LDPで後輪状披裂筋の動きが悪くなる!?


弛まない研究の結果、LDPにより後輪状披裂筋が圧を受け、披裂軟骨の動きを制限してしまう事実がわかってきました。
披裂軟骨の動きが悪い、つまり、声帯ヒダの動きが悪くなることにほかなりません。




e0146240_10560818.jpg




e0146240_10562614.jpg

~アメリカ合衆国メイヨークリニックでのLDP研究の様子(解剖は医師)動画をモノクロぼかし静止画へ変換~





追記:外皮からの後輪状披裂の触知はかなり困難です。喉頭の柔軟性が相当担保された方で、甲状軟骨を反転させながら、下咽頭収縮筋上から後輪状披裂筋の薄い筋腹を丁寧に探し出すことになります。





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-04-27 10:57