秀逸な喉頭形状を持つオペラ歌手のボイスケア


柔軟性と運動性を確保すべく、各種アプローチを施している様子です。



①発声運動を向上させるための喉頭周辺筋全体のピンポイントマイクロストレッチ
e0146240_15234574.jpg




②滑舌と音色を良くするための舌骨上筋群(茎突咽頭筋、茎突舌骨筋、顎二腹筋、オトガイ舌骨筋など)のスライドストレッチ
e0146240_1524637.jpg




③高音発声を主としたピッチコントロールを高める輪状甲状関節モビリゼーション
e0146240_15241779.jpg




④聴くひとを魅了する響きを作り出す舌骨引き出しアプローチ
e0146240_15243236.jpg




発声は、喉頭の楽器と外喉頭筋の運動によって成り立っています。
最高の楽器を構成し、素晴らしい運動能力を発揮してください。
あぁ、声ってステキ・・・






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-03-02 15:26