手技公開【ピンポイントマイクロストレッチ】


詳しい解説は不要の妙技。
動きが悪く硬い発声関与筋を探し出し、筋線維を一本ずつ伸ばしていくように、繊細なストレッチングを施します。
一瞬で声が出しやすくなります…

e0146240_12521327.jpg


e0146240_12522791.jpg


e0146240_12525116.jpg


e0146240_1253591.jpg





追記1:ピンポイントマイクロストレッチは、とっても気持ちが良い。すやすや寝てしまう方も多い。それほどに繊細なのです。ただし、エリートボイスユーザーがこの後に行うLSE(ラリンクス・スライド・エクササイズ)は、発声力をパワーアップさせる超ハードな筋トレです。ご覚悟&ご期待ください。



追記2:見よう見まねでストレッチングを行わないでください。喉頭の筋肉は薄く小さく感覚が曖昧。さらに筋肉たちは怖がり。力加減を間違えると、急激に収縮し、筋線維を痛めます。ボイスケアは、あなたの喉頭を知り尽くしたボイスセラピストに依頼しましょう。








~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-04-01 12:50