雑話【噴門強化トレーニング】


※声に関係しませんので、お読みにならなくても構いません…

胃酸逆流の方々に朗報です。 
噴門(食道と胃を分ける場所)の動きは、残念ながら不随意であるため、意図的に絞めることはできません。
しかし、この部分は、横隔膜の正中近くを貫いているのです。
そして、横隔膜は筋肉と膜様組織から形成されます。
横隔膜は、不随意にも、意図的にも、動かすことができます。〔例:睡眠時でも無意識に呼吸は行われるが、深呼吸時には意識的に呼吸することが可能〕
そこで、この横隔膜を利用して噴門部を締め上げれば、胃酸の逆流を少なくしたり阻止したりすることができる報告が得られました。
胸骨柄に両手指を軽く添えます。
地面から、足裏を通し、空気を吸い上げるようなイメージで、思い切り吸い込みます。
これ以上は入らないと感じるほど最大に吸気しましょう。
横隔膜が上がり、骨盤底筋が下がり、お腹に超特大な風船が入り込んできたような感覚を持ってください。
大変苦しいとは思いますが、そのまま10秒間維持してください。
そして体を斜め45度に倒し(お辞儀)、「ハッ、ハッ、ハッ、・・・・・・」と、10回に切って、肺の中の空気をすべて吐き出します。
声を出す必要はありません。
押さえている手指で押し返すよう、確実に10回で出し切ってください。
これを連続で5セット/日を行ないます。
一朝一夕には効果は出ませんが、およそ3か月で、胃酸逆流の減少を感得する方が増えてきます。
ただし、このトレーニングで胃酸逆流症や逆流性食道炎が完治するものではありません。
あくまで補助運動にしかすぎません。
それらの病気は、あなたの消化器官を丁寧に診てくれる優秀な医師にかかってください。
お大事に・・・

e0146240_9263689.jpg






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-03-24 09:27