インソールを使うと歌声が良くなる!?


インソールをご存じでしょうか?
そう、靴の中敷きですよね。
歩行時の衝撃を緩和したり汗の吸湿であったり、快適な靴環境が目的。
整形外科などで使う足底板〔ソルボセイン〕を、踵(かかと)の一回り小さい円形に切り取り、カラオケで立って歌う際に靴内へ入れてみると…
皆さんの反応として「おぉ、あきらかに声質が良くなった」「音場が広がった」「高音がシャープになった」「低音が豊かに聞こえる」などの評価を得ました。
音声スペクトル分析では変化は見られませんでしたが、上記のように感じる方もいらっしゃるので、芸術性の観点からは「あり」かもしれませんね。
予想できるのは・・・
ⅰ緩衝作用が働いて歌唱時の力みが解消される
ⅱ余分な振動が制御されて音像がクリアになる
ⅲ急な高音発声時の筋運動を惹起する
でしょうか。
装着してみると「ん? 歌いやすいかも?」と感じます。
お試しあれ!


e0146240_21120626.jpg




追記:大昔、わたしは膝の研究を得意としていました。中でもQ-Angle〔膝蓋骨中央から上前腸骨棘と脛骨粗面に引いた二直線の交わる角度〕を1000人以上も測り、スポーツと下肢および膝関節疾患への専門施術に取り組んでいました。そのとき頻繁に使っていたのがソルボセイン。厚さ大きさ硬さなど種類も豊富で、ハサミで自由にカットできるのが最大の魅力。膝を痛めたサッカー選手や変形性膝関節症のおばあさんに、正確に作って差し上げていたのを懐かしく思い出します。







喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




by aida-voice | 2017-02-11 00:11