声の短問短答【続編】369


「喘息とLDPは関連ありますか?」

多くのLDP状態の喉を見てきました。
加えて、喘息や慢性気管支炎の方々も。
その結果、次の文言をお伝えすることができます。
『咳喘息と診断されたうちの大半はLDPを併発する』
以上。

e0146240_174311.jpg





追記1:LDPは病気ではなく、外喉頭筋が硬くなる癖です。また、当サロンでは喘息の診断や治療は行っておりません。それらは優秀な呼吸器科の医師にお願いしましょう。



追記2:要因の一つとして喘息による咳が挙げられます。咳は気管支や内喉頭の異物を吐き出す運動。その際、外喉頭の筋肉は防御反射として急激な収縮を呈します。これによって喉頭の深奥化および軟部組織固化が起こります。




~メッセージ~
この記事は投稿時の情報・見解・施術法であり、最新・正確・最良でない可能性があります。内容に関し一切の責務を負いません。その旨ご承知いただきお読みください。會田の理論と技術は毎日進化しています。なお、LDP(喉頭深奥ポジション)は病気ではなく喉筋の癖&独自の造語です。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-11-11 17:45