喉まわりの皮膚は弱い…


昨日、お越しになった喉頭外傷の方に、輪状甲状筋テーピング・冷シップ・包帯固定を施しました。
一日二回、テーピングを貼りかえるよう指示いたしましたが、言いそびれた言葉があります。
それは、「皮膚がかぶれないよう注意してください」と。
実は、喉の皮膚は鈍磨かつ脆弱。
試しに、同じ力で、腕の皮膚と喉の皮膚をつねってみてください。
喉は、あまり痛みを感じないはず。
さらに、薄い構造らしく、発赤や皮下出血も容易に起こってしまいます。
だから、喉まわりにキスマークが出来易いのです。
お気を付けあそばされ・・・

e0146240_23285750.jpg

by aida-voice | 2015-09-28 07:27