知人からの報告【合唱団員の歌唱アップの件】


知人から聞いたその知人の話。
よって、わたしはそのひとを存じ上げませんが、何やら話によると「合唱の指導者が、団員全員に輪状甲状筋フリフリ体操を続けさせたところ、ソプラノとテノールのパートが力強く伸び、曲全体のしまりが増したそうだ…」というもの。
つまり、とても効果的だったようです。
それは良かったですね。
ある合唱の指導者が、たまたま運よく輪状甲状筋フリフリ体操をご覧になり、採用して団員に教える。
これは他言無用のお願いに反しているのでは?
まあ、合唱グループは家族のようなものですから、これはOKでしょう。
安逸にネットに載せなければ、家族や友人への口頭伝達は大丈夫。
「勿体ぶるな」とのお叱りの言葉が聞こえてきそうですが、パーフェクトバージョンが完成し、時が満ちたら、常時掲載する予定です。



e0146240_03245554.jpg




追記:これも未定としかお伝えできませんが、滑舌やベルカント唱法を劇的に高める『オトガイ舌骨筋プルプル体操』も出来上がりつつあります。いずれ公表できればと願っております。






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-04-10 03:25