旧 會田ボイス整骨院 ホームぺージ ボイスコラム15

ホームページ改新にあたり、2005年に発表した會田ボイス整骨院ボイスコラムを載せます。
このコラムは当時の最新発声医学をお伝えしてきました。
既に古い情報となってしまい、現在とは多少異なる見解もあります。
しかし往時の最先端を偲んで訂正せずに載せることをご了承ください。
その点をご考慮いただき、お読みくださいますようお願い申し上げます。



15:サイレントボイス

当院では“歌”そのものを教授していませんが、より上手く歌えるための方策を教示しています。
それは、サイレントボイス。
これまで、魅力ある声は声帯部位より上位で構音されることを繰り返しお伝えしました。
そこで、その構音器官の能力開発トレーニングによって歌唱力を確実にアップさせます。
答えは、『無音で歌う』。
まず、歌詞とメロディを完璧に覚えてからチャレンジしてください。伴奏は必要ありません。自分の声ではなく、なりたい理想の声質をイメージしながら、無音で歌います。
そのとき、『息を止める』または『軽く吸う』状態です。通常、歌うときのブレス(吸気)の場所で、逆に息を吐き出します。ここで、息を吐くときと吸うときを比べてみてください。
一般的に、吐くときより、吸うときに口腔が広くなっているのを感じるはずです。(正確には軟口蓋が上がる状態)
そのことから、巷では「息を吸いながら歌う」といったイメージがまことしやかに囁かれているのです。
必ず、自分がトップアーティストになって大勢の人の前で魅了しているつもりで最高の声を頭に描いてください。
最初はやりにくいと思いますが、何度か続けているうちにコツをつかむと思います。
サイレントボイスによって、声帯より上位の軟部組織を調音トレーニングし、その求める声質に発展させることができます。
野球のシャドウピッチングや剣道の素振りなどに相当します。
さらに、当院で開発した小型スピーカーを用いて、より的確に構音運動に寄与させます。小さな専用スピーカーを甲状軟骨上に密着させて振動を与えます。聴く音楽は具体的な目標とする歌手の歌を選ぶと良いでしょう。家庭での代替品として、ヘッドホンを頚前面に近づけてサイレントボイスを練習するのも良策ですね。
一度お試しください。
きっと効果の素晴しさに驚かれるはずです。
さあ、サイレントボイスを繰り返し練習して、自分の意図する低音から高音まで、最高のボイスライフをお楽しみください。



どんな声を自由自在に出したいですか?

輝きながら伸びる高音派・・・

心に響きわたる中低音派・・・


あなたはどっち?







e0146240_22141415.gif


お礼

會田ボイス整骨院旧ホームページのボイスコラムは多数の方々にお読みいただきました。そして、多くのご意見や感謝のお便りを受けました。
ありがとうございました。
歌手を目指す中学生から、遠くはイタリアに在住するオペラ歌手まで、プリントアウトしてBibleのように持ってくださった人も多数いらっしゃることを知り誠に感激いたしました。
近年では、医師との共同研究や米国学会での研修により、日々新たな真実が解ってきました。それをお伝えするのが役目と考え、ますます邁進する所存でございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

                         會田茂樹



e0146240_22174960.gif




e0146240_1901245.jpg




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。
by aida-voice | 2008-03-07 23:48