チョキ開大運動 ~ゴールデンウイーク期間公開~

ゴールデンウイークに海外へ出かけるひとも多いと存じます。

以下に、過去記事から再記載しますので、飛行機に乗る際、是非、チョキ開大運動を取り入れてください。
あなたのステキな声のために・・・



Vol.1

海外でも活躍中の歌手Mさんとの会話です。

Mさん:「香港のLIVEは大変でした。飛行機は遅れ、ほぼ日帰りツアーのようなハードスケジュール。本番で高音が出しにくく、苦労しました・・・」

會田:「お疲れ様でした。ステキな声を奏でるエリートボイスユーザーのMさんでも、海外公演は大変なのですね。それでは、何が起こったか解説しましょう」

Mさん:「お願いします」

會田:「長時間、飛行機に乗って降りるとき、手足がむくんでいるのに気づきましたか?」

Mさん「はい、機内で脱いでいた靴を履くとき、足が入らなくて苦労しました」

會田「むくみは皮下の軟部組織に水分が滞って貯留してしまう現象で、飛行機の場合、①同じ姿勢による循環機能低下、②機内の気圧の低下、が主な原因と考えます。むくみは手足に感じやすいのですが、実は、声帯にも起こっているのです。声帯がむくむと、質量(重さ)も厚みも増します。その結果、振動率が悪くなり、通常より低音化が顕著となります。もう少し詳しく解説すると、声帯筋よりも声帯粘膜の水分含有率が高まります。つまり声帯粘膜が肥厚する。分厚くなる。こうして高音、とくに裏声(ファルセット)発声が不可能になります。地声で高音を作っていかなければならなくなり、歌唱力のある方でも、かなり辛くなります。また、声門が開くため、そこから息が漏れ、かすれ声やガラガラ声になってきます。これを、是正するのにも多大なパワーが要ります。どちらにせよ、声帯のむくみは良くありません。Mさんが、今回の香港LAIVEで、高音が出しにくく感じたのは、このような理由だったのです。なお、このような声になることを、わたしは 『航空声帯』 と呼んでいます」

Mさん:「よくわかりました。ところで、むくみを予防したり良くしたりする方法はありませんか?」

會田:「まず、機内でも身体や手足をよく動かしてください。そして、ここからが声に特化した方法です。むくんでしまった声帯を、早く正常に戻すには、血流を良くするのが得策です。声帯に最も影響を与える動脈および静脈は、上喉頭動脈と上喉頭静脈です。これは、舌骨甲状軟骨間の骨間膜の孔から内喉頭に入ります。これまで頻繁に話題にしている LDP (喉頭深奥ポジション)の状態にあるひとは、舌骨甲状軟骨間が狭くなってるため、この上喉頭動脈と上喉頭静脈を圧迫し、血流を阻害します。中でも静脈は血管内圧が低いため、狭小化に伴い血液循環量が減ってしまい、むくみを増悪させます。そこで、フライト中、数時間おきにチョキ開大運動を行えば、血流が増加し、むくみは解消します。加えて予防もできます。実際、イタリアでコンクールに出場したオペラ歌手に試してもらったところ、随分効果があったとの報告をいただきました。乗っている時間・高度・飛行機の機種・体調・個人差はありますが、是非、お試しください。Mさんの、さらなるご活躍を祈っておりますよ」

Mさん:「ありがとうございました!」




Vol.2

「チョキ開大運動が効いた!」との報告を、驚くほど多くいただきます。
なぜ、チョキ開大運動は効くのか?
発声が運動であることに答えがあります。
呼吸運動と声生成運動の二つ。
呼吸は、酸素と二酸化炭素のガス交換として生命維持に欠かせません。
その呼気を利用して声を作っています。
呼吸は、内肋間筋・外肋間筋・横隔膜の連携によって成されます。
横隔膜を、膜組織と思っている方が多いのですが、ほぼ筋肉組織なのです。
すべて筋肉による運動。
そこでコントロールされた呼気、つまり空気の流れを利用して、声帯ヒダを振動させるのです。
次に、喉の運動。
声帯ヒダは、それ自身で動いていると思っている方が多いのですが、周囲の筋肉によって動かされているのです。
収縮運動とベルヌーイ定理に基づく動きを除いて、あくまで受け身。
これらの事実から、発声は運動であると断言できます。
ちょっと脱線しますが、極々一部の指導者は「のどの奥に住んでいる妖精さんが声を作っている」と生徒に説いています。
ファンタジーあふれるステキなお話なのですが、全部とは言いませんが、ある程度の科学論理を取り入れながらイメージメソッドを構築した方が、より自由で高度な歌唱が叶うのではないでしょうか。
さて、元の題に戻ります。
筋肉運動に最も必要なのは酸素と栄養です。
それを運ぶのが血液。
血液は、血管を流れ、各部位へと巡っていきます。
声帯筋を含め、声帯ヒダを動かしている筋肉への血流は、上喉頭動脈が主となります。
この血管は、舌骨と甲状軟骨の間を通ります。
そこには骨間膜が存在し、穴が開いており、それを甲状孔と称します。
摘出喉頭の触知実験(解剖は医師、実験者は會田)で、①骨間膜は思ったよりも硬い、②甲状孔の穴は思ったよりも小さい、③甲状孔の位置は思ったより左右で異なっていた、が判明しています。
したがって、チョキ開大運動で、上喉頭動脈の血流を促進すれば、内喉頭への酸素と栄養がしっかり供給でき、発声を運動として捉えた場合、効果が上がることは確実です。



e0146240_09083830.jpg



チョキ開大運動のやり方は、公式ホームページシークレット喉ニュース」で見られます。
ゴールデンウイーク中だけ閲覧パスワードをお教えしましょう。
ボンボヤージュ!


8voice8






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2017-05-04 09:15