ショーンK氏から学ぶこと《使える情報》


経営コンサルタントのショーンK氏。
最近のトラブルはさておき、低音がステキな声の持ち主。
彼は、声で大衆を魅了しました。
以下の公式にも当てはまっています。


● 大勢から信頼を得たいとき ⇒ ゆっくりしゃべる

● 二人きりで相手を論破したいとき ⇒ 早口でしゃべる



この二つを使いこなせば、仕事や人生に役立ちます。


e0146240_2061445.jpg





追記1:声のピッチ(音高)に関して。大勢から信頼を得たいときは、低めの声が決め手。相手を言葉で負かしたいときは、高低を交えるべき〔声の大小や緩急も加えればより効果的〕。これらも重要ポイントですからね。




追記2:見た目と声の重要性を再考させられる今日この頃・・・
 






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。




 
by aida-voice | 2016-03-20 19:56