ライブ録音を聴くときの新法


ライブを収録した音源を聴くのは極上の楽しみです。
まるで、その場に居るような気分に浸れます。
しかし、待ってください。
チープな再生機器や環境下で聴くと、逆につまらないものになってしまいます。
残念ながら、高額なオーディオや広いリスニングルームを確保するのは簡単ではありません。
何か良い方法はないの?
完璧ではありませんが、若干あります。
まず、スピーカー再生の場合。
左右のスピーカーの距離をできるだけ離してください。
加えてニアリスニングのポジションにしましょう。
これによって空間感が増します。
ただし、広げ過ぎると立体音像が崩れるのでご注意を。
次に、イヤホンやヘッドホンの場合。
ハウジング全体をアルミホイルで覆ってみましょう。
2~3枚重ねると、より効果的。
エリア感の増幅と共に、鋭音の増加が期待できます。
ただし、見た目が良くないことと、機種によっては効果が皆無のケースもありますのでご了承ください。
さあ、ライブに行かずして、ライブ音を楽しもうではないか!

e0146240_004768.jpg





追記:ちなみにライブ音源に適したヘッドホンとイヤホンの特徴をお伝えしましょう。それは、ハウジングがメタル〔金属〕製のもの。頭の隅にでも留めておいてくださいね。






~重要なお知らせ~ ●外喉頭から考究する発声の理論と技術は日々進化しています。この記事は掲載時の情報であり、閲覧時点において最新・正確・最良でない可能性があります。すべての記事の内容に関し、一切の責務を負いません。●記事の内容は万人に適合するものではないため、当サロンの施術に関し、記事の内容通りの効果や結果は保証も確約もしておりません。〔当サロンでは役立てないと判断された場合、理由を問わず施術をお断りします〕●声や喉の不調は、最初に専門医の診察を受けてください。歌唱のトラブルは、最初にボイストレーナー(音楽教師)にご相談ください。





by aida-voice | 2015-02-22 00:01