路上ライブの過大発声にご注意!


度胸をつけ、人前でのパフォーマンス能力を高めるため、武者修行的に行う路上ライブ。
もちろん、路上ライブが大好きで、屋内ステージなんて大嫌いなシンガーもいるとは思います。
しかし、大半は、その後の大活躍を夢見ているはず。
今回は、路上ライブシンガーの話。
屋外でのライブは、伴奏音も自分の音声も空間に広がり過ぎて、正確な音を把握できないため、おおむね“過大発声”の傾向に陥ります。
街中のノイズが、さらに聞こえを悪くします。
そのような過大発声により、声のトラブルを繰り返すケースに数多く出会ってきました。
対策です。
➀柔軟性に富んだ発声関与筋をキープすること
➁力づくでなく咽頭共鳴腔で大きな声を出すこと
➂長時間の歌唱を避けて積極的休憩を取ること
④できるだけ雑踏は避けること
⑤できるだけ高性能のマイクを使用すること
⑥できるだけ早く固定ファンを作ること
⑦天候の悪い日は勇気を持って中止すること
今、この瞬間も歌っているストリートパフォーマーの活躍をお祈りします…




e0146240_21464542.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-05-24 00:46