声の短問短答【続編】414


「松田聖子さんが50枚目のアルバムをリリースしましたが、松田聖子さんの歌の秘訣は何ですか?」

実際に触知検査していないため、大胆な推論となります。
彼女の多数の映像と声から、①輪状軟骨が大きい、②咽頭共鳴腔の容積が広い、③輪状甲状筋垂部が長大、の3点の特徴がわかります。
これらにより透きとおる高音や立派な歌唱力が可能になります。
やはり、持っている楽器(喉)が極上だからです。
ただ、過去の映像と比べた結果、発声関与筋の運動性による音の変化が存在しているのも否めません。
松田聖子氏のさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。


e0146240_15295621.jpg





追記:声の根本は、空気の振動です。声帯ヒダで作り出した小さな音源を5つの共鳴腔で加工し、体外へ放出して相手の耳の中の鼓膜を振動させること。これが声の本質です。その良質の声に、メロディとリズムを添加すれば、素晴らしい歌になるのです。松田聖子氏は、まちがいなくハイトップレベルの最高の喉を持っています・・・




喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-06-08 15:32