痙攣性発声障害 無料レーザー治療 急募



お詫びと訂正

ホームページならびに喉ニュースに掲載した写真ならびに内容の説明不足によって、患者様に誤解を与え大変ご迷惑をおかけしました。
訂正内容:あたかも実験のように、また、通常施術を行っている人にも無料とするような誤解を与える表記となっておりました。実際は、このSD無料は実験ではなく、未施術の方にレーザー赤外線の効果を知っていただきたいのが趣旨で、この催しの参加者には通常施療(精密検査・各種物療・喉頭クリニカルマッサージ等)は行っておらず、レーザー照射だけを行いました。また、イメージとして用いたレーザー照射写真が、このSD無料を行っている状況と間違えられる可能性に気付かず掲載してしまいました。
訂正し、ここに深くお詫び申し上げます。
今後、間違いがないよう細心の注意を払うことをお約束申し上げます。





平成21年12月22日

會田茂樹













痙攣性発声障害 無料レーザー赤外線治療 急募

軽度痙攣性発声障害の患者様にお知らせです。
現在、SDに対するレーザー治療のデータを取っています。
このレーザーは近似赤外線を集中させたもので、副作用がまったく無く、痙攣がひどくなるリスクもありません。
また、熱くも痛くもありません。
星状神経節、迷走神経、そして、痙攣が起こる主要筋「甲状披裂筋」付近に照射します。
★時間は30分程度
★費用は完全無料 ただし、感想や施術風景の写真をお願いする場合があります。(名前は伏せ、顔は撮りませんのでご安心を)
★期間は平成20年7月13日まで
★要完全予約
★条件は、私の知っている医師(優秀な音声専門医)から軽度の痙攣性発声障害の診断を受けた方
★当院に通院歴のない方
e0146240_8492178.jpg






ボイスケアサロン
會田茂樹(あいだしげき)





※当院の施術で痙攣(病気)そのものが快癒することはありませんので、この点を十分にご理解ください。





追記:当院は耳鼻咽喉科のような医療機関ではありません。発声能力をUPさせる施術を行っており、医師の指示を除いて、直接的な音声障害の治療は行っておりません。特に、中等度および重症の痙攣性発声障害(ボトックス注射や喉頭枠組み手術が必要だと診断された症例)は扱っておりませんのでご了承くださいませ。手術を回避したい患者様が当院にお越しになりますが、症状に良悪の変化はあっても完治は難しいと存じます。その点をご留意いただき優秀な音声専門医に治療をお願いしてください。よろしくお願い申し上げます。






~メッセージ~
この記事は往時の外喉頭外来〔医師と共同研究〕時のデータに基づくものです。よって、不確かな蓋然性も高く、内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。現在は病気に対するアプローチは行っておりません。声の不調は医師にご相談ください。
by aida-voice | 2008-06-30 01:23