真実 ~歌は良い声質でなければ魅力がない~


結局、歌って、良い声で歌わなければ、どんなにうまく歌っても、魅力の少ない歌になってしまう。〔一部のマニアックな歌曲を除く〕
ステージやカラオケで、ある程度、上手に歌っているにもかかわらず、もう一つ何かが足りないと感じたら、それは声質の不足。
逆に、声質が良いと、音程やリズムをはずしても、個性的かつ魅力あふれる歌い手として、おおいに評価されるのです。
じゃあ、良い声を得るには?
それには3ステップ。
①良い声になりたいと強く望むこと
②そのための努力と自己投資を惜しまないこと
③具体的には、ⅰ発声関与筋の運動性アップ、ⅱ共鳴腔の使用能力アップ、ⅲ歌唱テクニックのアップ
なぜなら、声(音)は空気の粗密波(振動)であり、それらは喉頭の形【楽器の要素】×喉の運動【スポーツの要素】に支配されているから。
喉の中にアンプやスピーカーが入っているわけではありません。
さらに声は自動で出てくるのではなく、発声関与筋と呼気のコラボによる生成物なのです。


e0146240_21261875.jpg





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき 





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-04-26 21:40