低い声でも女性らしさは表現できる〔MTFの皆さまへ〕


女性は高音、男性は低音。
これは常識ではありません。
声の低い女性もいれば、声の高い男性もいます。
良い悪いはありません。
個性の範疇。
したがって、MTFのひとが無理やり作ったようなハイトーンでなくても、柔らかさを醸し出した音色で女声を出すことは可能なのです。
あなたは、キンキンの閉塞的な超高音がお好きですか、それとも、美しく優雅な中高音がお好きですか?



e0146240_22090354.jpg





追記1:逆も然り。FTMの場合も、必死に低音を求めなくても、音色をふくよかに発すれば、男らしい声が作れます。音色の構成は声帯ヒダの役目ではなく、共鳴腔のお仕事。とくに咽頭共鳴腔が最重要!




追記2:上記のごとく、結局、高音も低音も、ステキな声に欠かせないのが咽頭共鳴腔。それを使いこなせば、声の自由度は一気に高まりますよ。




喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2017-02-23 22:08