突然のガラガラ声解消法


ライブで頑張り過ぎてしまった・・・
その翌日、ラジオ生番組で声が枯れてガラガラ!
さあ、あなたならどうしますか?
e0146240_0514612.jpg

まず、ガラガラ声の本態を知りましょう。
発声は外喉頭筋の運動です。
どんなに優秀なアスリートでも過労にはかないません。
声帯筋は腫れて代謝障害を引き起こし、声帯粘膜を含む喉頭粘膜は循環不良でむくみます。
その結果、声帯ヒダはぼってり厚みを増し重くなります。
そう、高音が出ない。
さらに、声門が常に空いた状態になり、そこから息が漏れ出します。
これが、声枯れやガラガラ声が生まれる実態。
多くは、無声で安静を保てば、数日で回復します。
枯れた声でも、仕事は待ってくれません。
今日、どうしても声を使わなければならない、歌わなければならない場合、即時改善を目指す対処法は2つ。
①ボイスセラピストのケアを受ける
信頼できるボイスセラピストから、外喉頭筋の乳酸代謝を活性化させ、血流を良くし、声帯粘膜の水分率を増加させる施術を受けましょう。
ボイスケアサロンでも行っていますが、それらの方法は声の状態によって異なるため、詳細は受術の際にお尋ねください。
②自己ケアを行う
チョキ開大運動で上喉頭動脈の血行を良くし、代謝を改善して声帯粘膜のむくみを取る
ボイスケアサロン声専用スーパーキャンディで声帯粘膜を潤すと同時に、声帯ヒダの振動効率を高める(プレミアムブラックキャンディと同時に使用するとさらに効果的!)
お大事に・・・

e0146240_0522225.jpg




追記1:過使用のガラガラ声を繰り返していると、声門を閉じるために過緊張に陥ってLDPになったり、声帯ヒダの強接触により声帯結節がなったり、声帯筋から出血した血が声帯粘膜間で膨れ上がってポリープ様声帯になったり、トラブルの元となりますので、ご注意くださいね。そして、プロなら、そのような状態を回避することこそ、プロたる由縁ではないでしょうか。あなたはボロボロの楽器の演奏を聴きたいですか?




追記2:チョキ開大運動の正しいやり方の資料は、再来の来院者に日時限定で配布しております。次回は2016/04/15(金)に決定。





喉と声のスポーツトレーニング&リラクゼーション
 ボイスケアサロン
 會田茂樹|あいだしげき

 
by aida-voice | 2016-04-13 01:09