声の教訓




喉のフィジカル性能が高まると、同じ音程を発するのに、今まで100%必要だった力が50%で出せるため、余力を声質・響き・曲想・表現力などに回せる




e0146240_682121.jpg






追記:喉のフィジカル性能とは、発声関与筋の柔軟性と筋力を有すること。外喉頭筋群の筋硬度は20Tone以下、輪状甲状筋の触知検査で筋腹がプリプリしている状態を指します。
by aida-voice | 2015-07-08 06:13