発声関与筋の筋力チェック法


発声関与筋に適切な筋力が備わっているかどうかをチェックする方法があります。
それは「ゆったりしたバラード曲を、ごく小さな音量で歌う」ものです。
ゆっくりした曲を安定的に歌いこなすには、相応の筋力が必要となります。
さらに、小さな音量で歌いこなすのも、かなりの筋力と呼吸のうまさが求められます。
一曲を最後まで乱れずに歌いきることができれば、発声関与筋が発達している可能性が高いと言えます。
なお、ごく小さな音量は、ささやき声でありません。
あくまでボリュームを絞った正確な音声。
わたしが初めて出会った歌手を評価する際に用いる検査手法の一つです。
皆さんもお試しください。



e0146240_21591917.jpg




追伸1:ご想像のとおり、早く歌ったり大きな声で歌ったりするときは、発声関与筋の筋力不足を『声の勢い』だけでごまかせるのです・・・



追記2:なお、個々の筋肉の筋力を調べるには、精密な触知検査と発声時のビデオ撮影が必要になります。





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-03-18 00:39