勘違いしないで、好きな歌と歌える歌は違う!


多くのアマチュア歌手やカラオケ愛好家が勘違いしている事実があります。
それは、好きな歌と歌える歌は違うことを。
「あぁ、いい曲だなぁ」と感じ入り、いざ歌ってみてもうまくいかないケースが多々あります。
歌唱力の問題だけではありません。
それは、その歌の特質とあなたの喉頭(形状や運動性など)が一致していないから。
例えるなら、ピアノ曲が気に入り弾いてみたが、実はあなたはその曲をギターで演奏していた。
ギターの豊かな音で、ピアノの繊細な音は表現できないでしょう。
そう音楽の表現を含め、音色が異なるのです。
それを無視して、歌っているひとが本当に多い。
まずは、自分の「喉=楽器」を知ってください。

どんな歌に向いているのか!?
もしかするとオペラかも…
もしかするとJ-POPかも…
もしかするとハードロックかも…
もしかすると演歌かも…



e0146240_04413755.jpg






喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2017-03-30 02:40