より効果的な施術(ボイスケア)の受け方


たった一言です。
歌唱時や発声時は無意識下で、ボイスケアの施術中は意識下で!
発声にかかわる軟部組織は、数も感覚も定まっていません。
あなたは、音階のラ音を出すとき、どこの筋肉をどのように動かしているのか正確に示すことができますか?
もし出来たなら、世界の人口73億人中、あなたが唯一の人間。
とっても曖昧ですが、ボイスケアの施術中は「どのあたりを触れられているのだろう!?」「なにが動いているのだろう!?」と意識を會田の指先に集中してください。
それによって発声時の筋肉運動の感覚が徐々に養われます。
さあ、ボイスケアで自由自在な声を獲得しましょう。

e0146240_1535022.jpg
リズム運動性を高めるために甲状舌骨筋をアプローチ中

by aida-voice | 2016-02-29 15:37