声の短問短答【続編】363


「そちらに通えばホントに声が良くなるの?」

ボイスケアサロンの施術は、声の出しやすさを高めるのが最大の目的です。
想像してみてください。
膝(ひざ)の動きの悪いひとが、美しいダンスをしたり早く走ったりできると思いますか?
また、「良い声」の定義が、個人によって異なるため、ご質問に対する正確な答えに窮します。
声の出しやすさを獲得すると・・・
①思い通りの声を出せる
②声質が高まる
③歌をうまく歌える〔可能性が高い〕
④発声のスタミナが増える
⑤音声障害改善の補助となる
などが期待できます。
発声は運動です。
他の身体運動と異なり、非常に特異な状態で成り立っています。
まずは、それを知ってください。
そして、発声関与筋の運動性(主に柔軟性と筋力)を向上させ、思い通りの声を得てください。
当サロンは、そのお手伝いをしているだけ。

e0146240_2257784.jpg





追記1:③の「歌をうまく歌える」に関し、インプット音痴やリズム感欠如をお持ちの方は、当てはまらないと考えます。歌唱テクニックは、あなたの喉を理解するボイストレーナーにご相談ください。



追記2:まずは(初めてお越しになった日)徹底的に検査です。発声運動の概要を勉強し、自分の喉を知ること。ここから極上の声が生まれます。喉って、とても曖昧かつ複雑に動いて頑張っているのですよ。褒めてあげましょう!




追記3:声の出しやすさの感性にも個人差があります。術後、明らかに声質が向上したにもかかわらず、何も変化を感じないひともいます。そのような方にはボイスケアはお勧めできません・・・






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-10-09 07:54