歌手に適した甲状軟骨の形状


これまで多くの喉に触れてきました。
正確に数えてはいませんが、およそ2万人。
そこでわかったのは、甲状軟骨の形状(形や大きさなど)よって声に違いがあること。
最初にお伝えしなければならないのは、正常に声が出ていれば、甲状軟骨の形状は個性の範疇です。
良い悪いはありません。
しかしながら、歌に適した形状があるのは否めません。
やはり楽器の要素を含有しているから。
例えばバイオリン。
細部の形はもちろん材質がほんの少し異なるだけで音色が変わってきます。
その差は金額にも反映されていますよね。
安いものは2~3万円、高いものはストラディバリウス・レディ・ブラントの12億7000万円まで。
12億円以上の音を聴きわけられるかどうか、本当にその価値があるかどうかはさておき、個体差がある。
話を元に戻し、歌手に理想的な甲状軟骨の形状をお教えしましょう。
次の二つです。
①甲状軟骨が大きいこと
これはピアノで考えてみてください。
自宅にあるアップライトのピアノとホールにあるグランドピアノ。
音色の豊かさは後者に軍配が上がります。
甲状軟骨が大きいと、声門上の共鳴空間も大きくなることが予想でき、響きや倍音が増すと考えられます。
②端正な形であること
これまでの経験則から、左右の甲状軟骨翼の角度が、鋭角過ぎず広角(鈍角)過ぎず、が理想。
男性の場合、一般的に鋭角傾向にあります。
先端が尖ってくるので、のどぼとけが見える理由となります。
加えて甲状軟骨も大きくなり、声帯ヒダが長くなって重量も増すことから、男性らしい声(低い音声)になります。
女性の場合、広角傾向で小さいため、声帯ヒダは短く軽くなり、女性らしい声(高い音声)になります。
そこで歌に適した角度は60度前後。
つまり正三角形に近い形。
男性なら喉頭隆起が見えにくくなり、女性なら何となく喉頭隆起の存在がわかるような感じでしょうか。
もう一点大切なのは、声帯ヒダは、線ではなく面であること。
甲状軟骨が大きく正三角形に近いと、男性は声帯長が短くなり高音も出しやすいが面積も大きいため十分な低音も出せます。
つまり、ピッチの範囲が広く、かつ、響きや音色も良くなる。
甲状軟骨がやや大きく正三角形に近いと、女性は声帯長が長くなり豊かな中低音域が叶います。
元来、女性の甲状軟骨は小さいため、高音発声は問題ありません。
これまた、ピッチの範囲が広く、かつ、響きや音色も良くなる。
どうです、おわかりになりましたか?
実際、当サロンに来るひとの9割近くが素晴らしい形状なのです。
歌手や声優(あるいは志望者)など声を愛する人々は、素晴らしい楽器を保有していることにほかなりません。

e0146240_7273221.jpg






追記1:繰り返しますが、正常に声が出ていれば、甲状軟骨の形状に良し悪しはありません。鋭角男性で渋い歌声の有名シンガーもいますし、超広角を活かしてオペラのコロラトゥーラを奏でる女性歌手も知っています。残念ながら、生まれ持った甲状軟骨の形状を変えることはできません。どのような形状であろうが、発声関与筋の運動性を高めれば、極上の声は可能になります。むしろ個性が生きる場。これこそ芸術なのです!




追記2:喉頭隆起付近が最適な角度でも、後縁部は内に曲がっていたり外に広がっていたり、個体差も激しいのも特徴です。この微妙な違いでも音色は変化します。結局、一番良い形なんて無いのかもしれません。自分の喉が最上だと信じること。これが大事ですね。なお、甲状軟骨の形状は声に影響しないという専門家がいらっしゃるのも付記しておきます。音と言う曖昧な存在ゆえ、さまざまな見解が生まれるのも当然。だからステキなのですよね。




追記3:アントニオ・ストラディバリが作ったバイオリンをストラディバリウスと呼びます。


e0146240_7391012.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-12-09 07:42