声の短問短答【続編】475


「外国映画の吹き替え声優を選ぶ時は俳優の顔に似た声優を選ぶと良いと聞いたことがありますがホンマですか?」

採用基準はアフレコを製作するプロデューサー次第ゆえ、ご質問のように決めているかどうか知りませんが、発声テクニックを除き、顔が似ていると、似た音質の声になる可能性が高くなります。
それは、共鳴腔の形が似ているからに他なりません。
そう、これは楽器と同じ論理。
響きや音色を構成する楽器の空間形状が相似形であればあるほど音色は近似します。
この選択をすることで、映画内の俳優が表現したい内容を損なう率が減ります。
ただ、最近は、有名人だからと言うだけで起用され「何だかぴんと来ないな…」と感じるケースもありますよね。
まあ、エンターテイメントは売れなければ意味を成しませんので、宣伝効果のために、それもありでしょうか!?




e0146240_05451322.jpg







追記:わたしは映画好き。学生時代は毎週のように映画館に通っていました。祖父の16ミリムービーカメラ(昭和初期の製品=見るときは映写機を使用)を持ち出して短編映画も作りました。今でも週に2~3本の作品を鑑賞しています。最近はネットを利用して簡単に見られるので楽な時代になりましたね。しかし、じっくり観たい作品や気になる大作は、やはり映画館がベスト。映画ってサイコー!







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2017-05-04 11:48