~最新~ カラオケ初心者のコツ


カラオケ初心者にお伝えするコツは次の二点。
この二点遵守により、あなたの歌を聴いた初対面のひとは「おぉ、なかなか上手いな・・・」と感じるはず。

①必ず初音をピタリ合わせる
カラオケに行く前、歌いたい歌を何度も聴き、歌の最初の部分(出だしの歌詞と音程)を忠実に覚えてください。
ヒトは、第一印象を重んじます。
初音が決まれば、途中で崩れても、好意的に受け止めてくれます。
そう、ヒトは自分の最初に下した考えや思いを変えたくないのです。

②リズムを明確に刻む(可能な限り正確なリズムが望ましい)
カラオケでは、音程や音色よりも、リズムが最重要であると判明しています。
もちろん音程や音色も良いに越したことはありません。
音程や音色は、乱れても個性の範疇としてカバーできますが、リズム感が損なわれると、100%歌下手と思われます。
ジャンルは問いません。
ロックであろうが、バラードであろうが、民謡や演歌であろうが。
リズムある歌に仕上げるよう心に留めて歌ってください。
ただし、残念ながらリズム感は訓練が必要です。
それも、幼少期から始めていたり、ダンスなどを習っていたりしたひとほど優位でしょうね。
しかし、今からでも遅くはありません。
簡単なリズム教習本を買って、付属CDでトレーニングすることをお勧めします。

上述の二つを成し遂げれば、カラオケ上手だと思わせることが可能です。
なお、カラオケコンテストで勝つためには、スコアに準じた正確性が求められますので、難易度の高い準備が必要となります。
今回の話は、あくまで初心者向けのコツ。
がんばってください。

e0146240_1541158.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-05-14 02:00