食道発声の成否は咽頭収縮筋と咽頭共鳴腔の使い方で決まる!


癌のために喉頭を摘出した後、食道発声が上手くできる方と出来ない方の違いを調べました。
その差は、咽頭収縮筋と咽頭共鳴腔の使い方で決まることがわかってきました。
詳しくは、食道発声ミーティング〔年4回程度開催〕で、詳しくお教えしています。
癌と手術の事実はお辛いとは存じますが、食道発声の根本を理解し、その能力を高めれば日常会話はもちろん、歌唱も可能です。
そのお手伝いをさせていただいています。
一緒に頑張りましょう!


e0146240_07172826.jpg

追記:現在(2015年1月)は、食道発声ミーティングは行っておりません。





by aida-voice | 2013-02-04 16:28