嚥下ストレッチ最新研究報告【喉頭の引き下げ筋も重要である事実が判明】

声の施術の合間に、ときどき催している無料奉仕の嚥下ストレッチ
2009年8月から始まったボランティア活動の一環です。
音声音響の研究が多忙ゆえ、定期的には開催できませんが、嚥下運動の研究は地道に続けてきました。
最新報告です。
嚥下反射は喉頭を引き上げる筋肉と同時に引き下げる筋肉も鍛えることで活性化する事実がわかってきました。 
これまで喉頭蓋の動きを呼び起こすため、喉頭を引き上げる筋肉ばかり焦点を当てていましたが、拮抗作用を利用して運動性のアップを促すことができる結果を得たのです。
ただし、引き下げ筋も廃用性萎縮や筋硬度増加により、筋肉そのものが硬くなって動きが少ない状態に陥りやすいので、鍛える前に柔軟性の確保が必須。
これまたイチロー選手のトレーニングと同じ概念ですね。
嚥下摂食でお困りの方々の改善の一助になればと願っております。
わたしたちは無意識で食べたり飲んだりしていますが、これって喉の筋肉の霊妙なメカニズムのおかげ。
食事に感謝しましょう。
だって、わたしたちの体は、食べたもので作り上げられているのですから。


e0146240_322523.jpg
 





追記:具体的な各筋の名称、および、有効な自己トレーニング法は、嚥下ストレッチの施術会の中で個別にお伝えしたいと思います。ここで公表しないのは、動きや痛みの感覚が少ない外喉頭筋の事故を防ぐため。それぞれ異なる嚥下運動や癖を見つけ出し、どの筋肉をどのくらいの力でストレッチするのか、適切に判断しなければなりません。最後に、嚥下摂食で苦しむ皆さまの健やかな食事とご多幸を心からお祈りします。




 
喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 




Detailed voice dictionary
 
e0146240_11353490.jpg
 




~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-07-07 04:21