【速報】声に良い薬・サプリメント!


以前、シリーズで「声に良い(悪い)飲み物ってあるの?」をお届けしました。
今回は、薬やサプリメントの情報。
ただし、本来の目的とは異なるため、記載内容は會田個人の感想となります。
お試しになる際は、医師または薬剤師にご相談ください。
およそ4年の月日をかけて声の良くなる薬やサプリメントを探し求めました。
なんと長い月日がかかりました。
とくに漢方薬系では変化が表れるまでに時間を要しますからね。
チェック項目は、①声の出しやすさ、②声質の向上、③声門気息の変化、の三点です。
飲んでは声を出し、飲んでは声を録音してチェックし、再び、飲んでは声を出し・・・
以下に調査した物質を列挙します。
なお、商品名は伏せておきます。

● 高濃度ビタミンC(飲用および注射)
● ビタミンE
● プラセンタ(飲用および点滴)
● オルニチン
● セサミン
● DHA
● カルニチン
● コエンザイムQ10
● ラクトフェリン
● 半夏厚朴湯
● 半夏瀉心湯
● 小青竜湯
● 麦門冬湯
● ガジュツ末
● コレウスフォルスコリエキス末
● エラスチン末
● シイタケ菌糸体エキス
● 白インゲン豆エキス
● ココナッツ油
● 鮫肝油エキス

まず、結論から述べますと、「これだ!」と言う劇的に効果があるものはありませんでした。
しかし、「なんとなく声が出しやすくなる」「過使用しても嗄声(声がれ)が少ない」「声の響きが増したかも」と感じられる物質が一つありました。
ところで、こんなに大量に長期間にわたって飲み続けると、体調を崩したり、肝臓を痛めたりするのではと懸念されます。
おっしゃる通りかもしれません。
しかし、馬鹿馬鹿しいと思われるかもしれませんが、声のために、誰かが身を挺してやらなければ、発声科学は進歩しません。
そう、声のために會田茂樹は全てを捧げます・・・

さて、効果を感じた物質は何でしょう?
それは、次回のシークレット喉ニュースで発表します。
お楽しみに!

e0146240_12402022.jpg





追記:いくつかに関しては、まだまだ検証途中の段階です。この先も飲用試験を続けます。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-04-11 18:31