声の短問短答【続編】393


「発声音で『い』は広頚筋が浮き上がりやすいって本当でしょうか?」

はい、口唇口角および舌運動の関係上、その通りだと思います。
広頚筋が過使用されても、発声への悪影響は少ないのでご安心ください。
浮き上がると見た目が悪いだけ・・・
なお、咽頭が最大に開く状態は『い』であると音声専門医から聞いたことがあります。

e0146240_22425612.jpg




追記1:広頚筋の浮き上がりは声への影響は少ないのですが、広頚筋の動きが制限されると声にとって悪影響であることがわかっています。タイトなタートルネックや襟などで絞めつけないようご注意ください。⇒ 過去記事意外に大事だった広頚筋



追記2:ただし、広頚筋でなく、その下層の肩甲舌骨筋が浮き上がると、声に甚大な悪影響を及ぼします。違いを見きわめるポイントをお伝えしましょう。広頚筋の場合は頚部全体が横に広がるような浮き上がり方をし、肩甲舌骨筋の場合は正面から見たときカタカナの『ハ』の形状で浮き上がります。




喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき





~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-04-19 00:17