無駄話 《孫と共同研究》


先日、孫の話題を掲載しました。
なぜ、載せたのか?
実は、乳幼児の声の研究に、わたしの孫たちにも参加してもらっているからです。
赤ちゃんの声って大きく通る。
そして、泣き疲れはあっても、声枯れはない。
おっさんのようなガラガラ声の赤ちゃんに出会ったことがありますか?
それらを解明するため共同研究しているのです!《微笑》



e0146240_14560464.jpg


追記:乳幼児の甲状軟骨って面白い。頭蓋骨と同じで柔らかい。さらに特筆すべきは、共鳴腔の大きさ。身長比較で成人より値が大きくなる。加えて軟部組織の水分含有率も高く、柔軟性に富んでいる。まさに発声に適していると言って過言ではありません。なお、蛇足ですが、50代くらいになると甲状軟骨は骨化し始めます。こうなると『甲状軟骨』でなく『甲状骨』と改名しなければ・・・








喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2016-12-01 00:09