ボイストレーナーの声筋過労にご注意ください!


毎日長時間のレッスンを行うボイストレーナーの先生方。
生徒一人ひとりに全力で教える。
高名な高齢教師でない限り、実際に歌って手本を示すことも多いと存じます。
頭の下がる思いです。
この過酷なレッスンで、声を痛める先生が後を絶ちません。
声筋過労による運動性低下、外喉頭筋群の乳酸代謝障害、披裂軟骨閉鎖不足の嗄声、声帯浮腫、声帯結節、声帯出血、ポリープ様声帯などさまざま。
ボイスケアサロンにも多くのボイストレーナーや音楽教師がお越しになっています。
では、当サロンにおいて何を求めるのか?
それは発声を運動の観点から解釈し、タフな喉を作り上げること。
疲労に強い、長時間の使用に耐えられる声、喉の病気にならない、などへ体質改善します。

ボイストレーナーを含むプロのエリートボイスユーザーに、いつも提言している二つのポイント。
① 最高水準のパフォーマンスを提供すること
② 長く愛され活躍し続けること
そう、あなたは声でお金を稼いでいるのですから・・・


e0146240_2424129.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-05-04 02:46