片側嚥下困難の反対側嚥下関与筋の筋力低下に注意


とてもつらい内容です。
甲状腺腫瘍摘出の手術後、片側の舌の神経(舌咽神経や舌下神経)の断裂で、嚥下が困難になりました。
当初は、無理してでも、何とか食べていました。
しかし、徐々に固形物の飲み込みが難しくなり、流動食が多くなりました。
加えて、声門閉鎖も不全となり、嗄声(かすれ声)がひどくなりました。
このまま嚥下困難が続くと、誤嚥性肺炎のリスクも増します。
甲状腺腫瘍摘出の手術は成功。
ただ運悪く、神経の走行する場所が悪かった・・・
本当にお気の毒だと思います。
すでに神経再生は困難ですが、嚥下や発声を運動の観点から考察すると、健常な反対側の筋力を落とさないことが最も重要です。
いえいえ、より鍛えて代替的な役割を担えれば、流動食や嗄声は多少回避できるかもしれません。
過去に、嚥下ストレッチの会〔無償のボランティア活動〕で、嚥下関与筋のストレッチングや筋トレを行い、症状が良くなったケースを目の当たりにしてきました。
残念ながら症例も少なく、簡単には改善しませんが、そのような幸運に出くわすと「ヒトの体って不思議、かつ、凄いなぁ!」とつくづく実感します。
最後にお伝えしたいのは、嚥下も発声も筋肉による運動である事実。
どうぞお大事になさってください。



e0146240_23183154.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-06-17 07:15