やはり鋭い触覚は最重要


ある先生と会いました。
ボイストレーニングと外喉頭施術を行っていると伺い、彼からの懇願で、会談が実現したのです。
普段、ボイストレーナーとして生徒を教えおり、最近、医療系資格(?)を取った新進気鋭の先生。
挑むようにやって来たため、まずは彼の触診技量をチェックしてみました。

テスト1:リファ アクティブ ブレインの文字の入った異なる2種のボタンを探し出す
テスト2:會田の甲状腺腫瘍の正確な位置と形状を探り出す
テスト3:他者の喉頭で下咽頭収縮筋と輪状咽頭筋の境目を見つける

結果から申しますと、三つのテストすべて残念。
指先が超絶繊細なセンサーとして機能しなければ、外喉頭施術は無理です。
効果が無かろうが、ケガさせようが、それは彼の責任。
どうぞお大事に・・・
ときどき質問をいただきますが、外喉頭の施術を受ける際のセラピストの選択基準は、①発声医科学の知識が豊富であること、②触知技術が非常に優れていること、③病院と提携(共同研究)していること、です。
施術者の歌がうまいからと言って、あなたの発声力を高める外喉頭施術の技術を有しているかどうかは、別の話ですからね。



e0146240_15572862.jpg







追記1:リファ アクティブ ブレインは球体表面上のボタンを押して、その触感を楽しむグッズ。32個のボタンの中で2個に文字が刻まれています。指先だけで、これを探し出す。優秀なセラピストなら、2つのボタンの文字の違いも判別して欲しいものです。

e0146240_15575625.jpg






追記2:わたしは数年前から甲状腺腫瘍に罹患しています。自身の腫瘍を探し出し、甲状腺専門病院院長の伊藤公一先生からも驚かれました。

e0146240_15585646.jpg





追記3:輪状咽頭筋は咽頭収縮筋輪状部と称してもOKです。






追記4:後日、丁寧なお礼と共に、指先の触覚を鍛え、もっと発声学を勉強する趣旨の書をいただきました。かなり遠く険しい道のりだと思いますが、彼の成長を楽しみにしております。〇〇先生、ガンバレ!







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-05-16 16:03