声の短問短答【続編】470


「私は喉ニュースのファンで、過去記事を読み漁っています。時々、昔と今では内容がやや異なっている記事もありますよね。その場合、どちらが正しいのでしょうか?」

まずは、喉ニュースをご愛読くださり心よりお礼申し上げます。
お答えいたします。
記事投稿は、そのときの最先端の内容を掲載します。
そのため、まれに変化するケースも出てきます。
よって“最新”が“最善”とお考えください。
なお、過去記事は、明らかに間違っていない限り、削除せず、追記で訂正したり補足したりしています。〔古い記事に目が届かず至らない点が多々あることをお詫び申し上げます〕
この先も、実験と研究を重ねてまいります。
喉ニュースを、末永くご覧くだされば幸いです。



e0146240_04562721.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-04-06 04:58