしていたら、必ず②と③を勝ち得てください。
そうすれば、日本だけでなく世界で通用するテノール歌手になる可能性が出てきます。
①~④を詳しく解説したら、10時間はかかるでしょう。
それほど難解で重要なことなのです。
最近のオペラ事情は、韓国や中国の台頭で日本人歌手の活躍が減っています。
さあ、世界に羽ばたけ、日本のテノール歌手!
e0146240_11152117.jpg







ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2008-07-22 00:13